美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

下眼瞼脱脂法のリスク

下眼瞼脱脂法は、別名「経結膜脱脂法」とも呼ばれている整形術で、下眼瞼をひっくり返してから、結膜側となる内側部分を切開し、余分な脂肪でもある眼窩脂肪を取り除いて、眼窩隔膜がピンと張るようにして、眼窩脂肪が突き出さないように防止する治療法です。

下瞼の皮膚の膨らみが在ることで、何時も疲れているように見られてしまったり、実年齢よりも老けて見られてしまうなど、コンプレックスを抱えている人などに注目されている種々で、下眼瞼脱脂法は眼窩脂肪を取り除いて膨らみを抑えられること、切開するのは結膜側となる内側部分になるため、正面からは傷が見えないなどのメリットが在ります。

下眼瞼脱脂法のリスク

リスクについて

しかし、下眼瞼脱脂法は目の下側の袋の中に在る脂肪を取り過ぎてしまうと、凹んだ状態になると言ったリスクが在ります。
取り過ぎは禁物であり、控えめにすることが肝要とも言われており、予めどれだけの量の脂肪を切除するのか、どのようなデザインに仕上げるのかをカウンセリングの中で医師との相談を行って決める事、そして手術を行う医師の技術が成功に結びつくと言う事です。

また、下眼瞼脱脂法はチリメンジワに対する効果は少ないと言われており、チリメンジワを目立たなくする目的で下眼瞼脱脂法で手術をしてしまうと、皮膚が余ってしまうため、たるみやチリメンジワが目立結果になるなどのリスクが在ります。

下眼瞼脱脂法に失敗、くま・たるみが取れない状態とは

下眼瞼脱脂法は、くま・たるみが取れないこともあります。くま・たるみには、さまざまなタイプがあり、下瞼の部分にたまっている脂肪が原因ではない場合があるため、くま・たるみが生じた原因をしっかりと見極めてもらって、原因を分析した治療を行える環境を選んでいくことが大切になっています。そのため、多数のくま・たるみの手術をできるような環境を選び出して、くま・たるみの原因を見出してくれるような医師を見つけることが大切です。

腫れや内出血が長引く

下眼瞼脱脂法は、下瞼の裏側を切開して、下瞼などにたまってしまっている脂肪を取り除くような治療法であるため、メスの入れ方によって、腫れや内出血が長引く可能性があります。そのため、腫れや内出血に関するアフターケアを最後まで行ってもらえるような環境を探し出すことが重要になっていて、いろいろ治療内容をしっかり比較することをおすすめします。また、安全に治療が行える医師も見つけておくことも大切です。

目の下がくぼむこともある

下眼瞼脱脂法は、目の下がくぼむこともあります。クマやたるみの原因になる脂肪を取り除くような治療法になっているため、必要以上に脂肪を取り除いていくことによって、目の下が大きくくぼんでしまうような症状が出てしまうため、リスクを考える必要があります。適切に脂肪を処置してもらえるような治療をしてくれる医師を探すことが大事になっているため、口コミなどで治療の感想を多数参考にすることをおすすめします。

下眼瞼脱脂法のリスク

カウンセリングのポイント

経験豊富な医師の場合は、チリメンジワなどの治療の場合は下眼瞼脱脂法ではなく、下眼瞼切開法と呼ばれる、下眼瞼縁から目尻にかけての部分にデザインを行い、余った皮膚を切除してから縫合させると言った方法で手術をして貰う事が出来ます。

そのため、カウンセリングを受ける時にはどのような状態になりたいのかをしっかりと医師に伝える事が大切です。

尚、下眼瞼脱脂法による手術は、腫れや内出血が比較的少なく、腫れや内出血が起きてしまった場合でも、数日程度で元の状態に戻るなど、ダウンタイムが極めて短いと言った特徴もあります。

名医を探すことをおすすめ

下眼瞼脱脂法は、くまなどの原因になっている脂肪を取り除いていくような治療法になっています。メスを使ったような治療法であり、治療後のケアが必要であるというリスクもあるため、リスクを理解しておく必要があります。そのため、治療をうまく行ってもらうことができる名医を探し出してもらうことが大切であり、たくさんのことを比較することをおすすめします。また、アフターケアの充実度も調べておくことがよいです。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*