美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

下眼瞼脱脂法の失敗をブログから6つ考察してみた

下眼瞼脱脂の手術は必要?

目の下がややぷっくりと膨らんでいる状態は、目元が可愛らしく見えるため、好む人もいますが、たるみや膨らみがあるせいで、影になってくすんで見えたり、老けた印象を与えることがあります。

美容の観点からの悩みを除去するやり方として、美容施術において下眼瞼脱脂法が、しばしば利用されています。

下眼瞼脱脂法とは、目の下瞼の部分にできる、たるみや膨らみを減少させる治療法です。適応の年齢は30代以降ですが、20代でももともとクマが目立ってしまっている方もいらっしゃるため、一概には適応年齢は言えません。

ただ、年齢とともに重力に負けてくるので、眼窩脂肪が下へ下へと下がってくるという傾向はあります。若い状態を維持するためにマッサージを心掛ける方もいらっしゃいますが、マッサージは医学的な根拠がないことも多いため、逆に皮膚が伸びきってしまう原因になりえます。なので根本的な解決方法として、下眼瞼脱脂が推奨されています。

下眼瞼脱脂法の失敗

目の下の若々しいアラフォー有名人、篠原涼子さん

篠原涼子さんはアラフォー芸能人ですが、大変セクシーでもあり、なおかつ若い印象があります。目の下のたるみやクマがないので実年齢よりも若い印象をキープすることができています。目の下のクマがあるかないかで5歳ほど年齢が違って見えるようです。たるみの印象をなくすだけでも全然若い印象を与えることができます。

治療方法としては、プチ整形のヒアルロン酸注入やFGF注入、外科手術である下眼瞼切開術・下眼瞼脱脂術・裏ハムラ法などの選択肢がありますが、リフトアップを同時に行う場合には、ミッドフェイスリフトを組み合わせる事例もよくあります。

目の下の若々しいアラフォー有名人、篠原涼子

下眼瞼脱脂法は負担が少ない手術だが・・失敗例も

目元を若々しくするのであればヒアルロン酸注入やセルリバイブジータなどの治療方法がありますが、これらは定期的なメンテナンスをする必要があります。半永久的な効果ではないというデメリットを解消するのであれば、外科手術で根本の原因を解決することをお勧めいたします。

中でも下眼瞼脱脂法は比較的負担が少ない手術とされますが、どのような手術でもリスクを伴いますので、失敗することもあります。

ブログや当相談所に寄せられている毎日50名近い体験談から、失敗例を6つまとめました。一つずつその失敗例について見ていきましょう。

茶くま・青くま・黒くまなど、治療方法を誤る

茶くま・青くま・黒くまなどの原因別により、治療方法を選択しなければなりません。治療方法を誤るとかえってトラブルが起こる可能性がありますので注意が必要です。タイプ別の治療方法をご紹介いたします。

これらの診断を正確にできる専門医を選ぶことをお勧めいたします。

【茶くま】

茶くまの場合は色素沈着が原因のクマなので、レーザー治療が適しています。

また治療後のケアですが、ビタミンC誘導体配合のスキンケアコスメで日々のメンテナンスをしつつ、ハイドロキノンを服用するとベターです。

【青くま】

血行不良などが原因なので、マッサージを行い血流をよくすることや、血行を促進する効果のあるビタミンK配合のアイクリームを使用されることをお勧めいたします。

【黒くま】

たるみ、皮膚のへこみなどが原因で、美容外科がまさに適しているクマのタイプです。この場合には、下眼瞼脱脂やハムラ法・裏ハムラ法・ミッドフェイスリフトなどの治療で原因を解消することができます。

