フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク
フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク

フェザーリフト 糸のフェイスリフトの失敗・リスクとは?効果がないと修正も!

フェザーリフト 糸のフェイスリフトの手術・美容整形

頬や法令線などの軽いたるみの方に適応されるプチ整形の糸フェイスリフトです。
実際には、フェザーリフトとは糸を使用したフェイスリフトにおける名称の総称を指します。

フェザーリフトでの期待出来るリフトアップとしては、たるみに関して軽度~中程度までの方にであれば効果があります。

※糸を使用したフェイスリフト、フェザーリフトと呼ばれる種類の具体例としては、シルエットリフト・ハッピーリフト・ゴールデンリフト・イタリアンリフト・スプリングアプトス・オリエンタルリフト・フレンチリフト・・・・などがあります。

おすすめできる治療の比較。全てに対応している病院選びをすること

糸のフェイスリフトは、メスを使用しないで治療をすることが可能であるため、比較的治療を行いやすくなっています。

糸を肌の下に張りめぐらせるような治療法であるため、医師の治療技術によって、大きく仕上がりが変わってきてしまうため、医師の治療実績や評判を調べてから治療依頼をすることが大切になっています。

治療による糸を比較することも重要であり、よい治療をするためには、たくさんの情報を調べることがおすすめです。

フェザーリフト 糸のフェイスリフトの失敗・リスクとは?効果がないと修正も!

フェザーリフト 糸のフェイスリフトのメリット・効果

ちなみにたるみの原因となるのは3つの要因からなっています。

1)皮下組織の下垂 2)皮膚の余剰 3)皮膚の老化

これをトゲのついた糸で改善するのです。
正確には、たるみを移動させるという表現の方が近いかも知れません。

皮膚の切開範囲が少なく引き上げを行えますので、プチ整形としては優れています。

フェザーリフト 糸のフェイスリフトのデメリット・リスク・後遺症

皮膚感が凸凹、引きつれを生じ、不自然、炎症になることがあります。頬のたるみ、中顔面=ミッドフェイスリフトには本格的なフェイスリフトをお薦めいたします。糸を使ったフェイスリフトは効果性に限界があります。

フェザーリフトの失敗・修正・トラブル

糸が透けて見えることや、効果がないことがございます。一つずつ説明していきます。

糸のフェイスリフトの失敗例、糸が透けて見えるってどういうこと?

糸のフェイスリフトの治療を受けると、糸が透けて見えることがあります。

太い糸を使用した場合や、ギザギザとした突起が多い糸を使用した場合に多く生じるトラブルであり、リスクを知る必要があります。

正しく糸を挿入した場合には、糸が透けて見えることがないため、医師の治療技術を口コミサイトなどで探して、見極めてから治療を頼むことが大切になっています。

また、皮膚の厚さなどで、他の治療をした方がよい場合もあるため、注意が必要です。

顔がひきつれることもある

糸のフェイスリフトをすることで、顔がひきつれる場合があります。

糸で強く顔を引き上げたり、糸を張りめぐらせすぎたりすることなどが原因でひきつれが生じてしまうため、医師の技術が非常に重要な治療法になっています。

口コミなどを参考にして、実際に治療を行った人の結果をたくさん見ることで、よい医師やクリニックなどを探していくことがとても重要であり、いろいろな医師の技術を比較していくことが大切です。

効果が持続しないこともある

糸のフェイスリフトは、効果が持続しないこともあります。

糸が切れたり、たるんできたりすることが原因であり、しっかりとした技術で治療を行うことが重要になっています。

一般的には10年ほどの持続期間があるとされていますが、場合によっては、かなり短いものになることもあるため、注意が必要です。

治療を行う糸を比較することも大切なことであるため、いろいろなクリニックの施術を比較する必要があります。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

フェザーリフト 糸のフェイスリフトのダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

2週間前後です。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷や事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます

フェザーリフト 糸のフェイスリフトの麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

フェザーリフト 糸のフェイスリフトの料金・費用・値段

30万円前後になります。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

フェザーリフト 糸のフェイスリフトの名医

フェザーリフトの名医は限られています。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

糸での引き上げの整形は名医に

フェザーリフトの美容整形を簡単に考えてしまいますと、あとあとこんなはずではなかったと、後悔が多い美容整形になります。

医療用の糸は誰が入れても一緒ではないので、糸を入れるのが得意な名医でなければならないです。

美容整形の糸を甘く見てはいけないのは、内側に入れたら最後、自分では調整がききませんので、笑顔という素敵な表情までも、不自然になってしまうなどのトラブルを抱えることさえあるためです。

フェザーリフト 糸のフェイスリフトの症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

フェザーリフト 糸のフェイスリフトの口コミ・体験談・評判

女性 フェザーリフト 糸のフェイスリフトの口コミ・体験談・評判

フェザーリフトで手術しました。満足しています。

女性 フェザーリフト 糸のフェイスリフトの口コミ・体験談・評判

フェザーリフトに関してなのですが、できれば、糸リフトでも溶けてなくなる糸にしようかと考えています(将来どうなるかわからず怖いので、、、)。なので、もしかするとそこまで上がらず自然な仕上がりになる代わりに、効果がいまいちわからないという結果になりやすいのかな、と予想しています。(素人目線ですが)

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

“フェザーリフト 糸のフェイスリフトの失敗・リスクとは?効果がないと修正も!” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    切らないフェイスリフトで糸を入れる場合のデメリットを教えてください溶ける糸のメリットデメリットと溶けない糸のメリットデメリットとどこの糸が持続しておすすめか教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*