バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

豊胸バッグ抜去・入れ替えの失敗7例と失敗しないために知るべきこと

人工乳腺バッグは自然な動きと柔らかさで、伸縮性も増強された体に優しい豊胸です。
乳腺のところに入れるか、大胸筋のところに入れるかで手術方法が変わります。
人工乳腺バッグの失敗例です。バッグの豊胸で失敗しないためのコツについても分析しています。

豊胸手術において失敗しないために必要なことは、信頼できる医師を選択することです。バッグの豊胸手術についての正しい知識を持っている医師を選びましょう。

荒木さやかのようなバストになるための豊胸手術のいろいろ

荒木さやかの魅力として、美しい顔立ちがありますが、それ以外にも、抜群のプロポーションもあります。

特に、形のよいおっぱいは、スタイルの良さを際だたせていますから、彼女のようになりたければ、バストラインを整えるとよいでしょう。

バストに対して悩んでいる女性は多いと思います。中でも胸が小さいと貧弱に見えてしまいますから、整った豊かなおっぱいは魅力です。
そういった時には、豊胸手術が効果的です。

豊胸手術というと、シリコンの豊胸バッグを挿入する方法が一般的ですが、現在では種類も多く、費用や効果、持続期間などそれぞれ異なりますから、自分にあった方法を選択することができます。

コンデンスリッチ豊胸は、自分の脂肪を用いて、本物のバストをボリュームアップすることができる方法で、採取した脂肪をそのまま注入するのではなく、遠心分離にかけて、特許を取得しているフィルターでしこりの原因となる死活・老化細胞などの不純物を除去していきます。

通常の脂肪注入よりも、約25倍の圧力がかかり、老化した脂肪細胞などを取り除くことができます。

この特許技術によって、幹細胞に富む健康で新鮮な濃縮された脂肪だけを注入することが可能となります。

また、注入する脂肪は、無菌状態にありますから、感染症のリスクも大幅に削減することができ、脂肪壊死や石灰化などの、従来の脂肪注入豊胸のデメリットをクリアした、最新の再生医療技術といえます。

ただ、脂肪注入による施術は、大幅なサイズアップをはかることはできません。一度の施術で1~2カップ程度しかボリュームアップしませんから、より大きくしたい場合には、シリコンバッグ豊胸がおすすめです。

シリコンバッグ豊胸は、人工乳腺をおっぱいに挿入する方法で、患者の体型や希望するおっぱいの大きさ、柔らかさなどによって、挿入する位置や深さを決めていきます。

他の手術では不可能な、2~3カップ以上のサイズアップも可能で、ボリュームのあるおっぱいを作り出すことができるのが特徴です。

荒木さやかのようなバストになるための豊胸手術のいろいろ

人工乳腺バッグに失敗したらどうなっちゃうの?

人工乳腺バッグは豊胸バッグで、医療用の異物を体内に混入する手術ですから当然失敗もあります。

安全性、伸縮性、耐久性に優れたバッグで、乳腺の感覚にきわめて近いシリコンジェルを使っていますのでとてもやわらかく本物のバストのような手触りと質感になりますが、胸が固くなったり、左右のサイズに差がでてしまうことがあります。

特に乳腺下に人工乳腺バッグを挿入した場合には挿入したバックの形がわかりやすくなり、収縮すると固くなってしまうというデメリットが多いことが報告されています。胸に近い場所で動きもあることから、バッグがずれてしまうことも多く、胸が変形して再手術を余儀なくされてしまうということもよく耳にします。またバッグそのものが破損してしまうこともあります。

これらの3つのトラブルが術後リスクとなります。

豊胸バッグ抜去・入れ替えで失敗

そんなのアリ?豊胸バッグ抜去・入れ替えでの失敗、「入れ替えができていない」…。

入れ替えができていないこともあります。豊胸バッグ抜去・入れ替えでは、入れ替えができていないこともあります。豊胸バッグを取り出す際に、いろいろな組織と癒着しているなどが影響して、胸の内部を大幅に切開しなければならないこともあり、胸のダメージ次第では、入れ替えをすることができない状態である可能性もあるため、リスクを考えて治療を頼む必要があります。そのため、切開する技術が優れていて、体にダメージを与えることが少ない医師に治療を頼むことが重要です。

癒着が強くて抜去できないこともある

豊胸バッグ抜去・入れ替え行う際には、癒着が強くて抜去できないこともあります。豊胸バッグを入れてから時間がたっていくことによって、さまざまな組織と癒着してしまうため、癒着が強すぎてしまうと、かなり手術が難しくなっているため、注意が必要です。抜去や入れ替えを行う際に、大部分を切開しなければならない危険性が伴うため、治療技術が高いとされている医師をしっかりと探して治療をお願いすることをおすすめします。

出血が多くなることもある

豊胸バッグ抜去・入れ替えは、出血が多くなってしまう可能性がある治療法です。豊胸バッグを長年胸に入れていることが原因して、さまざまな組織と癒着が起きてしまうときに出血が多くなるリスクがあり、さまざまな組織にメスを入れながら豊胸バッグを引きはがさなければならない可能性もあるため、治療技術に定評があるような医師を探して、体の不具合を少なくするような治療をしていくことが大切になっています。

