目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

埋没糸抜糸の失敗・リスクと修正を徹底解明!

埋没糸抜糸の手術・美容整形

埋没糸抜糸は埋没法によって、デザインの不満足、ライン消失、シコリ、違和感があるといった方が行う修正手術です。
抜糸の際は、1~2mm皮膚切開し、埋没糸の結び目近くを切断し抜糸を行います。

埋没法

抜糸の方法には皮膚切開(表面切開)と結膜切開の2つがございます。表面切開にも種類があり、切開の範囲によって傷跡にも大きく関わってきます。穿刺切開法は、埋没糸がある部分を推測し、糸によって埋没糸を切断する抜糸法です。
小切開法は、小さく皮膚を切開して糸を抜糸する方法です。全切開法は、まぶたのラインに沿って切開をし、糸を見つけ出す抜糸法です。

抜糸の際、糸が中々見つからずに手術が難航して1時間以上にもなってしまう事もあります。最近よくいる美容外科歴が少ない技術の低い医師ですと、むやみやたらに糸を強くかけてしまっている例を見ます。こうなりますと修正も難しいですし、留めた糸が影響して瞼がうっ血してしまう事さえあります。注意してください。

埋没糸抜糸の失敗・リスクと修正を徹底解明!

埋没糸抜糸のメリット・効果

埋没法の抜糸は、埋没法を受けてから早めに行う必要があります。
1カ月前後の抜糸であれば、ほぼ元の状態に戻ります。
手術後2・3カ月なら完全とは言えませんが、近い状態までは元に戻ります。
かなりの確率で糸が見つかるのは、全切開法です。
どの切開法よりも高確率で見つかるのと同時に、二重ラインを形成できます。
抜糸をすることで、アレルギー反応・ごろごろ感・目やに・目の痛み・充血などの隔膜刺激症状が解消します。

埋没糸抜糸のデメリット・リスク・後遺症

抜糸を行ったからと言って、確実に元の状態に戻るとは言えません。
ラインの癒着・炎症があると戻らないラインが残ってしまう場合がございます。
綺麗に戻らずに、二重線になってしまうこともございます。
切開をして糸を探すのですが、結び目が見つからないこともありえます。
その場合抜糸が出来ませんので、傷跡だけが残ってしまうということになります。

埋没糸抜糸の失敗・修正・トラブル

埋没糸抜糸の失敗として、皮膚が元々薄い方は、埋没法をした際に糸がぼこっと出てしまうことがあります。
そのような場合に抜糸をするのですが、内出血が酷く出てしまう場合がございます。
糸が見つからず傷跡だけが残ってしまった上に、ラインがガタガタだったりしてしまった。などといった方もいらっしゃいます。
埋没法は修正手術が可能な施術ですが、甘くみてはなりません。

埋没法の抜糸はどの先生でやっても同じか?

これは正確に言えることは”NO”です!

プチ整形だから修正も簡単なんでしょ!?と思っている方は、是非注意してください。

埋没法というのは糸の掛け方から結ぶ強度までで微妙な仕上がりの差があります。医師の術式バリエーションが多くなければ抜糸の際にも糸が取れないで終わってしまうのです。要注意でしょう。

糸が取れなければ針穴、もしくは小切開の傷跡だけが残ってしまい、意味のない手術になります。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

埋没糸抜糸のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

糸を探すために内出血や腫れが強く起こります。
内出血や腫れがでる原因は、皮下組織を傷つけてしまうことになります。
ダウンタイムは、1週間前後必要になります。
翌日からシャワー・洗顔・まぶた以外お化粧が可能ですが、まぶたのお化粧抜糸後になります。
しっかりと守らないと、ダウンタイム期間が延びてしまいます。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

埋没糸抜糸の麻酔・痛み

基本的には局所麻酔が使用されています。痛みに弱い方には、表面麻酔も行われますし、静脈麻酔も利用されています。
術後の痛みはあまり感じないケースがほとんどです。安いチェーンなどで行われますと、麻酔針が太く(Gという単位であらわされます)、処置が雑な事も多いため、痛みが強く出てしまう事もあり得ます。

埋没糸抜糸の料金・費用・値段

点数によっても変わってきますが、5万円前後を目安にして下さい。
埋没法を行ってから術後の期間によって費用が変わってくるクリニックもございます。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

埋没糸抜糸の名医

埋没糸抜糸は修正手術ですので、尚更失敗は許されない手術です。
ダウンタイムをなるべく少なくし、術後のことも考えてくれる医師が良いです。
どんな手術でも失敗は絶対に避けたいものです。そのために名医を選択する必要があります。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

埋没糸抜糸の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

埋没糸抜糸の口コミ・体験談・評判

女性 埋没糸抜糸の口コミ・体験談・評判

デザインが納得いかずに抜糸をしました。術後1か月以内でしたが。。

女性 埋没糸抜糸の口コミ・体験談・評判

わたしは4、5年前に埋没法で二重にし最近右目だけ夕方や疲れてたりすると三重の状態になり左目はくっきり二重が維持されてるので左右非対称になりとても悩んでいます。もう埋没をしてから年数も経つので癒着しているのではないかと期待し、抜糸をしようか悩んでいます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*