口の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
口の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

1分で分かる口の整形のすべて!失敗・リスクと修正

口の整形

口の整形についてまとめます。

口の整形は唇と骨格とに大別されます。

唇に対しては、ヒアルロン酸注入や脂肪注入による注入治療でふっくらとさせる整形がはやっています。
アンジェリーナジョリーさんのようなセクシーな唇を作りたい方は多く、適度に厚ぼったい唇は色気を出す効果があります。

しかし唇が厚ぼったすぎたりすると、今度は口唇縮小術という手術が適応されます。
これは、厚ぼったすぎる唇を改善する手術で外科的なものです。

さて、骨格に対しての口の整形はどうでしょうか。

一般的には輪郭形成と称れていますが、口元の輪郭形成には、下顎セットバックや上顎セットバックなどの手術があります。
受け口や上顎前突を改善する効果があり、横顔もきれいになります。

ちなみにこの手術はダウンタイムが2~3週間となり、徐々に回復していきます。通常の美容整形よりもダウンタイムが長めです。

以上の様に、口の整形の種類は大きく2種類に分けられるということでした。

具体的な手術の詳細につきましては、下記のお悩み別の手術解説ページでご確認ください。

 口の整形

出っ歯を治したい方の整形

出っ歯(上顎前突)

出っ歯を治す場合には、出っ歯(上顎前突)の手術が適しています。

この手術はセットバックやルフォーによる輪郭形成が適応されることになりますので、輪郭形成の名医をお勧めいたします。

受け口・しゃくれを治したい方の整形

受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)はしゃくれている状態を改善する輪郭形成です。

唇を厚く、大きくしたい方の整形

口唇拡大術(VY前進粘膜筋弁法)

口唇拡大術(VY前進粘膜筋弁法)で唇を大きく、適度に厚ぼったくすることが出来ます。

唇を薄く、小さくしたい方の整形

口唇縮小術

口唇縮小術は大きすぎる唇を改善する手術です。

口角を挙げたい方の整形

口角挙上術

口角挙上術で口角をキュッと上げることが出来ます。
これにより笑顔が綺麗になります。

鼻の下を短くしたい方の整形

上口唇短縮術(鼻下短縮)

上口唇短縮術(鼻下短縮)は鼻の下の皮膚をカットして短縮する手術です。

鼻中隔延長術

鼻中隔延長術は鼻先を前・下に出すことが出来、その結果として鼻の下を短く見える効果があります。

えくぼを作りたい方の整形

えくぼ形成

プチ整形により、えくぼ形成をすることが出来ます。
糸を使って留めるだけなので、手術時間も短い治療です。

アヒル口を作りたい方の整形

アヒル口形成

アヒル口形成は板野友美さんのような口もとのことで、アヒル口形成は人気の手術です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*