カプセル拘縮

まずは固くなってしまうというカプセル拘縮についてです。
バッグが混入されると体内では異物として反応し、被膜のカプセルが作られます。
カプセル自体は問題ないのですが、時間の経過で次第に固くなり、そのせいで胸の感触が固く不自然になります。
術後のケアとしてはバッグを除去するしか方法がなく、10パーセントの割合で発症することが報告されています。
次にずれや段差についてです。
もともとの乳腺の位置とバッグをいれたことで人工乳腺バッグの下の部分とに違いが出て、2本の線がくっきり出てきてしまうことです。
加齢や出産などによっても起こりうることで、ゆれも2重になるのでかなり不自然になります。
こちらも術後ケアとしてはバッグを除去するしかありませんので、再手術になります。

バッグの破損・破れる

次はバッグそのものの破損です。

バッグの物理的な劣化、外部からの衝撃、圧迫などによる破損もあります。
バッグ内のシリコンは体内に吸収されても問題ありませんし、破損しても漏れ出さないように特殊なパックになっていますが、胸の皮膚を圧迫してしまうリスクがあります。
こちらも除去するしかなく再手術になります。

バッグの種類によっては、発がん性の危険

CMCバッグの豊胸手術で失敗しないために必要なことは、信頼できる医師を選択することです。
これは整形手術や豊胸手術を行うときには、どのような部位であっても共通して言えることです。

特にCMCバッグの豊胸手術において、正しい知識を持っている医師を選ぶことが大切です。

以前は豊胸手術の方法として、CMCバッグの挿入は一般的な方法の一つでした。
そのため、日本国内でもこのバッグを利用して豊胸手術を行った人がたくさんいます。

しかし、しばらくしてCMCバッグに含まれている成分から発がん性の危険があると指摘されました。
そこから、海外では使用を禁止する国も出てくるほど、取り扱いには注意が必要となっています。

日本国内でも抜去を推進する運動があったり、修正手術を行う人も多くいました。
医師による判断によっては使用することも出来ますが、きちんとカウンセリング時などに相談をして行ったほうが良いでしょう。

傷跡

また未熟な医師による手術の場合、切開手術となるので傷跡がきれいに仕上がらなかったり、バッグの挿入位置が不適切であったために、形がいびつになってしまったり、しこりやでこぼこした状態になってしまうなどのトラブルもあります。

豊胸手術は、左右対称にするだけでなく、より自然に見えるようにバランスを大切にして、傷跡も最小限にしていくことが大切です。

豊胸バッグ抜去・入れ替えで失敗しないために知るべきこと

豊胸バッグ抜去・入れ替えが必要になる理由としては、単純に豊胸バッグが不要になって抜去する際は特に慌てる必要はなかったりします。ですが豊胸バッグの拘縮が始まって明らかに硬くなり始めた際は、バッグが破損してしまうサインです。

なので破損する前に、豊胸バッグ抜去・入れ替えを行う必要があります。というのも破損してしまうと、身体に悪影響が生じるケースや処置が厄介になるケースが多いので、その点は注意が必要です。

ただし豊胸バッグ抜去・入れ替えは、豊胸バッグを入れた際の状況を出来るだけ把握して行った方が、手術で生じるリスクは少なくなります。なので出来れば、豊胸手術を行ったのと同じ病院で、行うという方法が状態を把握出来るだけに、失敗のリスクが低くなるのです。

というのも上手く把握しない状態で行い失敗すると、拘縮を上手く剥離出来ずに再発してしまったり、バッグの取り残しにより、胸の形が変形する等の問題が生じてしまいます。

なので出来れば、豊胸手術を行った病院で、行う方が無難だと言えるのです。

ですが場合によっては、豊胸手術を受けた病院が既に閉院していたり、執刀医が辞めているケースも存在します。

その際は、出来るだけ技術力のしっかりした医師を探し出し、名医に執刀して貰えば、失敗を回避する事が可能です。そのためにはまず、この手術を過去に行った経験が豊富な医師を、ピックアップする事をおすすめします。というのも手術経験が豊富であれば技術力が優れている上に、何らかの問題が生じたい際も適切な対処が期待可能です。

豊胸バッグ抜去・入れ替えで失敗しないために知るべきこと

よい治療のためにおすすめのこと

豊胸バッグ抜去・入れ替えは、安全を考えて新しい豊胸バッグにしたい人や、豊胸した胸のサイズを変えていきたい人などが行う治療法になっています。メリットが多い治療になっている半面、治療を行うことで生じるさまざまなトラブルが生じる可能性があるため、よい医師を探していく必要があります。大きく体を切開する可能性があるため、術後の体の管理をしっかりとしてくれるところも探すことがよく、おすすめできます。

更にその上で、当相談所で集計している口コミチェックを行います。そして実際に、豊胸バッグ抜去・入れ替えの手術を受けた人の意見をチェックし、手術経験者からの評価が高い医師を選び出すのです。

おすすめの上手なドクター・病院のご紹介はこちら

医師の技術力によって、仕上がりの状態に差が出てしまうので、医師選びは慎重に行う必要があります。
信頼できる医師を選ぶポイントとしては、ホームページなどの過去の実績や経歴をチェックすることや、カウンセリング時の態度で分かります。カウンセリングが数分で終わるような医師や、きちんとこちらの希望を聞いてくれないなどの医師には注意が必要です。

当相談所では、そういった条件をしっかりと満たした名医を紹介しています。なのでまずはお気軽に、ご相談下さい。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*