また、マイクロCRFやフィラー注入などを組み合わせることで、ゴルゴラインの出現を抑えることができる名医も登場しております。

目の下のたるみ・クマの治療のカウンセリングへいかれた口コミ・体験談

知人で経験が深い人がたくさんいるわけでもないしかと言って気楽に人にも話せないので、困っています。

今の状態ですが、目の下の皮膚が柔らかくなっており、朝や風呂上がりは気にならないけど、笑うと目の下にシワができます。特に左目の下です。

クリニックの先生のカウンセリングを受けました。皮膚を切除して下眼瞼のところで縫い合わせる手術を勧められました。

その方法ですと、腫れ、内出血ともに覚悟が必要であるとのお話しでしたので、受けようという気持ちにはなれませんでした。

先生は形成外科のドクターらしいお考えをはっきり仰っていて、手術以外の方法はお金だけかかって、ほとんど効果がないとの事でした。

脂肪の取り過ぎ

相談所でよく寄せられている主な失敗の理由は、脂肪を取り過ぎてしまうというものです。

下眼瞼脱脂法は脂肪を取り除くことで、たるみや膨らみのボリュームを減少させることが可能ですが、必要以上に脂肪を取り過ぎてしまうことで、くぼみができてしまい、くまやくすみのような状態が常に起こることで、余計に老けて見えてしまいます。

失敗の修正に関しては、残念ながら一度取り除いた脂肪を完全に復元する方法は今のところ、存在しないと知っておきましょう。目の下の部分だけを自然に脂肪を増やすことについて、再生能力や、脂肪を蓄積させる能力を人の身体は持っていません。

そこで、修正方法として、同じ美容施術であるヒアルロン酸注入や脂肪注入の方法を施すようになります。

目の下の整形検討中の口コミ

年齢とともに目の下のたるみが気になり、下眼瞼脱脂法と左右の眉の高さが違う為、片方の目の上のたるみとりを考えています。
どこかいいお医者様をご紹介頂ければと思い、メールさせて頂きました。

口コミでは、脂肪の取りすぎによって目の下がくぼんだなどの報告がされてしまっていて、ちょっと委縮してしまっています。

目の下のくまの脱脂リポがしたい口コミ

私は幼少期から目の下のクマに悩まされており、25歳になった現在でも悩みの種となっております。
サイトにて調べていくと自分のクマは、目の下のたるみと皮膚が薄く血管が見える点が問題なのではないかと感じました。

そこで、美容外科での手術を考えております。
しかしながら、手術が難しいという点と、経結膜脱脂法、脱脂リポ法等々様々な方法があるため、技術力があり、しっかりと丁寧に対応していただけるお医者様を探しております。
現在名古屋に住んでおり、近辺で優秀な方がおられましたら大変嬉しいのですが、東京でも関西でも良いお医者様に施術いただきたいと考えております。また、いくつかの病院でお話を聞いたうえで、検討したいと考えております。

ゴルゴラインが目立ってしまう

目の下のクマやたるみを改善できるのは良いですが、結果的にゴルゴラインが目立ってしまう失敗例が報告されています。下眼瞼脱脂は法令線~ゴルゴライン~目の下までの中願面に関わる手術で、それぞれの箇所が相互に交わりあっています。

そのため、眼窩脂肪を除去した段階で、他の箇所のしわやたるみが目立ってしまうことも想定でき、中願面の若返りのスペシャリストを選択しなければ、手術の失敗が想定されます。

若いドクターが治療をした下眼瞼脱脂法では、脂肪を取れば良いと考えているケースもあり、結果として修正につながっている現状があります。

術後にゴルゴラインが目立ってしまった方の口コミ・感想

目の下のクマに悩んでます。
半年前に下眼瞼脱脂をしたところ、逆にゴルゴラインが目立ってしまいました。
これはしばしばあるとドクターはおっしゃっておりましたが本当でしょうか?
そこであまり詳しくないのですが、シミの事や目の下のクマに遠心分離機にかけて注射する施術に関しても相談する予定です。
シミを消すレーザーなどの種類に関しても詳しくありません。やってもやってもシミは出てくるのでしょうか。

効果・変化がない

効果がない患者さんからの修正の依頼も多く寄せられています。
これは黒クマ・青クマ・茶クマの判別を正しく行えないドクターで治療をしてしまった場合に想定される失敗例です。

下眼瞼脱脂が有効な症状は黒クマのみであり、あくまで眼窩脂肪の下垂を治そうとするものです。
なので間違えないで治療をしなければなりません。

茶クマに下眼瞼脱脂法をして効果がなかった感想・体験談

茶クマに下眼瞼脱脂法をされてしまい全く効果がありませんでした。
セカンドオピニオンで別のドクターに診察してもらったところ、ただの色素沈着だったのではないかと言われてしまいました。
初めのドクターは対応は親身でしたが、結局効果がなければ意味がありません。
結果的に大変後悔しています。

