美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

全切開の失敗

美容整形で全切開した際の失敗には、どのような例が考えられるでしょうか。
とくに、受診者の多く、失敗した際に目立ってしまう目元の整形を事例として、検討してみましょう。

部分切開と全切開の違いは、名称のとおり切開する範囲によります。部分切開は、切れ目を入れて細かい歪みなどを矯正する手術、それに対して全切開では広範囲にわたって皮膚を切開し、施術を行ないます。これにより、より幅広い修正や、脂肪の除去などの施術を行なう事ができます。期待できる結果も、断然こちらの方が高いものとなります。

ただし、失敗するリスクも高まってしまい、傷も目立ちやすくなることが欠点です。
そのため、医師の選択にはより慎重になる必要があります。

全切開の失敗

失敗例について

実際の失敗例としては、前述の傷が目立つという外見的な例の他に、目が開きにくくなる、より目元が小さくなってしまう、酷い場合には、傷口からの膿により眼球が病気になってしまったり、慢性的に疼痛がはしるようになってしまうこともあります。
もしくは、何度手術を受けても、ちっとも理想型にたどり着けないというケースも存在します。
これらは、ほぼ全てが医師のミスや、経験不足に由来します。

現代では、全切開をしなくても二重まぶた程度の美容整形なら行なう事ができるほど、技術が進歩しています。しかし反面、更に難度の高い手術となる全切開の技術を持つ医者やクリニックが減少してしまっているのが現状です。

全切開の失敗

全切開に失敗。不自然でバレる状態に…。

二重形成の美容整形手術にはいくつかの方法があります。
その中でも、くっきりとした二重のラインを作ることが出来るのが「全切開法」です。
これはまぶたの皮膚を切り、二重のラインを作りたい部分を縫い合わせて二重のラインを作っていきます。
そのため、幅の広いラインや上のほうでのライン形成も可能です。
しかし、顔とのバランスを見て行わないと不自然な仕上がりとなり、仕上がりが不自然でバレるという問題が起こりやすいです。

二重にならないケース

全切開手術を行っても二重にならないケースもあります。
これは、切開した位置がもとの目の状態に対して適していなかったり、縫合が上手に出来ていないことが原因として考えられます。
この手術は一度行うと、半永久的にその形を保つことが出来ますが、二重形成の中でも難易度の高い手術です。
きちんとした技術力と、豊富な知識を持ち合わせている医師による手術であれば、このような失敗は回避できるでしょう。

手術後の傷跡がへこむ

全切開を行った場合、手術後の傷跡がへこむというトラブルもあります。
これは縫合する際に、まぶたを中に入れすぎてしまったり、方法不良によることが大きな原因です。
未熟な医師による手術の場合に起こりやすく、改善するためには再手術を行う必要があります。
まぶたの傷跡が目立ってしまうと、顔の印象も大きく変わってくるので、技術力の高い医師による手術を行うほうが、仕上がりがきれいになるので安心でしょう。

名医による手術がおすすめ

美容整形手術には、様々なリスクが伴います。
特に目元の手術などでは、仕上がりの状態で顔全体の雰囲気が変わってくるので、とても大切な手術になります。
希望している状態などカウンセリング時に良く話しておくことが大切です。
また技術力が高い名医であれば、無理な条件も叶えてくれる可能性があります。
仕上がりにも差が出るので、手術を検討している人は、医師の実績などをチェックして選ぶとリスクが回避できるでしょう。

費用で選ぶと後悔することも

保険が利かない手術となる分、患者さんも出来るだけ安い予算で済ませようとしてしまいますが、あまりに安い手術料は疑うべきです。相場を無視した金額を提示してくるクリニックの場合、経験が少ないか、正規の医療従事者ではないか、もしくは埋没法など他の施術を全切開として施術しているケースも考えられます。

また、希望する仕上がりによって、埋没法か、全切開かを使い分ける必要があるのですが、この選択を間違えてしまうと無駄な手術を繰り返し、肌を傷つける原因にもなります。

多少遠い場所にあっても、一生に関係する手術ですから、事前の情報収集は欠かせません。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*