フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク
フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク

フェイスリフトは後戻りが起こるのか?

フェイスリフトは後戻りが起こるのか?

フェイスリフトをされた方がすぐに後戻りしたとなると、がっかりされることと思います。

ごもっともです。

フェイスリフトは術後3ヶ月時点で”後戻り現象”が起こりますので、術中のデザインは少し引き上げを強めておく必要があるのです。

”後戻り現象”を知らない医師がフェイスリフトをすれば後戻りが起こりますし、十分な引き上げもできないと思います。

また、皮膚の伸長も生じます。

つまり、皮膚が伸びてしまう事によるたるみの再発です。

これを回避するためには皮膚の切除や筋膜や骨膜への皮膚固定を行える医師を選択しなければなりません。

巷で行われている、皮膚だけを引っ張り上げるようなフェイスリフトをしてしまうと、皮膚が伸び行ってしまうだけではなく、後戻りも起こり得ます。

この方法で潤うのはクリニックだけでしょうから、クリニック選びをする際には十分に注意して名医を選択してください。

ちなみに、安価系のクリニックが行っているような、耳の上部のみを切開して行うミニリフトなども高確率で後戻りを起こし得ます。

また法令線と口角部もフェイスリフトするためには、耳の上部のみではなく耳前部の切開も加えねば引き上げられませんので、ミニリフトでは効果を感じられないかと思います。

これも担当する医師の技術、人格次第です。営利的なクリニックには十分注意してください。

美容整形を失敗したくない方、名医を教えて欲しい方もお気軽にご相談ください。

ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望のはこちらからどうぞ。

お問い合わせ番号090-8435-3332

mail@ba-consulting.org

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(8時~26時まで)
※連絡に際し、以下の事があるので2~3日経っても返信が来ない場合や不備がある場合はご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*