脱毛・薄毛植毛(AGA)の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脱毛・薄毛植毛(AGA)の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

植毛FUT法(薄毛治療)の発毛の効果は?リスクとデメリット・失敗とは?

植毛FUT法(薄毛治療)の手術・美容整形

自毛植毛には、いくつかの方法がありますが、中でもFUT植毛治療は、ベーシックなタイプの方法です。

植毛FUT法(薄毛治療)というのは、顕微鏡をつかって1毛包ずつ慎重にドナーを採取する植毛技術のことです。

後頭部から面としてにシートを取り出すので、植毛FUE法(薄毛治療)と異なり、傷跡が一本の直線となってつきます。

従来型の自毛植毛はこのやり方です。

植え付ける方法にはスリット式またはニードル式の種類があります。

一般的に自毛植毛は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの影響を受けても、抜け毛が発生しにくい後頭部や側頭部の髪を、薄毛が進行している生え際や頭頂部に移植する、薄毛改善の為の手術です。

私たちの髪の毛は、毛穴から1本ずつしか髪の毛が生えていえるわけではなく、2~3本の髪の毛がでています。

このFUT植毛治療では、毛穴単位で髪の毛を移植していくため、自然な仕上がりを実現することができます。

ただ、この方法では、電子顕微鏡のような高額な設備が必要であったり、手作業で移植していくため、手術に時間がかかるというデメリットがあります。

また、医師の技術が必要となるため、安い料金だからといって選ぶと、失敗するリスクも生じますから、評判の良いクリニックや医師を選ぶことが大切です。

植毛FUT法(薄毛治療)の発毛の効果は?リスクとデメリット・副作用とは?

上手な医師・クリニックの特徴

修正治療としてFUT植毛治療を行う場合は、傷跡や副作用などの心配があるので、上手な医師を選ぶことが非常に重要と言うことができます。

この場合の上手な医師としては、実績がある医師ということが挙げられます。ですから、FUT植毛治療に関して多くの手術を行っているような医師を選ぶと良いでしょう。

そのような医師の場合には高い技術を持っていると同時に手術の様々な事例を知っているので、一人ひとりの患者さんに合った方法を提案しやすいと言えます。

そして、この場合にはしっかりとカウンセリングをして、患者さんの症状や体質などを把握すると同時に、手術に関するメリットやデメリット、必要な費用などについても分かりやすく丁寧に説明してくれる可能性が高いでしょう。

また、上手な医師の場合には、実際にその手術を体験した人が満足していることを表明することも多いと考えられます。

以上のように、FUT植毛治療では上手な医師を選ぶことが大切ですが、これを自分だけで調べようとするとかなり時間がかかったり、難しかったりします。

それに対して当相談所では信頼できる名医に関する情報を用意しており、ご紹介が可能ですので、修正治療を行ってみようかと考える場合にはお気軽にご相談下さい。

植毛FUT法(薄毛治療)のメリット・効果

植毛FUT法(薄毛治療)の場合、FU(毛包)単位の株(グラフト)分けを行うことができますから、定着率が高くなりやすく、術後のショックロスが限られます。

再発・再手術が少ない点がメリットとなります。

また手術時間は早くすみます。

ただし、この治療法では、切開部は長方形に切り取るため、後頭部の1本線の傷跡や定着しないなどの失敗例があります。

植毛FUT法(薄毛治療)のデメリット・リスク・後遺症

FUT植毛治療のデメリットの1つに傷跡が一直線で大きいことがあります。確かに、毛根切断率が低いのですが、ドナーを採取した後頭部に1本線が白く残るというデメリットがあります。

FUT法の場合には、後頭部からドナー株を採取するためにメスを使って横長の短冊状に皮膚ごと毛根を切り取ることになります。

これが植毛FUE法よりも劣っている点です。

もちろん、医師の技術力によって大きく左右されます。
技術力のある名医を探すことが重要です。

また、ロボット植毛(アルタス)と違い、医師の技術によって仕上がりにムラが出ます。

FUT植毛治療のリスクに「定着しない」ことがある

移植先で定着しないリスクもあります。

自毛植毛のFUT植毛治療をしても毛が移植先で定着しないことも考えられます。定着率は高いFUT植毛治療ですが、移植手術の際に毛根を傷つけたり、術後のケアが足りなかったり、生活習慣などの影響などで定着せずに抜けてしまうこともあります。

