フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク
フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク

ディメンショナルリフトの失敗・リスクとは?効果がないと修正も!

ディメンショナルリフトの手術・美容整形

ディメンショナルリフトが従来の方法と違うところとしては糸の強さです。

糸が太く、コグ(ハネの返り)が強いというところが従来のフェイスリフトよりも優れているところだと思います。

ディメンショナルリフトは立体的な若々しいラインになり、回復も早い画期的なフェイスリフトです。

頬から額までリフトアップできる医師

顔全体の表情の作りやすさを意識してくれる、理想的な医師に手術を依頼するためにも、当相談所に相談をしてみてください。

ディメンショナルリフトだけでなく、他のリフトアップ技術に関する知識も豊富な、おすすめの医師の情報をお伝えします。

名医は筋肉の動きなども熟知しているために、表情の違和感も覚えにくい手術を行ってもらえます。

ディメンショナルリフトの失敗・リスクとは?効果がないと修正も!

ディメンショナルリフトのメリット・効果

髪の毛を切開しますので、傷跡は目立ちません。プチ整形ですので、ダウンタイムも1週間程度で回復します。フェイスリフトの中では非常にたるみの引き上げ効果が高いので満足度の高い治療です。

ディメンショナルリフトのデメリット・リスク・後遺症

皮膚感が凸凹、引きつれを生じ、表情が不自然、炎症にになってしまうことがございます。頬のたるみ、中顔面=ミッドフェイスリフトには本格的なフェイスリフトをお薦めいたします。糸を使ったフェイスリフトは効果性に限界があります。

糸を使う本数が少なすぎるリスク

なるべく少ない本数の糸で、顔のリフトアップを目指そうとする医師が手術を行うと、ディメンショナルリフトの効果が持続しない場合もあります。

皮膚に通す糸の本数が極端に減ってしまうと、糸が顔の皮膚を上手く支える事ができず、少し皮膚のたるみが増えるだけで表情が元通りになりかねません。

個人の皮膚の状態に合わせて、皮膚に通す糸の本数を決めてくれる医師の技術が必要です。

笑顔を作りにくくなる危険性

ディメンショナルリフトの手術で使われる、糸の本数が十分であったとしても、医師が糸を通す位置を間違えてしまう危険性があります。

ひきつれ・笑顔が不自然といった、表情の違和感を覚える状態になってしまった際には、糸を抜いて手術をやり直す事態になりかねません。

筋肉の動きに支障が出ない、理想的な糸の通し方を熟知した医師の技術が求められています。

多くの糸を抜く事態になってしまうリスク

皮膚に多くの糸を通して、ディメンショナルリフトのリフトアップ効果を感じられたとしても、糸が透けて見えるというトラブルが起きてしまう事は少なくないです。

手術を行う際に、皮膚の浅い位置にばかり糸を通してしまうと、多くの糸が透けて見える状態になってしまう場合もあります。

人によっては皮膚に通した糸を、ほとんど抜いて手術をやり直す事になりかねません。

ディメンショナルリフトの失敗・修正・トラブル

ディメンショナルリフトは糸だけの力でたるみを引き上げるので、経験の浅い医者が担当すると引き上げの具合を上手に調節できずたるみが残ってしまったり、つっぱり感があって不快に感じるなどの失敗例があります。

また、未熟なドクターですと、たるみの引き上げをする事が出来ず、術後に殆ど変らなかったという事になります。初めから名医を選ばなければなりません。

ディメンショナルリフトに失敗し、「ひきつれ・笑顔が不自然」な状態に

ひきつれ・笑顔が不自然になる場合があるので注意が必要です。

ディメンショナルリフトは、多くの糸を使って立体的にリフトアップする術式で、従来のリフトアップ施術よりもたるみの改善効果が高いと言われています。

しかしながら、未熟な医師が執刀した場合、ひきつれ・笑顔が不自然になる場合があるので注意しなければいけません。

ひきつれが起こったり、不自然な笑顔になるのは、施術した時に引っ張り過ぎたことが原因と考えられます。熟練した医師は、糸の強度を考慮しながら、適切な施術を行います。

糸が透けて見える場合がある

ディメンショナルリフトで使用する糸は、通常の糸よりも太く、コグも強いので、引き上げる力が強いというメリットがあります。

しかしながら、糸が太いほど見た目に糸が透けて見える可能性が増します。

優秀な医師は、皮膚の厚みを考慮して糸を挿入するため、糸が透けて見えるリスクは軽減されます。

しかしながら、経験が不足している医師は、個人によって皮膚の厚みが異なることを考慮せずに施術を行うため、失敗するリスクが高くなります。

効果が持続しない場合がある

リフトアップ施術を受ける際には、仕上がりのイメージを医師と確認しておくことが重要です。

リスクをきちんと説明していない医師が担当になると、施術後に満足できない結果になります。

ディメンショナルリフトでは、溶ける糸と溶けない糸を選ぶことができます。

溶ける糸より溶けない糸の方が持続効果は高いものの、個人差があるため、効果が持続しない場合があります。

一般的には、溶けない糸で施術すると、3年くらい効果が持続します。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

ディメンショナルリフトのダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

2週間前後になります。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷や事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます

ディメンショナルリフトの麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。

基本的には局所麻酔で行い、麻酔が切れると痛みを感じることがありますが鎮痛剤を処方してもらえるので耐えられないような激しい痛みはありません。

静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。

費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

ディメンショナルリフトの料金・費用・値段

大阪でディメンショナルリフトを受けるときの値段は、頬の両側に6本糸を通すコースが32万円程度で一番安い部類に入ります。

両側10本だと38万円で、糸を1本追加するごとに2万5千円くらいの料金がプラスされます。

費用層板は40万円前後になります。

麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。

費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

ディメンショナルリフトの名医

ディメンショナルリフトの失敗を回避するためには、以下の条件を満たしたドクターを選択する事が必要となります。

・糸の挿入方法として平面的ではなく、立体的に糸を挿入することができるか?
・糸の干渉を防げるか?
・適切な糸の長さで処置できるか?

などの高い形成技術が必要となってきます。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

経験と技量を持つ名医・おすすめ病院をご紹介

ディメンショナルリフトを受ける際には、メリットとデメリットをきちんと理解しておくことが重要です。

ですので、医師はカウンセリングで症例写真などを提示し、リスクを含めた説明を十分に行う必要があります。

また、仕上がりのイメージを画像で確認することで、施術後の満足度が高くなります。

リフトアップ施術には、美容外科医としての経験と技量が必要とされます。当サイトでは、名医をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

ディメンショナルリフトの症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

ディメンショナルリフトの口コミ・体験談・評判

女性 ディメンショナルリフトの口コミ・体験談・評判

笑うのに引きつります。

女性 ディメンショナルリフトの口コミ・体験談・評判

聖心美容外科でディメンショナルリフトをお願いしようか迷っています。ディメンショナルリフトを受けた方の体験談があれば伺いたいです。また、聖心美容外科全般の評判を伺いたいです。2チャンネルでは、かなり辛辣な書き込みがありますが、いかがでしょうか?

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

“ディメンショナルリフトの失敗・リスクとは?効果がないと修正も!” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    フェザーリフトに関してなのですが、できれば、糸リフトでも溶けてなくなる糸にしようかと考えています(将来どうなるかわからず怖いので、、、)。

    なので、もしかするとそこまで上がらず自然な仕上がりになる代わりに、効果がいまいちわからないという結果になりやすいのかな、と予想しています。(素人目線ですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*