脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

足・脚を細くする整形を失敗しないコツをまとめます

足・脚を細くする美容整形・手術

細い足には女性なら誰でも憧れるものです。ダイエットだけではなかなか理想的な足にすることは難しいものです。
そこで最近人気があるのが、足・脚を細くする太ももの脂肪吸引ふくらはぎの脂肪吸引脂肪溶解注射、あるいはNICRや筋肉削除術・神経削除術などのふくらはぎの整形です。

足・脚を細くする整形

メリット・効果

脂肪吸引や筋肉切除術であれば、半永久的に足を細くする事が出来ます。

効果を最大化させるためにも、新しい吸引器が揃っているクリニックであることも重要なポイントです。クリニックをきちんと選んで、信頼できる手術を受けるようにしましょう。

脂肪溶解注射のメリットってどんなとこ?

脂肪溶解注射にはメソセラピー、リポビーン、リジェンスリム、BNLS注射などがあります。

例えばリジェンスリムには大豆アレルギーの人も受けられる、施術後の痛みや腫れが少ないなどのメリットがあります。仕上がりはクリニックや医師によって左右されるので、慎重に選ぶようにしましょう。

リジェンスリムとは、お腹や太ももなどの気になる部分に注射をするだけで、簡単に脂肪細胞を減らすことができる脂肪溶解注射です。何度もダイエットに失敗している人や、部分痩せしたい人、脂肪吸引には抵抗があるけれど脂肪は落としたい、セルライトをきれいにしたい、という人に向いている施術方法です。

リジェンスリムには、脂肪を効率よく溶解してくれるフォスファチジルコリンという成分が高濃度に配合されています。他にもLカルニチンが代謝を高め、IGF1が筋肉増加に働きかけるので、効率よく全身の脂肪を減らしていきます。

従来の脂肪溶解注射の薬液の主成分は豆由来だったため、大豆などのアレルギーのある人は施術を受けることができませんでした。

しかし、リジェンスリムの主成分である、フォスファチジルコリンは豆由来ではないため、大豆アレルギーの人も使用できるというメリットがあります。また、術後の痛みや腫れなどの不快感のもとだったデオキシコール酸を含んでいないため、施術後の痛みや腫れが少ないのもメリットのひとつです。

菜々緒みたいな体型に整形したい!

菜々緒というと、悪女役が似合うモデルで、抜群のスタイルで人気があります。

特に長くて形の良い美脚の持ち主ですから、菜々緒のような体型にしたい場合には、太股やふくらはぎの脂肪吸引を行う必要があります。

また、全体的にスリムな体型ですから、二の腕やお腹、お尻、足首なども脂肪吸引を行い、ボディラインを整えていく必要があります。

脚が細いと、スカートだけでなく、パンツスタイルもかっこよく着こなすことができますが、脚を細くしようといろいろがんばってみても、効果に限界を感じるという人も多いのではないでしょうか。

脚は、自力で細くするのがとても難しい部分で、確実に細くしたいなら、脂肪吸引が一番効果的です。

脂肪吸引によって、余分な脂肪を取り除くことで、脚は確実に細くすることができます。ダイエットとは違って、脂肪細胞そのものを少なくすることができますから、確実に効果を得ることができ、リバウンドの心配もないというのが特徴です。

特に、脚はセルライトができやすく、硬くなった脂肪は食事制限や運動などでは減らすことができません。

また、どんなに運動などで体重を落としたとしても、体型を理想通りにすることは難しいといえますが、脂肪を吸引することで、部分痩せも可能ですから、気になる部分だけを細くすることができます。

そのほかにも、脚の脂肪を吸引することで、ふくらはぎにむくみが出にくくなります。これは、余分な脂肪がなくなると、ふくらはぎの血流がよくなり、その結果脂肪層の血行が改善された状態になり、脂肪を吸引した後には、むくみが出にくくなります。

菜々緒のような美脚にするには、太股とお尻の脂肪を同時に吸引する必要がありますし、ふくらはぎの吸引では足首を含めた全体を吸引範囲とすることが大切です。

デメリット・リスク・後遺症

脂肪吸引によるでこぼこのリスクはあります。

脂肪を取りきってくれるので、簡単に細い足を作ることができるので人気があります。
しかし、施術を受けた後の副作用としてでこぼこが起こることがあります。
でこぼこが起こる原因は、医師の技術不足か医療機器が古いことがほとんどです。

脂肪溶解注射のデメリット知ってる?

