脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射の効果と失敗・リスクを大分析!

リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射の手術・美容整形

皮下脂肪がある箇所になら、広範囲な箇所に注射する事が出来ます。

定期的な脂肪溶解注射により、痩身効果を実感できます。

リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射の効果と失敗・リスクを大分析!

リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射のメリット・効果

脂肪吸引は怖いけど、痩身治療(やせたい)と言う方に対して、効果的な治療です。

従来のメソセラピー、脂肪溶解注射と比較して強力な効果を得られます。

効果には個人差がありますが、平均1~2週間程度で現れ、月に1回程度で3~5回の 間隔で注射する事で効果を実感できると思います。

リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射のデメリット・リスク・後遺症

脂肪溶解注射には、傷跡、かゆみ、炎症的感覚、赤み、腫れ 手触りに対する敏感さ、くぼみ、小塊等の副作用が可能性として考えられます。
どの様な治療にも、必ずリスクが伴います。それをしっかりと説明してくれるクリニックを選択される事をお数s目いたします。

リポビーン(LIPOBEAN) 脂肪溶解注射の失敗・修正・トラブル

リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射は永久的な治療ではないのです。
脂肪溶解注射(メソセラピー)はプチ整形の感覚で、治療できる反面、効果が薄いことがありますので、費用対効果の面では脂肪吸引よりは劣るのではないかと思われます。

リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

ダウンタイムは1~3日程度です。
ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷や事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。
個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、局所麻酔が適応される事が多いです。

その他の麻酔の種類としては、局所麻酔、静脈麻酔、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射の料金・費用・値段

費用は1回の注射で1~2万程度である事が多いです。

他にカウンセリング代・麻酔代・薬代は別途かかります。1度カウンセリングを行い見積もりを出してもらうと良いでしょう。

リポビーン(LIPOBEAN) 脂肪溶解注射の名医

メソセラピーという治療を選択するのであれば、医師の技術はもちろん大切ですが、少なくとも医学的に認められている材料を選択してください。

医師の技術次第で大きく仕上がりは変わってくるものと思われます。プチ整形ですが、名医を選択しようとすればこだわりたい点は多くございます。奥が深い治療です。

リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

リポビーン(LIPOBEAN) 脂肪溶解注射の口コミ・体験談・評判

女性 リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射 口コミ・体験談・評判

リポビーンをうちました。すごく腫れていていたい、です。
リポビーンの場合は触らないほうがいいのでしょうか?それとも、マッサージしたほうがいいのですか?

女性 リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射 口コミ・体験談・評判

21歳の女性です。ボトックスを3回打っており、脂肪溶解をほほ(1回)、あごした(2回)行い、同時にレーザーも行い湘南美容外科でエクシリスアドバンスという脂肪溶解とレーザーセットになっているものを行いました。

同時にダイエットで5キロ痩せた為ほほは痩せた気がしますが、あごしたがまだ気になります。

“リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射の効果と失敗・リスクを大分析!” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    リポビーンを顔に打ちたいと考えてるのですが効果はどうなのでしょう?少しでも丸顔をシュッとしたいので>_<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*