脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

筋肉削除術(ふくらはぎ)の効果と失敗・リスクを大分析!

筋肉削除術(ふくらはぎ)の手術・美容整形

ダイコン足を修正する治療として、挙げられるのは下腿筋肉縮小術が代表的かと思われます。ダイコン足の原因となっているのは、筋肉量が多い方が圧倒的に多い事例です。修正手術をご紹介してまいります。

ふくらはぎを痩身する手術については、筋肉と神経の2種類に分ける事が出来ます。

筋肉を部分的に削り取る方法(筋肉削除術)・・

ふくらはぎには3つの大きな筋肉がございます。
その肥大している筋肉を部分的に削り取って、ダイコン足を修正していきます。
膝の裏側から数センチの切開をしてアプローチを施します。
確実性の高いふくらはぎ修正です。

その他には筋肉を動かす神経を切断する方法(筋萎縮術)がございます。

筋肉削除術(ふくらはぎ)の効果と失敗・リスクを大分析!

↓↓関連する治療法↓↓

大根足修正(ふくらはぎ)

筋萎縮術(ふくらはぎ)

筋肉削除術(ふくらはぎ)のメリット・効果

ふくらはぎの痩身は脂肪吸引で解決がしづらいというデメリットがありますので、筋肉が増大している方の場合には筋肉削除法などが適しているのです。

ボトックスはプチ整形なので、半永久的なふくらはぎの治療方法を期待する場合には、筋肉削除術(ふくらはぎ)をお薦めいたします。

筋肉削除術(ふくらはぎ)のデメリット・リスク・後遺症

神経を傷つけてしまうと歩行障害になってしまいます。
未熟なドクターを選択するのはやめてください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

筋肉削除術(ふくらはぎ)の失敗・修正・トラブル

筋肉削除術(ふくらはぎ)の失敗を3種類のご紹介で説明した通り、手術に失敗してしまいますと、神経麻痺、歩行生涯が起こる事も考えられます。

ただし、技術的にもドクターの経験値に大きく左右する事がありますので、是非ふくらはぎの名医を選択しなければなりません。

筋肉削除術(ふくらはぎ)のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

ダウンタイムは1~2週間程度となります。
歩行は徐々に容易になっていきます。

筋肉削除術(ふくらはぎ)の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔か静脈麻酔が適応される事が多いです。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

筋肉削除術(ふくらはぎ)の料金・費用・値段

30~50万円前後を目安にしてください。他にカウンセリング代・麻酔代・薬代は別途かかります。1度カウンセリングを行い見積もりを出してもらうと良いでしょう。

筋肉削除術(ふくらはぎ)の名医

技術的にも、筋肉削除術(ふくらはぎ)を出来るドクターは限られています。
そのため、専門的なドクターを選ばなければ、脂肪吸引を提案されてしまう可能性があります。

ふくらはぎ痩身は普通の脂肪吸引とは異なりますので、是非、名医を選択してください。

筋肉削除術(ふくらはぎ)の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

筋肉削除術(ふくらはぎ)の口コミ・体験談・評判

女性 筋肉削除術(ふくらはぎ) 口コミ・体験談・評判

筋肉削除術について、教えていただきたいです。昨年、NICRをうけ、ふくらはぎは以前より細くはなりましたが、やはり少し物足りなく感じ、削除術に興味がわいてきました。大阪ではクリニックはありますか?

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*