バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

バストグロウの失敗や修正のリスクのマル秘!

バストグロウ 《術式・方法》

バスト・グロウは注入剤でや脂肪・バッグでバストを作り上げるのではなく、現在のご自身のバストを大きくします。

仕組みは、乳腺と皮下脂肪を増殖させる細胞増殖因子を配合した薬をバストに注射します。
ダウンタイムもなく当日から日常生活が送れます。

成長因子FGFのリスクがございますので、ある程度見識のある医師を選択しなければなりません。

バストグロウの失敗や修正のリスクのマル秘!

バストグロウ 《メリット・効果》

バストに傷跡をつけることなく、バストアップする事が出来ます。

乳腺下に注射を行いますので、授乳などには心配はございません。

バストグロウ 《デメリット・リスク・後遺症》

デメリットとしては、効果が出るまでに2~3週間はかかります。
また、数回行う事によって見た目の効果を感じられますので、長期間での治療になります。

1カップ程度大きくすることが可能ですので、大きな効果を感じたい方にはお勧めできません。
また、一部では発がん性のリスクが懐疑されています。

バストグロウ 《失敗・修正・トラブル》

以前もアクアミドやエンドプロテーゼが出た時のように、新しい治療に飛びついて、結局発がん性などのリスクがあった時に泣き寝入りになってしまうのを避けるため、もし受けられるのであればご自身の判断をして頂ければと思います。

本当に良い治療というのは既に多くの形成外科医が利用しているものと考えております。

バストグロウ《ダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア》

ダウンタイムは腫れが5日程度続く事が想定されます。

バストグロウ 《麻酔・痛み》

麻酔の種類ですが、局所麻酔が適応される事が多いです。

その他の麻酔の種類としては、局所麻酔、静脈麻酔、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

バストグロウ 《料金・費用・値段》

金額は1回で20万程度が相場となります。

他にカウンセリング代・麻酔代・薬代は別途かかります。1度カウンセリングを行い見積もりを出してもらうと良いでしょう。

バストグロウ 《名医》

バストグロウは、注入技術が高く求められます。
凸凹を防ぎ、綺麗な皮膚感にするためには、材料を扱いなれている名医を選択してください。

特に今回のような手術は、症例が極めて少ないこともあって、信頼できるドクターがかなり限られてきます。

バストグロウ 《症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ》

症例1

バストグロウ 《口コミ・体験談・評判》

女性 バストグロウ 口コミ・体験談・評判

バストグロウに関してアドバイスを頂きたいと思いご連絡しました。ネットの口コミや書き込みがとても少なく、あまり情報がないのですが、実際効果はあるものなのでしょうか?

“バストグロウの失敗や修正のリスクのマル秘!” への3件のフィードバック

  1. ひろん より:

    南クリニックは失敗が多い。形成外科の分野で研鑽を積んだ医師でもないし。

    あそこは危ない。後から後悔するよ

  2. 匿名 より:

    「HIP豊胸」は皮下に入れてはいけない脂肪乳剤や成長因子が入っています。絶対行ってはいけません

  3. 匿名 より:

    南クリニックのバストグロウは危険でしょうか?来週カウンセリングに行く予定です。聞いておいた方が良いことはありますか?又、似たような手術でやまかわクリニックの「HIP豊胸」があるようです。こちらは特許を取得したようですがバストグロウと何が違うのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*