フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク
フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク

ゴルゴラインのくま解消の美容整形を理解するポイント10個まとめ

このページでは、ゴルゴライン・くまの美容整形のリスクが知りたい方に、手術のポイントを解説しています。

裏ハムラ法やミッドフェイスリフトで効果が無いなんてこともあるので注意しておきましょう。

 ゴルゴラインのくまの美容整形の手術・レーザー治療

ゴルゴラインとは、有名漫画の主人公ゴルゴ13の名前にちなんでつけられたものですが、正確にはミッドチークラインと言い目頭から頬に向かって下方斜めにできるくまのようなしわのことです。

ゴルゴラインのクマの美容整形で有効なのは、ヒアルロン酸や脂肪、再生医療などに薬物を注入する注入系の治療です。
何かを注入することでくぼみ自体を解消することができるのと比較的手軽で身体へ負担が少ないのが特徴です。

ゴルゴラインのくまの美容整形を注入法によって行う場合には、それなりの高度な技術力を持ち経験豊富な名医に施術を行ってもらうのが良いといえます。

ゴルゴラインのくま解消の美容整形を理解するポイント10個まとめ

ゴルゴラインのくまの美容整形のメリット・効果

注射を行ってゴルゴラインのこけを目立たなくさせるというプチ整形に分類されるような美容整形の場合には、効果は半永久的ではありません。

ですが料金は低 いので手軽に挑戦しやすい方法だということもできます。また、ダウンタイムも短いので、日常生活に支障がないことも魅力でしょう。
一方で、いちどの手術でしっかりとゴルゴラインのこけの美容整形の効果を得たいというなら、メスを使って行うリフトアップのような手術に踏み切るのも良いでしょう。

ゴルゴラインのくまの美容整形のデメリット・リスク・後遺症

サーマクールやウルトラアクセントなどの照射系の美容医療や顔全体を引き締めることでしわを改善するフェイスリフトなどもゴルゴラインのくまの美容整形に は効果的ですが、照射系の治療は強いたるみやしわにはあまり効果が期待できないことと、フェイスリフトは逆に効果は高いですがその分体への負担やリスクが 高い方法といえます。

逆に老けてみることもある

目元を若々しくするのに効果があるゴルゴライン・くまの美容整形の手術として糸を通して行う方法がありますが、これは繊細な技術が要求されるので失敗してしまう可能性が高い手術です。

医師の技術不足により皮膚のたるみがひどくなったりするので、裏ハムラ法やミッドフェイスリフトで効果が無いといった結果になる恐れがあります。

皮膚のハリが出ない場合もある

ゴルゴライン・くまの美容整形の手術で皮膚をメスで切開しない安全なものに、注入物によるアンチエイジングの方法があります。体に負担の少ない手術として人気が高いですが、実はヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無い場合もあるのです。

目元は皮膚が薄いのでボリュームを出すのが難しく、注入物の不足などで改善できないことがあります。

手術による体の負担について

糸を通してリフトアップしたり美容成分を注入するゴルゴライン・くまの美容整形の手術は、どちらも施術を受けることで体に内出血や腫れなどの問題が起こります。

人の体質によっては内出血が二週間以上も治らないことがあるので、働いていて長期の休みが取れない人はその点も踏まえて受けるかを検討した方が良いです。

ゴルゴラインのくまの美容整形の失敗・修正・トラブル

アフターケアについてはヒアルロン酸の注入の場合はあまり気にする必要はないですが、皮膚再生療法PRP注入の場合は腫れがしばらく続く恐れもあります。

裏ハムラ法やミッドフェイスリフトで効果が無いのはなぜ?

ゴルゴライン・くまの美容整形の失敗、ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無いってどういうこと?

裏ハムラ法やミッドフェイスリフトで効果が無い原因は、高度な技術が必要になることから、医師の腕により効果が左右されやすいことが原因と考えられます。

医師に技術が無施術が行われてしまうと、引っ張り上げたたるみのせいで小じわが増えたり、眼窩のくぼみが大きくなってしまったりと、術前よりもひどくなることがあります。

非常に繊細な技術を必要とすることから、医師選びの大切さを改めて考えさせられます。

ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無いのはなぜ?