リジェンスリムのデメリットは、脂肪吸引のように物理的な手術と比べると効果に個人差が出てしまうという点です。仕上がりはドクターのスキルに依存するため信頼できるドクター選びは必須です。

注射によって結果が出やすい人と、出にくい人がいます。また、少量ずつ薬剤を注射していくのですが、1回に処置できる範囲が限られているので、脂肪吸引に比べると、除去できる脂肪の量も少ないというのもデメリットのひとつです。

何回か施術を受けても全く効果がない場合は、脂肪吸引などへの切り替えをすすめられることもあるそうです。ダウンタイムは短く、腫れや痛みも出にくいと言われていますが、これにも個人差があるので、腫れが出やすい人と、まったく腫れない人がいて、やはり体質によって差が生じてしまいます。

また、施術のせいで皮膚がデコボコになってしまうこともあるようです。

仕上がりはドクターのスキルにかかっているので、経験豊富や信頼できるドクター選びは必須と言えるでしょう。当相談所ではリジェンスリムによる施術の名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

たるみが生じる場合があります

足・脚を細くする脂肪吸引では術後にたるみがでる場合があります。足がたるんだ状態では脂肪が少なくても細く見えにくくなります。

術後にたるんでしまった場合は、手術で治すことになり、たるんだ部分の手術は傷跡も大きく残るため、手術前に医師に弛むことはないかを事前に確認する必要があります。またたるまないように圧迫も行なう必要があります。

術後に皮膚がでこぼこになることがあります

足・脚を細くする脂肪吸引は、術後にでこぼこになる場合があります。これは手術中の処置や、体の性質による場合がありますが、脂肪吸引した後は、皮膚に硬いところができて肌の表面が凸凹になることがあります。これは拘縮といい、原因はコラーゲンの増加によるものです。

この症状は1〜3ヶ月程度で馴染むため、症状があらわれた時にマッサージすることが早い回復につながります。

内出血と腫れが取れないことも!なぜ足・脚を細くする脂肪吸引のリスクは避けられないの?

内出血と腫れが取れないこともあります。

足・脚を細くする脂肪吸引で内出血と晴れが取れない場合もありますが、晴れは1週間程度で徐々に消えていきます。

内出血は、手術で脂肪層の毛細血管を損傷してしまうと内出血がおき、皮膚に青あざが出きる場合もあります。内出血は広がらないように圧迫下着をきちんとつけることが必要で、圧迫下着をつけることで内出血などは自然に治ります。

失敗・修正・トラブル

脂肪吸引によるたるみの失敗例は想定されます。

足・脚を細くする脂肪吸引は、脂肪を取り除くことになるので、脂肪を取り除いた後にはたるみが出てくることがあります。
元々脂肪が入っていた場所からなくなった訳ですから、皮膚のたるみが起こってしまいます。

時間が経つと皮膚に吸収されていくのですが、中には元に戻らないこともあり、その場合は脂肪注入などを行なって調整する必要があります。
医師の技術が良いクリニックを選ぶようにすることが本当に大切です。

足・脚を細くする脂肪吸引の失敗でたるみが起きる?

足・脚を細くする脂肪吸引によるたるみ。

細い足には誰でも憧れるものです。
特に女性は、足を細くしたいと思っている人が多いでしょう。

ダイエットをしても、足を細くするのはなかなか難しいものです。
形のよい細い足になりたい時には、脂肪吸引が効果的です。

しかし、中には脂肪吸引がうまくいかずにたるみが起こってしまうことがあります。
その原因は、脂肪を取りすぎたことにより皮膚にあまりができたからです。

たるまない手術を受けることが大切です。

内出血と腫れが取れない

脂肪吸引を行なったときに、内出血と腫れが取れないことがあります。

脂肪吸引を行なうときには、どうしても傷はできてしまいます。

内出血と腫れの程度は、手術の範囲や場所によって違いますが、医師の技術によっても大きく変わってきます。

ほとんどは、1、2週間で治まってくるのですが、もう少しかかってしまうこともあります。

2、3ヶ月もすれば完全に治まってきますので、時が過ぎるのを待つしかありません。

足・脚を細くする脂肪吸引によるでこぼこ

足を細くする脂肪吸引を受けたときには、でこぼこが出てくることがあります。

でこぼこの原因としては、均一な脂肪の量を一定の量から吸引できていない場合や、皮膚のハリに対して脂肪を取りすぎていたり、脂肪を取る量が浅すぎたりすることによります。

