目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

目頭切開W法の失敗やリスク・口コミをまとめました

目頭切開 W法の手術・美容整形

目頭部分をW法の形に切開を行います。

蒙古ひだを解消する目頭切開の種類としては、W法は最も効果があると言えるでしょう。

蒙古ひだとは日本人には典型的な目元によくあらわされるのですが、目頭部分の日だが張っている状態の事を指しておりまして、末広型の二重瞼や一重瞼の方が強い蒙古ひだと言われる事になります。

さて、この蒙古ひだを改善する事で、平行二重を作る事が出来るのです。そのため、大変重要なファクターとなります。蒙古ひだを取る手術は目頭切開と言います。

その他、目頭切開は多くの術式があります。

例えば、三日月法、W法、Z法、リドレープ法などなど

この中から、適した治療方法を選択しなければ傷跡が目立ってしまったり、後戻りを引き起こしますので十分に注意が必要となります。蒙古ひだの整形を考えられている方は是非、注意さてみてください。

目頭切開W法

目頭切開 W法のメリット・効果

後戻りが少なく切れ長な目元になります。

目頭切開 W法のデメリット・リスク・後遺症

この手術は目の横幅の変化を大きく出すためには必要となります。Z法よりも大きく出すことが出来ます。

ただし、場合によっては傷跡が残りやすいというのがW法のデメリットです。

目頭切開 W法の失敗・修正・トラブル

W法(目頭切開)の失敗でご説明した通り、切り過ぎてしまいますと、修正が難しくなってしまいます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

目頭切開 W法のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

1週間前後で抜糸を行い、2週間で腫れが収まってきます。9割の完成までは傷跡が改善するまでに、1か月程度は様子を見ておいてください。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

目頭切開 W法の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

目頭切開 W法の料金・費用・値段

25万円前後を目安にして下さい。
麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

目頭切開 W法の名医

切開法をする場合には、形成外科医をご選択になさってください。名医選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。また、拡大鏡を使った医師などを選択する事で極限まで目立たない自然な傷跡に収めることが出来ますので、それができる医師をお薦めいたします。

目頭切開 W法の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

目頭切開 W法の口コミ・体験談・評判

女性 目頭切開 W法の口コミ・体験談・評判

W法をしました。傷跡はわかりますが、平行二重になったので効果は出ました!!!!

女性 目頭切開 W法の口コミ・体験談・評判

高須クリニックで蒙古ひだ形成とその後微調整として(丸くなりすぎたので切れ込みを入れ直した)再度修正するには皮膚が足りるかどうかと土井先生は言ってました。それにまた蒙古ひだつくっても、最初の整形で目頭切開w法をかなり上の方でやられてしまってるので皮膚が被らないし、二重も斜め下に引っ張られないんですよね多分。。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

“目頭切開W法の失敗やリスク・口コミをまとめました” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    目頭切開を受けましたが、W法の説明や表面に傷が大きく残ることも、目頭が大きく変わる説明もありませんでした。よくわからずそのまま手術しました。もし、十分なカウンセリングがあれば、手術を一旦思いとどまったと言ってます。目頭切開についての調査不足の私も、悪いですが、悔しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*