美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

眉下切開法(上眼瞼リフト)の名医の条件3つ

上眼瞼リフトの手術・美容整形

上眼瞼リフトは目の上のたるみを取る手術で、別名眉下切開とも言われております。

ブローリフトとの違いとしては、ブローリフトの場合、眉毛の上を切除してしまうのに対して、上眼瞼リフトの場合には眉毛の下を切除します。どちらもたるみ除去の効果が大きく、全切開による二重形成をするよりもこれらの手術がたるみ改善には効果的です。(勿論、中程度までのたるみなら全切開でも取ることができます)

上眼瞼リフトの名医

眉下切開法(上眼瞼リフト)は目の上のたるみをとる方法の事です。目の上のたるみは年を取るごとに目立ち始めます。女性なら誰でもある悩みと言えるでしょう。

目の上のたるみは自分でどうにかするのは難しく眉下切開法(上眼瞼リフト)が目のたるみをとる最も手軽で早い方法だと言えるでしょう。

眉下切開法(上眼瞼リフト)を行う時は名医に頼むことが安全で綺麗な仕上がりとなります。眉下切開法(上眼瞼リフト)の成功のカギは自然な仕上がりを意識することです。

たるみがとれても仕上がりが不自然では成功とは言えません。その点、名医ならば傷跡も残らず痛みもなく自然な仕上がりを約束してくれるでしょう。

眉下切開法(上眼瞼リフト)の名医

ウィッジインシジョン・毛包斜切断法

技術的には最低限形成外科の技術を積んでいるドクターが良いと思っています。それは傷跡を眉毛に隠すことができる手術スキルで、上位10%のドクターが行っているクオリティの高い治療方法です。この技術はフェイスリフトでも用いられ、ハゲを防止する効果があるため、リフトアップの手術をする際はマストの技術スキルです。そして勿論、ここから更にこだわるポイントがあります。

極細糸とルーペ

一部のドクターは肉眼オペではなく、拡大鏡などを使用して上眼瞼リフトの手術に臨むドクターがいます。そしてそういったドクターは極細糸を使用しているため気宇里のクオリティが高くなりやすいです。傷跡に対してのモチベーションが低いドクターの場合には、縫合もあまり時間をかけないため、クオリティ面で下がります。

眉毛全長上眼瞼リフト

上眼瞼リフトをしても目が重たい・二重がパッとしない方は、クオリティが低し手術を行われてしまっている方が多いのですが、眉毛全長上眼瞼リフトによる拡大切開ができるドクターの場合、効果を最大化させることができます。これにより、一般的な上眼瞼リフトで効果が感じられないという方でも、大きな効果を上げることができます。

成功すれば自然な仕上がり。手術をしたと周囲には気づかれず若返りできる

傷跡を残りにくくするテクニックとして眉毛を残して切開する方法があります。

従来の眉毛をそって切開する方法では傷跡が残りやすく、毛が生えてこないデメリットが考えられます。その点眉毛を残す方法ならば心配は無用です。

上眼瞼リフトの麻酔・痛み対策と術後ケアの対応がしっかりしているか

手術のクオリティにこだわる病院の場合には、1時間半程度の手術枠は確保しているはずです。縫合だけでかなりの時間を取っていますので、上眼瞼リフトの手術と一括りに行っても手術方法は様々であることをお考えください。

麻酔は局所麻酔、静脈麻酔のいずれかとなるケースがほとんどです。

また、傷跡と並び気になることと言えば術中の痛みについてです。痛みについては全く心配ありません。

局所麻酔を行いますので、何も痛みは感じることなく綺麗な目元を手に入れることが出来ます。

局所麻酔が苦手な方は吸入麻酔という方法もありますので信頼できる医師と相談すると良いでしょう。また手術後はほとんど痛くありませんが、どうしても心配な場合には薬も処方してもらえるので安心です。名医はこれら全てに配慮し手術してくれます。

また術後のケアも忘れません。最初は勇気が必要かもしれませんが、信頼できる医師のもとならばやって良かったと思えるのが眉下切開法です。代表的なアンチエイジングとも言われるので見た目の若返りは約束されています。

また眉下切開法は二重瞼だけではなく一重瞼でも手術が可能です。

上手な医師・名医をご紹介しております

上眼瞼リフトの手術をする場合にはクリニック選びとして名医の条件を満たしているドクターを推奨いたします。なぜなら、切開のため癒着が強力についてしまい、上眼瞼リフトに失敗してしまうと修正がしづらいリスクがあるためです。

名医であれば、見た目の印象を大幅に変えるわけではなく自然な仕上がりなので手術をしたと周囲には気づかれることなく若返りが可能です。腫れも少ないことで知られているのでその点でも安心です。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*