アッカンベー状態

目の下の脂肪を取りすぎてしまうとアッカンベー状態といわれる失敗をしてしまいます。
これは、下眼瞼切開術でもよく起こり得るもので、医師の技術力不足が原因となります。

目の下の組織の構造は、皮膚・皮下脂肪・筋肉(眼輪筋)・隔膜・眼窩脂肪・CPF(capsulo-palpebral fascia)・筋肉(瞼板筋)・結膜の順番で構成されております。

このいずれかの組織を傷つけてしまいバランスを崩してしまうことで目の下を支えている構造を崩してしまい外反状態になってしまうのです。そのため、むやみやたらとCPFを傷つけてしまう手術であれば十分に注意しなければなりません。微妙なバランスで顔は構成されていますので。

アッカンベー状態になってしまった感想

3年前に両目下のくまをとって.あっかんべー状態です。修正の名医を紹介して頂きたいです。
また返金は可能なのでしょうか?リスクについては事前のカウンセリングでは全く説明されず、メリット面しか伝えてもらえませんでした。

ちりめんじわ・小じわが出てしまう

ちりめんじわ・小じわが出てしまうのがこの手術の特徴です。
ちりめんじわが出ると再生医療のセルリバイブなどの治療で改善を図りますが、これもこれでリスクがあります。
下記の体験談をご覧ください。

ちりめんじわの解消に失敗した体験談・口コミ

お腹や手足には脂肪腫のようなものができています。大きいものは10㎝くらいあります。顎の下にもできました。T先生や他のクリニックの先生も打っていない場所が膨らみの考えられないという診断です。
総合病院の内科、神経内科はわからないとのことでした。
FGFの成長因子が全身にまわり、脂肪の細胞を作っているように思うのですが、医師にはなかなかわかってもらえない現状です。
八方塞りで苦しんでいます。

下眼瞼脱脂法の失敗

得意とする美容クリニックを利用すること

一度失敗してしまうと、目の下がくぼんでしまったりすることもあります。

しかし、これらの方法では、完全に元の見た目を取り戻すことは困難です。ヒアルロン酸注入では、数ヶ月から1年程度で成分が吸収されますので、元のくぼんだ状態に戻ってしまいます。一生あるいは長期的に持つものとして脂肪注入やPRP(再生医療セルリバイブジータ)などもありますが、これらも効果を出すためには熟練の技術を求められます。

中でも、脂肪注入ならば、効果が上がる可能性があるものの、幹細胞を添加しなければ脂肪が一生定着することは難しく、次第に効果が薄れてしまいやすいのが現状です。また幹細胞の脂肪注入は費用が大きくはねあがります。

下眼瞼脱脂法で明らかな失敗を感じたなら、治療を受けた美容クリニックの中でも、名医に相談をしなければなりません。まずは相談しましょう。格安で対処してくれたり、無料で修正手術を行なってくれるケースもありますが、そもそもその担当医の腕が下手だったらどうでしょうか?二度と修正できなくなってしまうことだってあり得ます。

技術は絶対要素なのです。

クリニック選びに迷い中の口コミ

探している地域は名古屋です。今の所脂肪移植や脱脂のどちらかを検討しています。名古屋のT先生を指名しているのですがこの方の技術はどうですか?決めてはクマが再発する確率が少ないと聞いたからです。手術日は今月の27日なのであまり時間がありません。一度品川クリニックで手術脂肪注入を受けましたが1年程で効果が消滅してしまいました。

お勧めの美容外科・名医のご紹介はこちらから

当相談所では、下眼瞼脱脂の失敗を防ぐため、このようなリスクを負わないためにも、下眼瞼脱脂法を得意とする名医をご紹介しております。失敗確率が5%未満のドクターと言うのは全体の3パーセントという調査も出ていますので、ぜひ医師選びを間違えないようにしなければなりません。

美容整形の名医相談所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*