目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

目尻切開の失敗やリスクなどの重要10項目をまとめてみた

目尻切開の手術・美容整形

目尻切開とは、目尻部分(まぶたのサイド側)を切開し目の横幅を広げる切開法です。目尻切開とグラマラスライン形成との違いは、切開の仕方にあります。

目尻切開の失敗・リスクと修正を徹底解明!
目の横幅が狭い方は、目尻部分を広げることで切れ長で美しい大人な印象を与える目元になります。
二重まぶた形成やたれ目形成、目頭切開と併用することで、より効果を感じられる方もいらっしゃいます。
たれ目形成をする際などにも、目尻切開の切開の仕方を調整する事でも、理想の目の形に近づける事ができます。
目尻靭帯移動術はたれ目形成術です。
目尻にある人体を切除し、下方へ移動させることによりつり目から⇒たれ目にすることができます。
”一流の目尻切開”とは、目尻を単純切開ではなく、W字に切開し外側に広げるだけではなく上下にも広げることができる目尻切開のことを指します。
その他の方法として、目尻切開には、単純切開やY字に切ってからV字に縫い付ける方法などもございますが、後戻りや拡大範囲の面から考慮しましてあまりお勧めできません。
また、切った部分にフラップを入れ込みますと後戻りを防ぐ効果がありますので、これは目尻切開を専門とする医師に任せる必要があります。
目尻切開の手術は、目の横幅の印象を大きくするには非常に効果的な手術です。

関連する記事>> 目尻切開 画像

目尻切開のメリット・効果

目尻切開法は、適応して効果がある方と適応しても効果のない方とでハッキリと分かれます。
目元の手術の中でも、仕上がりを完璧にしたい方もよく受けられる手術です。
・切れ長の目元になれる
・幼い印象からぐっと大人っぽい印象へ
・たれ目形成や逆につり目に変化させられる
・小顔効果
ですので、目力をUPしたい!という方にとっては目尻切開をお勧めします。目頭切開と比較しても傷跡が残りづらいという事も言えます。
傷跡が残りにくいということには、いくつかの理由があります。
・目頭部分よりも皮膚の張りが無いため
ピンと張っている皮膚に傷跡があるのと、ピンと張っていない皮膚に傷跡があるのとでは、目立ち方が違ってきます。
・目尻のしわに紛れやすいため
目尻には笑った時にしわが出来ますよね。そこと同化してしまうのです。
以上の理由から、傷跡は目頭部分よりも出来づらいという事は言えると思います。
それだけ、目尻切開というのは失敗が多く、技術的なミスがある治療ということでしょう。
目尻切開というのは、目の横幅を広げる手術だと思われていらっしゃる方も多いと思ういますが、実は目の横幅を広げるためだけの治療ではございません。
たれ目形成のひとつとして、目尻切開は行われております。一流の目尻切開を行えば、実は縦幅をも広げる効果があるということです。

失敗しないための美容整形の相談所

目尻切開のデメリット・リスク・後遺症

目尻切開のリスクを説明されずに、無意味に目尻切開をされてしまった等の声もお聞きします。
目尻切開をしたいと思っても、目尻の白目部分があまり隠れていない方ですと、目尻切開が適応出来ない可能性がありますので注意が必要です。
目尻切開の手術でよく行われている簡単な手術方法としては、目尻部分の切開を横に伸ばしただけの方法があります。
このような方法で目尻切開を行いますと、切開により延長した開き方に不自然な印象を与えてしまいます。。
まぶたの瞼裂ラインがスムーズではなくなります。
これを防ぐためにのこだわった手術方法として、瞼裂部分のラインがスムーズになるように目尻上下の切開範囲の拡大と切り取りが必要になってきます。

目尻切開の失敗・修正・トラブル

目尻切開の失敗、「変化がない28.1%」グラフで解説してみるでもご紹介しましたが、目尻部分が結膜ギリギリの型が無理やり目尻切開を行うと、結膜が露出した不自然な目元となり失敗します。

