美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

下眼瞼脱脂法のアフターケアの注意点まとめ

目の下のくまの美容整形とは

加齢による美容の悩みの中でも、若い時と比べたときの目の周辺の変化は、女性の多くがこれまで感じたことのある悩みではないでしょうか。特に目の下のくまによって、顔は疲れて見え元気のない印象を見る人に与えます。目の下のくまの美容整形とはそうした悩みを解消するために、くまの原因によっていくつかの手法で改善を試みるものです。

年齢を重ねていくと、目の下にクマができてそれがコンプレックスと感じる人も多いものです。しかし、最近は美容整形で改善するような技術も進歩してきている状態です。

高い技術を持つところで手術をしてもらうことによって、出来上がりもよく、人から見ても違和感がないような状態にしてもらうこともできることでしょう。

そこでクマ取りの整形として挙げられるのが下眼瞼脱脂法になります。これは下まぶたのふくらみやたるみ、目の下のクマなどを解消するものであり、下まぶたの裏を切開し、脂肪を取っていくものです。

下眼瞼脱脂法のアフターケア

下眼瞼脱脂法とは?

目の下にクマがでるというのは、もともと下まぶたに脂肪がたくさんあったり、皮膚のタルミで下まぶたの方に押し出させた脂肪がある場合などに、下まぶたに膨らみができてしまい、その下には影ができるからなのです。

目の周りというのは老化現象が出やすいところになります。そしてそのたるみやクマは人からもわかりやすいので、疲れていたり、老けているように見られてしまいがちなのです。

下眼瞼脱脂法というのは、脂肪を除いて下まぶたの膨らみを小さくすることができるので、たるみやクマを解消することができます。その方法は、表側と裏側から行うことができるのです。

特に裏側から行う手術は、経結膜脱脂術と呼ばれていて、切った傷跡が瞼の裏側になるので、目立つことがないのです。

その下眼瞼脱脂法の代表的なトラブルやリスクとしては、変化が見られない、凸凹や窪みがある、左右に違いがあるなどを挙げることができます。その場合には修正や再手術などを行っていくことになる場合もあるのです。

ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無い

ヒアルロン酸を注入してくぼみを膨らませる方法もありますが、かえって不自然な膨らみを生じることもあり、期待するほどの効果は得られないこともあります。PRPとは自身の血小板を使う皮膚再生療法ですで、人気のある療法ですが、間違った注入をされることで膨らみがいびつになったり、しこりになるという例が多くあります。

下眼瞼脱脂や裏ハムラ法で効果が無い

下眼瞼脱脂は目の下の膨らみを下瞼の裏側に小さな穴を開けて脂肪を減らす方法です。身体への負担の点では、傷跡も残らず軽い方法ですが、メリットと同時に皮膚が余った分たるみやしわが残るなどのデメリットが出る場合もあります。また裏ハラム法は、目袋の脂肪を除去するのではなく、くぼんだ部分へ移動させ平坦にする術式ですが、しわは改善せず悪化する場合もあります。

ダウンタイムについて

また、下眼瞼脱脂法における腫れやダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要になります。その期間に外出をしなければならない場合には、メガネなどで目元を隠すようにするといいでしょう。

そして、アフターケアとしては、血流が良くなる事のないようにして、安静にして過ごすことが大切です。

内出血や腫れのわりには効果がないことも

目の下のくまの美容整形には内出血や腫れのリスクがあるって知ってますか?

目の下のくまにはその人によってできる原因が異なります。その原因を正しく把握することが、正しい術式の選択につながりますが、くまの美容整形は内出血や腫れのわりに期待した効果が得られないことが多く、一度しこりになるとそれを完全に除去したり、溶解する方法はないと言われています。リスクを理解した上で名医に相談することが重要です。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*