下眼瞼たるみとりを失敗しないためには?

下眼瞼たるみとりは大変人気な整形メニューです。

それほど年齢が感じられやすい場所でもあるという事です。

下まぶたのフェイスリフトといった位置づけでしょう。※ハムラ法やトラコンハムラ法も併せてCHECKしてください。

方法としては、サーマクールやフィラーの注入も考えられますが、今回は切るタイプの下眼瞼たるみとりで考えてみましょう。

下眼瞼たるみとりの失敗例で最も多いのが、外反という状態です。=つまりあっかんべー状態の事を指します。

このあっかんベー状態というのは、結膜のピンクの部分が反りかえって見えてしまっている状態ですので、非常に綺麗さを損ねてしまう失敗です。

皮膚の切除を行ってしまい失敗されますと修正が非常に難しくなります。

さて、この下眼瞼たるみとりでの失敗を回避するためには、

・皮膚の切除

・眼輪筋の行き上げ

・中縫い

・皮膚縫合

・状況によっては各種注入治療など

を正確に行う必要があります。

全てを正確にできる医師を選択して失敗を回避しましょう。

下眼瞼たるみとりを失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

お問い合わせ番号 090-8435-3332

mail@ba-consulting.org

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
(※ hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。2~3日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご 連絡お願いします。また、ご相談の前にmail@ba-consulting.orgを受信拒否の設定解除をしてください。)