目尻切開の手術は垂れ目形成をする事や目の横幅を広げるためには大変効果的な手術になりますが、間違えてしまいますと失敗に繋がってしまいます。

代表的な失敗例をご紹介致します。

・アカンベ―状態になってしまう
・下三白眼になってしまった
・傷跡が目立ってしまう
・後戻りしてしまった
・効果が実感できなかった
手術後に修正を行う方も多くいらっしゃるのも現実です。修正手術は、最低でも3ヶ月は空けてください。
失敗しないためにはコツが必要ですが、実際に適切な処置ができる医師はほとんどいらっしゃらないのが現状です。
医師のの美的センスが高く問われる手術のひとつでもあります。
修正手術が多く行われている原因の一つとして、正しい手術がなされていないと言う事が原因の一つとしてあります。
術前に3Dカウンセリングなどをしておき、目尻切開の効果はどれくらいあるのか?目頭切開の効果と比較できないか?など、検討してみると失敗も少なくする事ができると思います。

目尻切開の画像については、検討されている方はこれまでにも見てきたかと思いますが、多くの症例画像の場合、単純切開という方法で目尻切開が行われている事が多いのです。

この単純切開は実は良くない目尻切開であり、傷跡は汚く、後戻りもしやすい原因となっています。

症例画像では、術後1年までを追っている画像はほとんどないですよね。それは後戻りする例が多いためです。

逆に、目尻切開でも、拡大切開を出来る医師の基で目尻切開が行えれば後戻りはほとんどないと思います。また自然です。

これが目尻切開の成績を大きく分ける要素となりますので、失敗したくない方は拡大切開ができる医師を選択される事をお薦めします。

目尻切開のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

強い腫れは数日。全体的な腫れが引くまでのは2週間前後かかります。

ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

目尻切開の麻酔・痛み

局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。
痛みは静脈麻酔であれば、眠っている間に手術が終わりますので、問題ありません。

目尻切開の料金・費用・値段

クリニックによって異なってきますが、20万~30万円前後を目安にして下さい。
目尻切開はグラマラスライン形成と同じく、目元を華やかにする手術としては非常に効果的な手術となります。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

目尻切開の名医

この手術は、美容外科医の中でもきちんと理解されていないケースが多くありますので、目尻切開の名医選びの際は特に重要になります。
そのため、医師の技術もかなり高度なものが必要です。

医師としては、目尻切開の手術は美容整形の教科書にも書いていない事がありますので、しっかりとした多くの手術経験を行っている名医の基、研修を行わなければなりません。

失敗を回避し正確な診断を受けるためにも、目尻切開を専門的に行っている名医を選択しましょう。
名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。

目尻切開(上眼瞼リフト)の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

目尻切開の口コミ・体験談・評判

女性 目尻切開 口コミ・体験談・評判

なんだか見れないような目元になってしまい残念な状態になりました。

女性 目尻切開 口コミ・体験談・評判

6年前に、韓国で目尻切開の手術を受けたのですが、効果が無かった様な気が・・・します。
私の目自体、目尻切開の効果が分かりつらいのか、(あまり切開出来なくて無駄だった)、もしくは、後戻りがあって効果が無かったと感じるのかは判りません。

失敗しないための美容整形の相談所

“目尻切開の失敗やリスクなどの重要10項目をまとめてみた” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    はじめまして。神戸市で目尻切開とグラマラスラインの糸の手術を受けてみたいと考えています。現在湘南でボトックスやレーザーなど受けていますが目尻切開はしていないようです他にオススメのお医者さんいますか?良ければ教えて頂ければ助かります!

  2. 匿名 より:

    目頭切開、目尻切開、二重切開の手術を福岡内で考えてます。
    評判のいい名医を教えて下さい。
    今は、飯尾クリニックと プラチナクリニックのどちらかで迷っています。問題ないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*