ヒアルロン酸注入で効果を感じられないときの原因は、医師の腕による失敗がほとんどです。
ヒアルロン酸の注入は効果が得られる部位に行っているため、注入をしたからといっても効果の無い部位にしてしまっては、何の効果もありません。

PRP注入は、ゆっくりと時間をかけて皮膚を活性化させますので、その効果には個人差があります。
1~2ヶ月ほどして効果が得られても即効性は無く、個人差によるゆるやかな変化なのも原因の1つです。

内出血や腫れが起こると

気になるゴルゴライン・くまの美容整形で、内出血や腫れを引き起こしてしまうトラブルも少なくありません。
顔の皮膚の中でも、とくに皮膚の薄い目元や額は、腫れや内出血を起こしやすい部位ですので、コンシーラーやお化粧で隠せないほどの内出血になることもあります。

腫れに関しても、目元の腫れは目立つ部位ですし、腫れはお化粧で隠せるものではありませんので、時間が経てば治まってくるといわれても、どうしても気になってしまいます。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

ゴルゴラインのくまの美容整形のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

注入法におけるゴルゴラインのクマの美容整形のダウンタイムは、何を注入する科によっても異なります。
ヒアルロン酸の場合はあまり考えなくて良いですが、脂肪の場合は採取する部位へのダウンタイムもあるので注意しましょう。

ゴルゴラインのくまの美容整形の麻酔・痛み

麻酔も費用が高くなっても安全性重視で専門医がいると安心です。費用の安さなどでクリニックを決めてしまうと後で後悔する結果になりかねませんのでそれだけは避けるようにしましょう。

ゴルゴラインのくまの美容整形の料金・費用・値段

料金相場はそれぞれ治療方法により異なりますが、ヒアルロン酸やFGFによる注入は10万前後、PRP皮膚再生両方の場合は20~40万、脂肪注入の場合は1部位で30万、何か所も注入する場合にはさらにかかることがあります。

ゴルゴラインのくまの美容整形は、安いところで35,000円ほどで行われているところがありますが、注入する量やヒアルロン酸の種類によって費用がもっとかかることがあります。

慣れていない医師が行うと、表皮の下にある真皮層の浅い部分にいれてしまい、肌表面に目立つ形で膨らみができて、みみず腫れのように見える失敗を起こしてしまうことがあります。

きちんと真皮の深層部から脂肪層あたりに注入してくれる医師に施術をお願いするべきです。

施術はすぐに終わるので、忙しい人にも適した方法です。

1年程度経過するとヒアルロン酸は吸収されて行くので、定期的にメンテナンスを受けに行って、追加で入れてもらうなどの対応が必要です。

ゴルゴラインのくまの美容整形の名医・おすすめ病院・皮膚科

経験が未熟な医師が行うと、注入しすぎて不自然なライン名になるなどの失敗が考えられるので、当相談所を利用しながらゴルゴラインのくまの美容整形の名医を探していくのが望ましいといえるでしょう。

良い医師に治療してもらうメリット

フェイスリフトの手術や注入物の手術にしても、しわがひどくなったり効果が無かったりといったデメリットがあります。腕の良い医師に診てもらうことによって、そのデメリットを軽減することが可能です。

名医は人件費かかるため安価なクリニックには常駐していないので、料金が高いクラスのクリニックの利用をおすすめします。

まずはカウンセリングで相談するのがおすすめです

ゴルゴライン・くまの美容整形は、とてもデリケートな悩みです。
美容に関しての医者選びは、医師や医院の評判だけでなく、その後のアフターケアやカウンセリングなど、自信の悩みにあった施術はどのようなものかなど、不安が尽きません。

これから施術を考えている方だけでなく、ヒアルロン酸注入やPRP注入で効果が無いなどの悩みに対して、対処法やアドバイスについて話せる人がいると、心強いものです。
だからこそ、相談することをおすすめします。

ゴルゴラインのくまの美容整形の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

ビフォーアフターの応募受付中です。

ゴルゴラインのくまを解消する効果的な美容整形と名医

ゴルゴラインのくまの美容整形の口コミ・体験談・評判

ゴルゴラインのくまの美容整形の口コミ・体験談・評判

ゴルゴライン、くまの治療で下眼瞼脱脂による脱脂をしました。併せてマイクロCRFをしてもらい満足いく結果となりました。生まれつきのゴルゴラインのクマで悩んでいたので、とてもよかったと思います。術後は1週間程度で外に出られるようになりました。

ゴルゴラインのくまの美容整形の口コミ・体験談・評判

クマの治療でハムラ法の手術をしました。切開をするタイプで同時に目の下のたるみも取ることができました。唯一ショックだったのが、担当医が傷跡を少なくするお薬を出し忘れていたということで、1か月の時点でそれが発覚し、憤りがありました。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*