これは明らかに担当医師の技術不足が原因で起こることですので、手術を行なうクリニックと医師はきちんと選ぶことが大切です。

機械の性能が関係していることもあります。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

ダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

脂肪吸引を受けてから、副作用として内出血と腫れが取れないことがあります。
脂肪細胞や毛細血管細胞を無理やり取り除いたため、残っている毛細血管が切れて出血してしまうのです。

日にちとともに内出血と腫れはひいていくものなのですが、なかなかひかない場合もあります。
手術内容によっては、広い範囲で出血が広がってしまうので、心配する人も多いでしょう。
気になる場合は、もう一度クリニックを受診しましょう。

プチ整形はダウンタイムが短い

リジェンスリムのダウンタイムは非常に短いといわれていますが、個人差もあり、全くないわけではないので、1週間程度は見ておくと良いでしょう。

他の痩身方法と比べると、症状が軽いので、シャワーであれば当日からOKで、痛みなどがない場合は入浴も翌日から可能となっています。

麻酔・痛み

痛みによる歩行障害などのトラブルは術後に起こる可能性はあります。ただし、アフターケアを正しく行って頂き、必要に応じてサプリメントを服用する事で、違和感が解消されます。

料金・費用・値段

この施術では、精密な機械と高度な技術が必要となりますのであまり相場価格は50~60万円となっております。あまりにも安い価格を提示しているところは、古い機械を使っている事も予想されますので、クリニックを探す際に安さだけで決めるのは安易だと思われます。

名医

美容外科の名医についてですが、脂肪吸引は効果も高いですが、リスクもたくさんあります。

成功させるためには、腕のいい名医による手術を受けることが一番大切です。

しかし、名医を自分で探すことはなかなか難しいものです。

名医がいるおすすめの美容外科をご紹介していますので、お気軽にご連絡ください。

足の脂肪吸引は技術のある医師に相談します

足・脚を細くする脂肪吸引は、手術で筋肉や血管などに影響はでずに脂肪層だけの治療法で、正しく脂肪吸引することで足がバランス良く細くなります。

術後に内出血が起きたり、たるんでしまうこともあるため、技術のある信頼できる名医に手術をしてもらうことがリスク回避にもつながります。名医を紹介しているサイトもあり、相談すると信頼できる医師を紹介してもらうことも可能です。

おすすめの病院・美容外科とは?

足を細くしたい人は、自分にとって一番いい手術の方法を選ぶことが本当に大切です。

せっかく手術を受けても失敗されてしまったら、傷ついてしまいますしもう一度やり直さなければならなくなり、手間と時間もかかってしまいます。

技術のある良い医者をみつけることがすごく大切です。
しかし、良い医者をみつけることが困難な方もいらっしゃるでしょう。

そのときはおすすめの名医がいる美容外科をご紹介しますので、お気軽にご連絡ください。

症例写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

「足・脚を細くする脂肪吸引に失敗、内出血と腫れが取れない」などのトラブルもあるため、経過観察はしっかりと行いましょう。術後の症例写真は比較しておく事をお薦めいたします。

足・脚を細くする整形の症例写真

口コミ・体験談・評判

どこの院が良いか迷っている方の参考になる様、脚の整形に関しての口コミをご紹介いたします。

ふくらはぎのリポビーンの口コミ・体験談

リポビーンについてですが、ふきらはぎもやっと元に戻ってきた感じです。

ここから細くなるようなお話でしたが…
お尋ねします。ふくらはぎ注射した部分に小塊のような感じがあります。

ネットなどには副作用にその旨も記載されてますが、これはそのままほっといてよいのでしょうか?

医師からはとにかく何もしないで良いとの説明でしたが、このような症状になる事はわからなかったので細かくは聞いてないのですが…心配は、この塊のような部分を揉んだ方がいいのか、放っておいて良いのかが気になります。

放っておくと、脂肪が固まったままにならないのか気になります。

脂肪吸引では効果が無いと診断された。口コミ・評判

ふくらはぎのことで相談があります。わたしは以前からふくらはぎの筋肉で悩んでおり、何個かの美容クリニックのカウンセリングを受けましたがふくらはぎのほとんどが筋肉なため脂肪吸引ではほとんど変化がないといわれてしまいました…。

なのでNICRや、下腿筋萎縮術の経験の多い名医を教えていただきたいです。住まいが大阪なので大阪ならどこでも可能です。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*