バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

乳房吊り上げ術(マストペクシー)のダウンタイム期間中に気をつけるポイント3つ

手術後の生活

加齢や妊娠・授乳、もともとの大きなバストなどの理由で垂れ下がってしまった乳房をリフトアップさせる手術、乳房吊り上げ術(マストペクシー)。その手術後の生活において、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?乳房吊り上げ術(マストペクシー)の特徴と絡めて、解説します。

乳房吊り上げ術の最大の特徴は、バストに異物を挿入したりすることなく自分の皮膚やバストの脂肪などを切除・縫合し、リフトアップを図っていく手術だということ。他の豊胸手術のようにシリコンなどの挿入物がないので、身体に馴染みやすい胸部手術であると言えます。

乳房吊り上げ術(マストペクシー)のダウンタイム期間中に気をつけるポイント3つ

痛み

しかし、乳腺や脂肪を摘出し大きな範囲で縫合するこの手術は、痛みを感じやすいのも事実。勿論手術中は麻酔により痛みは感じませんが、麻酔が切れたあと、また手術後2〜3日は、強い腫れと痛みを伴うことが多いようです。その期間中は特に、絶対的に安静に過ごす必要がありますので、出来ればお仕事を休んだり、用事を入れることを避けておいた方が良いでしょう。

内出血

なお、手術時に血管を傷つけることによる内出血が表れる場合がありますが、これは1週間程度で消えますので心配はありません。ダウンタイム中、特に手術後一ヶ月程度は、激しい運動は避けて下さい。また、ダウンタイム中2〜3週間程は腫れなどが続くことが多いようです。あまりにひどい場合は、薬を処方してもらうなど対策を打ちましょう。完全に腫れが引き傷が目立たなくなるまで、半年程度はかかると言われています。その間はなるべく安静を心がけ、ゆったりとした気持ちと生活で希望のバストに仕上がるのを待つのが理想です。

まとめ

いかがでしたか?この手術は異物を身体に入れない分負担が少ないかと思いきや、意外に注意点が多いことが分かりました。すべきこと・避けるべきことを事前にきちんと把握し、質の高いダウンタイムを過ごすことが、乳房吊り上げ術(マストペクシー)を成功・完成させるためにとても大切なことです。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*