鼻の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
鼻の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻中隔延長術の名医とおすすめ病院を徹底解説!

鼻中隔延長術はその手術の効果性から、日本の美容整形における3大発明とも言われております。ただし、鼻中隔延長は失敗しないために気を付けなければならない点があります。このページでは名医とおすすめ病院を徹底解説いたします。

bichuukakumeii

鼻中隔延長術の名医とは?

鼻中隔延長の名医は変形確率を限りなく少なくすることができます。そして軟骨の吸収確率を認識したうえで治療をすることができます。
効果を最大にするためには、学会研究を高いレベルで行っている医師を推奨いたします。

名医の条件についてまとめます。

麻酔管理が徹底している

鼻の整形は、全身麻酔になることもあり、低濃度全身麻酔ににも対応している病院をオススメいたします。
麻酔の専門ドクターが常勤していると安心な手術ができます。

軟骨の種類が豊富

鼻中隔延長で挿入される軟骨は耳からの軟骨や肋軟骨や豚の軟骨など多種多様です。
それゆえ、軟骨の組み合わせも重要で、こだわる医師であれば変形確率までを頭に入れて手術を行っています。
延長量によっても、適した軟骨が変わりますので、手術方法が豊富な名医を選ぶ必要があります。

手術時間が3~4時間程度

鼻中各延長を成功させるためには、手術時間として、3から4時間は得ておきたいところです。
クリニックによっては、かなり短い手術時間で鼻中隔延長を施している病院がありますが、縫合が雑で、傷跡がバレバレであるためオススメいたしません。

整形、名医のご紹介 画像

おすすめ病院は?(東京・大阪・福岡・名古屋など)

鼻中隔延長でおすすめの病院は上記の名医の条件をすべてクリアしているかどうかを基にランキングしています。

鼻背部軟骨移植ができるかどうか?

最新の鼻中隔延長術では、プロテーゼを使用しないタイプの手術方法で、同時に鼻を高くする事ができる名医もおります。
今までの人工プロテーゼを懸念して、鼻中隔延長が受けられなかった方でも、積極的におすすめすることができます。

対応クリニックは全体の1%程度です。

I型プロテーゼはオーダーメイドか?

鼻中隔延長はI型プロテーゼと相性が良い手術ですので、I型プロテーゼをオーダーメイドでできる名医をオススメいたします。
オーダーメイドで鼻を高くすることができれば、骨にしっかりと固定され、プロテーゼがずれることがありません。

全国の名医を修正確率から算出

当相談所では、鼻中隔延長の名医を修正確率から算出しております。1年以内の修正確率がどれくらいあるのかについて相談窓口でご紹介しておりますので、ご質問や名医紹介はお気軽にどうぞ

整形、名医のご紹介 画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*