美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

眉下切開法(上眼瞼リフト)の効果・利点3つをまとめ

上眼瞼リフトのメリット・効果

目が重たい症状が治ったり、二重ラインがはっきりとしてくれるメリットがあります。年齢と共に瞼が下がってきて、額にしわも出てきます。上眼瞼リフトの場合、瞼の重みと額のしわの両方に対して効果があることが分かっており、若返り効果が高い整形手術です。

埋没法や全切開や部分切開などの手術よりもたるみを取る力が強いので、30代以降の方で上眼瞼リフトを行われる方は多いです。

瞼のたるみを除去することができる

眉下切開法(上眼瞼リフト)とは、眉毛の下あたりの皮膚を切除することで、瞼のたるみを除去することができる美容整形術です。

加齢により瞼が下がってくると二重の幅が狭くなったり、厚ぼったい瞼が視野の妨げとなることがあります。また、20代の若い人でも厚ぼったい瞼が気になるという人の悩み解消となります。

なぜ加齢により瞼が下がるのかというと、歳を重ねるとコラーゲンやヒアルロン酸といった肌の弾力成分が減少し、重力に逆らえず下へ下へと皮膚は下がります。

また、瞼は非常に皮膚が薄く保湿力が弱い部分のため、コンタクトレンズや二重を作り出す接着剤やテープ、パソコンやスマホによる目の疲労により影響を受けやすく、非常にデリケートな部分なのです。

眉下切開法(上眼瞼リフト)の効果

目が大きくなるという効果

眉下切開法(上眼瞼リフト)は二重の幅が広くなる(元々の二重幅に戻る)、目が大きくなるという効果をもたらすと共に、皮下脂肪を除去することで瞼の皮膚を薄くする効果もみられます。

眉下切開法(上眼瞼リフト)の具体的な方法は、まず眉毛のすぐ下の厚い皮膚を切除します。その際に必要があれば皮下脂肪も除去します。そして、眉毛に沿って縫合して完了です。

眉下切開法(上眼瞼リフト)は皮下の剥離がほとんど行われないため、比較的腫れが少なく、術後の回復も早い傾向にあります。

麻酔、ダウンタイムが2週間程度

手術は基本的に局部麻酔で行われますが、希望の場合は静脈麻酔で眠っている間に行うことも可能です。
ダウンタイムは個人差ありますが3日~2週間ほどで、手術の翌日から洗顔やシャワーは行えます。

メイクは手術2日後からでき、眉毛とアイメイクについてのみ抜糸の翌日からとされます。

抜糸後しばらくは眉毛の下に赤みや内出血が残りますが、眉毛を書いて隠すことができるので、他の人からはわかりづらいというメリットがあります。

色味については個人差がありますが、長い人でも3ヶ月ほどで消えます。

眉下切開法(上眼瞼リフト)は二重形成とは関係ありませんので、二重にしたいという人は同時手術が可能な技術が高い医療機関をオススメいたしております。

いずれのケースも一度ご相談を頂ければ幸いです。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*