美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

涙袋形成の効果を芸能人の例で例えてみた

涙袋がある人からは可愛らしく愛くるしい印象を受けます。人気のある女優さんやアイドルの顔を見ると涙袋のある人が多いのがわかります。女性であれば、「かわいい」と言われて嬉しくない人はいないでしょう。

誰もが可愛い女性には憧れるものです。涙袋がない女性は、自分の顔を鏡で見るたびに涙袋がある女性を羨ましく思うことでしょう。

メイクで涙袋らしき目元を作れるというものもありますが、本物とは程遠く違和感のあるものが多いのが事実です。

涙袋形成の効果

坂口杏里と同じ目になるにはどんな整形方法が必要?

目に愛らしさを出すためには、一重だときつさを感じてしまうので二重に形成する必要があります。

現状が奥二重になっている人は自然なラインに形成したり、まぶたが厚くて脂肪の蓄積がある人などは脱脂しながら形成する必要性があります。若さがあって、魅力的な目元にするには涙袋も形成する必要があります。

加齢とともにに失われるため、若さの象徴ともいえる涙袋はヒアルロン酸の注入で簡単につくることができます。

メイク前のすっぴんな状態でも可愛く見せるためには、化粧で作り上げる二重などでは効果がないので、整形を行ったほうが良いです。

二重術の症例はどこのクリニックでも増えていて、切開する方法であっても30分ほどで仕上がります。

坂口杏里のような目になることは現在の技術であれば容易なことですが、注意しなければならないのが医師が現状を正確に把握して、適した術式を選択してくれるかどうかで仕上がりに違いが出てきます。

デザインも重要で、切開したり縫合する部位が数ミリ違っただけでも印象が違ってくるため、シミュレーションをしっかりと行わないと考えていたものと違った仕上がりになる可能性が高いです。

手術後の腫れは1週間程度続き、ヒアルロン酸の注入腫れはあります。状態が落ち着かないと成功したか失敗したかの正確な判断ができないので、経過観察をしっかり行ってくれるクリニックで施術を受けることが大切です。

切開する方法は特に修正が難しくなるため、信頼できる医師のところで受けないと後悔する事になりかねないので、実績が豊富であるだけでなく、患者の満足度が高いクリニックで受けるようにします。

メイク前の顔も安心して見せることができる状態になりたい人は、当相談所で坂口杏里のようにしてくれる名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

坂口杏里と同じ目になるにはどんな整形方法?

維持するためには定期的なメンテナンスが必要

実は、美容整形に涙袋形成という施術があります。いくつかの方法がありますが、切開をしない方法にヒアルロン酸注入法と脂肪注入法があります。ほとんどのクリニックでは、ヒアルロン酸注入法が主流となっています。

ヒアルロン酸注入によって涙袋形成を行う場合は、細い針を使用して注射で注入するので、手術とは異なり手軽にできます。

ヒアルロン酸は、もともと人間の体内や皮膚に含まれているので、アレルギー反応や副作用が少なく安全です。
ヒアルロン酸は下まぶたのまつ毛の際から注入します。

ぷっくりとしたふくらみができ愛くるしい印象を作ります。また、まぶたにハリが出てふっくらとし、小じわも改善されるので、若々しい印象にもなりアンチエイジングとしても大きな効果が得られます。

ただ、涙袋形成をいったん行ったとしても、ヒアルロン酸は半年から一年くらいで体内に吸収されるので、維持するためには定期的なメンテナンスが必要になります。

多くの症例の実績があるクリニックやドクターを選ぶことが重要

また、人によっては、多少の内出血があることがありますが、メイクで隠せますし、一週間以内には消失します。

涙袋形成は、美容整形としては手軽なものですが、左右のふくらみのバランスやヒアルロン酸を均等に注入するなどの技術が必要でもあり、どこのクリニックで施術しても同じというわけではありません。

多くの症例の実績があるクリニックやドクターを選ぶことが重要です。

また、あまりに安価な施術をアピールしているところでは、質の悪い東南アジアのヒアルロン酸を使用している場合があるので要注意です。

手軽に愛くるしく可愛らしいイメージに変わることができる涙袋形成ですが、安易に考えてはいけません。あなたの大切な顔に関わることです。病院選びには慎重になりましょう。

涙袋形成の効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*