バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

バストアップ整形

バストアップ整形の手術

バストアップ整形には、コンデンスリッチ豊胸豊胸バッグ・シリコンプロテーゼ挿入などの治療方法があり、多種多様な整形技術があります。ただしその中でも、失敗例・リスクや効果についての正しい知識を知らなければ後悔してしまう結果となり得ます。一つずつご紹介していきましょう。

バストアップ整形

メリット・効果

「バストアップしたいのにカップ数に変化が無い!」

2回も豊胸手術を受けたけど、期待の大きさにならなかったり、最初は大きかったけれど、数年で元のサイズに戻ってしまったりするケースもあります。

脂肪注入法やヒアルロン酸注入だとこの様な現象が起きやすく、シリコンバックを入れる豊胸プロテーゼは半永久的に2カップ以上のバストを保ちたい女性に向いています。

安価な手術を繰り返して、期待していた大きさにならなかったり、元に戻ってがっくりするよりは、リスクを選ぶ選択肢もあります。

デメリット・リスク・後遺症

「リップリングとは何か」

リップリングとはバストに注入した、コヒーシブシリコンや生理食塩水などが、波打ったりする事によって、バストが尖って見えたり、触ったりするとボコボコしている状態の事を指します。

手術直後は起こらなくても、手術してから数カ月してから起こる場合があります。体系が痩せている人がなりやすく、シリコンを挿入するスペースが少ないので、リップリングが起きやすいのです。

放置しておいてよくなるものではないので、病院に行く必要があります。

失敗・修正・トラブル

「バストアップ整形に失敗。感染してしまったらどうなるの?」

大きなバストは女性らしさの象徴。そんな風潮のせいか、バストアップ整形を希望する女性たちはたくさん存在します。しかし、リスクを伴います。まずは感染症がリスクのひとつです。

どの様な手術でバストを大きくするかは様々な術式があります。自分の体の余計な脂肪を使う、脂肪注入法がありますが、脂肪が壊死しまうリスクがあります。

豊胸プロテーゼはシリコンバッグをバストに入れます。リスクが高く技術が下手な病院では、気軽に受けられる手術ではありません。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

ダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

豊胸バッグ挿入のダウンタイムは2週間程度、脂肪注入の場合は、10日前後です。

麻酔・痛み

基本的に硬膜外麻酔・静脈麻酔や全身麻酔が使用されることが多いです。執刀医とは別の麻酔の専門ドクターを選択されることをオススメいたします。また術後は大胸筋下法だと痛みが強いです。

料金・費用・値段

医者の技術も大切ですが、手術を受ける側が自分のバストをどんな風にしたいのか?かけられる予算を明確にする事も必要です。シリコンバッグ挿入で80万円、コンデンスリッチなどの幹細胞脂肪注入で120万円が費用の相場となります。

名医・おすすめ病院

豊胸プロテーゼの場合にはコヒーシブシリコンバッグ、近年ではモティバエルゴノミクスも登場しています。注入治療であれば、アクアフィリング豊胸やヒアルロン酸注入、あるいは半永久的な脂肪注入があります。

ただしバストを大きくしたくて、多額のお金を払っても、カップ数に変化が無い、不自然なバストになってしまっては、本末転倒です。近年は技術が上がり、名医が増えて、安全性が高くなりましたので、最新式のバストアップ整形に対応している名医を選びましょう。

症例写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例写真などを鑑みて、バストアップ整形の名医を探すことをオススメいたします。

バストアップ整形の症例写真

口コミ・体験談・評判

一番は身近な人に聞くのが手っ取り早いでしょうが、出来れば、数か所の美容外科のカウンセリングを受けて、料金、自分のなりたい胸になれるのかを確認しておきましょう。当相談所に寄せられる口コミをご紹介致します。

コンデンスリッチ豊胸でしこりが見つかった口コミ・体験談

私は昨年コンデンスリッチ豊胸をしたのですが、 検診にてしこりが見つかりました。 しこりを摘出してからにしたいのですが、 しこり除去で有名なクリニックはご存知ですか? また、いくらくいするのでしょうか? ちなみに、2センチと3センチくらいのしこりだそうです。

豊胸と脂肪吸引を失敗したの口コミ・評判

友人が豊胸と脂肪吸引を行い、傷痕もカニューレ挿入口に酷いひきつれが出来、とてもプロの施術とは思えないできばえでした。 全身管理が出来ていなかったため、命に関わるほどの貧血で仕事も出られない状況でした。 診察に一緒に同行し、ヒアルロン酸のカウンセリング時、種類について質問しても、患者は、どんなヒアルロンサンを使うかなんて、知る必要は無いと、どれだけの量が必要で、どんな硬さのものを使うかも説明してくれませんでした。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントは受け付けていません。