また医師の技術不足や毛根の細胞を採取してから移植するまでの時間が長くかかり過ぎることなども毛根が定着をしない原因に考えられます。

傷跡が一直線で大きい場合があります

自毛植毛のひとつであるFUT植毛治療は、メスを使った治療法です。一般的に行なわれている薄毛の治療法で、毛髪を皮膚ごとメスを使って切り取り植毛します。

メスを使うため傷跡は残る可能性がありますが、皮膚が張っている場合や移植する本数が多い場合に、皮膚を切り取った傷跡が一直線で大きいものになることがあり、短髪では傷跡が目立つことがあります。

ショックロスという現象のリスクがあります

手術後にショックロスという一時的に髪の毛が抜ける現象が起こることがあるのもFUT植毛治療では考えられることです。全ての人に起こる現象ではないものの、植毛をしてから1〜2ヶ月程度経過すると移植した部分の既存にある髪の毛が抜けることがあります。

一時的な症状なので経過と共に新しい髪の毛は生えてきますが、男性型脱毛症の影響が強い場合は生えてこない場合も考えられます。

植毛FUT法(薄毛治療)の失敗・修正・トラブル

AGAの治療法の1つとして自毛植毛が行われることが多く、この治療法ではメスを使わないFUTとメスを使うFUTの2つの方法があります。

FUT植毛治療の場合は、側頭部や後頭部の皮膚を毛根ごとメスで切り取って薄毛の部分に移植するというやり方で、髪の定着率が高いためこれを行うクリニックは多いとされています。

ただ、手術の形になるので失敗することもあり、それらを調べた上で薄毛の修正術としてFUT植毛治療を行うかどうかを決めることが大切です。

FUT植毛治療で手術を受けた際の失敗の例として、まず挙げられるのが傷跡です。この場合は皮膚ごと毛髪を切り取るので、1本の線状の跡が残りますが、これが目立ったままになってしまう場合もあります。

また、手術中に麻酔によって気分が悪くなることもあります。

そして、麻酔が切れた後に強い痛みが長く続いてしまう場合もあり、さらに、手術の副作用として顔やまぶたなどが腫れたり炎症で熱が出たという例もあるとされています。

以上のように修正治療の場合には育毛効果だけでなく、治療の副作用や満足度について考える必要があります。

特にFUT植毛治療では数時間かかる手術になり、手術が成功した場合でも手術後はある程度の痛みが出ることが考えられるので、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

 

特集:FUT植毛治療の失敗

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

植毛FUT法(薄毛治療)のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

植毛FUT法(薄毛治療)はアフターケアをしっかりしないと失敗してしまいます。
1週間程度は安静が必要ですし、血流がよくなることは避けて下さい。

植毛FUT法(薄毛治療)の麻酔・痛み

麻酔の種類としては、は植毛FUE法と同様に、全身麻酔や静脈麻酔が使われています。

手術時間は顔の整形手術よりも長くなることが多いので、しっかりとした病院を選ばなければ医療ミスにつながります。

麻酔の専門医がいると安心です。

植毛FUT法(薄毛治療)の料金・費用・値段

安かろう悪かろうになってしまうので、名医を選ぶ上では値段の面だけ考えるのはまずおすすめしません。

植毛FUT法(薄毛治療)の名医・おすすめ病院

植毛FUT法(薄毛治療)においては、料金を下げることで患者数をさばいているクリニックでは手術のクオリティも下がっていることが考えられます。

自毛植毛手術は、移植した毛根細胞が定着して成功といえます。しかし、中には定着しないという事も起こる可能性があります注意してください。

当相談所でおすすめの名医をご紹介いたします。

名医を選ぶことが自毛植毛を成功させます

薄毛の治療のひとつのFUT植毛治療は、定着率が高く自毛植毛ではこの治療法が行なわれることが多いですが、定着せずに抜けてしまったり、傷跡が大きく残ることなどのリスクもあります。

自毛植毛を成功させるためには技術や知識が豊富な名医にお願いすることが大切で、こちらの相談所で紹介してもらい薄毛の悩みを解消されることをオススメいたします。

植毛FUT法(薄毛治療)の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

植毛FUT法(薄毛治療)の口コミ・体験談・評判

男性 植毛FUT法(薄毛治療)の口コミ・体験談・評判

プロペシアで結果が出ずに植毛を決意しました。

2000株で150万円程度かかりましたが、結果は良好です、今のところ抜け毛もあまり感じられないので定着しているのだと思います。

男性 植毛FUT法(薄毛治療)の口コミ・体験談・評判

M字はげと頭頂部はげの両方から薄毛になってしまい手術をしました。
FUT法は傷跡が強く残ると聞いていたのですが、上手なドクターに当たったのか、後ろから見ても全く違和感はありません。成功だと思います。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*