美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻尖縮小術の失敗

鼻尖縮小術の失敗

鼻尖縮小術は美容整形の中でも、ご要望と顔全体のバランスを考慮した綿密なカウンセリングが重要ですが、それにも関わらず、鼻尖縮小術に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。

それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。
鼻尖縮小術の失敗のまとめを作りました。

鼻尖縮小術の失敗 ポーリービーク変形(polly-beak)

鼻尖縮小術の失敗で代表的なのがポーリービーク変形(polly-beak)です。

鼻尖縮小術はオウムのくちばしのような状態になってしまうことを言います。

糸で強引に軟骨を中央に寄せる鼻尖縮小術をした場合には、ポーリービーク変形(polly-beak)が起こるリスクがあります。

失敗してしまった場合には、糸を除去するなどの修正が必要となります。

美容整形の相談所では鼻尖縮小術のリスクを最小限に回避できる名医をお薦めいたしておりますので、リスクを回避したい方は是非、お気軽にご相談頂ければと思います。

美容整形の失敗まとめ

鼻尖縮小術の失敗 感染

鼻尖縮小術に限らず、どのような手術でも感染のリスクがあります。万が一、感染した場合、抗生物質点滴、洗浄処置をし場合によっては異物(プロテーゼ)抜去なども検討する必要があります。

感染は鼻尖縮小術の失敗の中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。

また例えば鼻の整形でも、こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

鼻尖縮小術の失敗 ピンチノーズ

鼻尖縮小術の失敗として代表的なものにピンチノーズが有ります。

具体的には鼻尖部分をつまんだような状態になってしまうリスクです。

鼻尖縮小術のプチ整形で行う手術ではピンチノーズによる失敗例は多いです。

鼻尖縮小術の失敗 アップノーズ

鼻尖縮小術の失敗として代表的なものにアップノーズが有ります。

豚鼻と言われるのがこのアップノーズです。

アップノーズは鼻先が上向きになってしまう失敗で、正しい鼻尖縮小術3D法ができる医師を選ぶことで回避することができます。

鼻尖縮小術の失敗 まとめ

以上、鼻尖縮小術における代表的なリスクについて解説をしました。
こちらの鼻尖縮小術のリスクまとめページのコンテンツは随時、追加していく予定です。

今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

美容整形の失敗まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*