美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

埋没法のデメリット4つのまとめ

埋没法のデメリットに関する解説です。

また当相談所では、埋没法の名医の紹介・ご相談を承っています。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

埋没法のデメリット

埋没法のデメリット

埋没法は美容整形の中でも、ご要望と顔全体のバランスを考慮した綿密なカウンセリングが重要ですが、それにも関わらず、埋没法に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。

それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

埋没法のデメリットについてまとめを作りました。

埋没法のデメリットその1 一重に戻る可能性がある

埋没法のデメリットは元に戻ってしまう可能性があることです。髪の毛より細い特殊な糸を使用して留められているのですが、糸が緩んでしまい二重のラインが薄くなったり、劣化して切れてしまうこともあります。様々なクリニックで戻ってしまわないよう工夫がされているのですが、まだ完全に保証できるまではなっていないです。

埋没法のデメリットその2 眼球を傷つける恐れがある

まぶたの裏側から二重まぶたを作りたい線にそって糸を留めるのですが、まぶたの裏で結んだ糸の結び目が眼球を傷つける恐れがあるのです。これはまぶたの裏に糸を通さないで行う拳筋法という方法を用いる事で解決できます。しかし拳筋法は術後に糸を取り出すのが非常に困難ですので注意してください。

埋没法のデメリットその3 まぶたに負担をかける

どの手術でもそうですが、やはり美容整形は体に負担がかかります。埋没法は気に入らなかったら元に戻すことができますが、何度もそれを繰り返すとまぶたに負担がかかりまぶたが埋没法に耐えられなくなってしまうことがあります。繰り返し埋没法を行うと二重のラインが作れなくなることがあるので、理想の二重ラインをカウンセリングで伝えることが大切です。

埋没法のデメリットその4 二重のラインが末広になりやすい

埋没法の場合、末広になりやすい(平行二重になりづらい)というデメリットがあります。
これは日本人の目の形の問題で、施術を行っても、末広の二重になる事が多くなります。
勿論、平行に仕上げるという事も可能ですが、無理に平行に仕上げようとすると、短期間で糸が取れて元に戻ってしまう原因となります。
それだけに、埋没法で二重まぶたを作りたいと考える時は、末広の二重になる可能性が高くなります。

名医の施術を受けたいと考えるのなら

埋没法で、綺麗な二重まぶたを手に入れたいと考えた場合、重要になってくるのが技術力です。
少しでも安く施術を受けたいと考える人は少なくありませんが、すぐに戻るのでは意味がありません。

技術力の高い施術を受ければ、仕上がりが綺麗になるだけでなく、良い状態が長続きする可能性が高くなります。

実際に、名医 の施術を受けたいと考えたら、当相談所でご相談下さい。
安心して施術を任せる事が出来る名医を紹介しています。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*