目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

目を二重にする整形(プチ整形と手術)ー費用と失敗を解説!

目を二重にする整形(プチ整形と手術)の手術・美容整形

目を二重にするための手術としては、埋没法のプチ整形から部分切開全切開の本格的な手術があります。

ダウンタイムやご予算に応じて提案が必要になるかと思いますが、その特徴を見ていきましょう。

目を二重にする整形(プチ整形と手術)ー費用と失敗を解説!

目を二重にする整形(プチ整形と手術)のメリット・効果

埋没法のメリットは、ダウンタイムがたいへん短く数日間で社会復帰・外出ができるようになります。

切開法のメリットはその固定力にあります。埋没法よりも固定力が強く、二重ラインの消失率・修正確率も低いです。

日本人の場合には、埋没法を何度かされてから、全切開やミニ切開を検討される症例が多いです。

釈由美子と同じ目になる整形方法とは?

タレントの釈由美子さんは目元がパッチリとしていて印象的です。そんな彼女のような目元にするには美容整形でなることができます。二重整形はいろいろな方法があります。

種類は二種類あり、蒙古ひだのある末広型と蒙古ひだのない並列型があります。日本人は蒙古ひだがある場合が多く、末広型になることが多いです。

目頭切開手術は、めがしらからまぶたの上に重なっている蒙古ひだを切開します。そうすることで、横幅を広げることが可能になり、切れ長で大きくなるのです。

また、涙袋を形成することもできます。笑ったときに目の下にできるのが涙袋ですが、ヒアルロン酸の注射をするだけで、ふっくらとさせることが可能です。施術時間はわずか数分で、メイクも当日から可能になります。

涙袋は女性らしい印象を強調し、頬から下が小さく見える小顔効果も期待できるのです。アイプチなどで自力で作る場合も多いですが、美容整形でもメスを使用せず簡単にできます。

また、メイク前でも状態を維持することが可能になります。

その他二重まぶたの整形方法も数種類あります。切らない埋没法や部分切開法、全切開法などです。手軽に行なう場合は埋没法がよいでしょう。部分切開は脂肪の一部を取り除いて作ります。

全切開法は、埋没法では出来ないような、よりはっきりとしためもとを希望している場合におこないます。

このように、施術方法もさまざまな種類があります。施術をおこなう場合には、クリニック選びも重要になります。カウンセリングをおこない、技術力の高い医院を選ぶことが大切です。

また、どんな手術でもリスクは伴います。リスクも理解したうえで手術に臨む心構えも大切です。自分に合った施術方法で憧れの釈由美子さんのような二重になることができます。

目を二重にする整形(プチ整形と手術)のデメリット・リスク・後遺症

目を二重にする整形のデメリットは、二重ラインが消失する可能性があるということです。

特に埋没法だと消失リスクが高く、瞼が厚ぼったい方の場合は数年程度でほとんどとれてしまいます。

筋肉や眼窩脂肪あるいはROOFの内部処理を行った全切開を行うことが必要となります。

眠たい目元に見える、三重になってしまう失敗

二重ではなく三重になってしまうこともあります。加齢により三重になりやすい場合があったり、上手く二重技術が伴わない時にも、三重になり失敗となってしまいます。

加齢や目元のたるみに上手く対処できる医師でなければ、二重整形は綺麗に仕上がらないのです。

三重になると老けた印象が強まり、実年齢よりも年上に見えてしまうため、可愛らしさとは遠くなるデメリットがあります。

眠そうな印象を与えてしまい、イメージも良くありません。

二重にならないというデメリットもある!目を二重にする整形の仕組みと流れ

目を二重にする整形は、二重にならない失敗例もあります。

ぱっちりとした大きい二重は、可愛らしい印象で憧れますね。目を二重にする整形は、リーズナブルで簡単にできるものもあり、やったことがある方も多いはずです。しかし、二重にならないといった悩みも出ているのです。

通常、整形前にカウンセリングやシミュレーションを行い、その人にどんな二重が合っているのか確認をします。この時にしっかりと説明を受けていなかったり、無理矢理、二重にした場合、二重にならないことがあります。

左右差が出ると可愛さも半減してしまいます

目の上にたるみが多い場合、左右差が出てしまうことがあります。埋没法ではあまりないのですが切開では確率が高く、手術前の説明不足だったり、医師の技術力が低かったりと原因があります。左右差が出てしまうと自分にも違和感がありますし、不自然に見えてしまうので、結局やり直しが必要になってしまいます。せっかく綺麗になろうと行った手術がコンプレックスになってしまっては意味がありません。

目を二重にする整形(プチ整形と手術)の失敗・修正・トラブル

二重ラインが消えてしまう失敗例や左右差、デザインミスなどがトラブルとして考えられます。

二重形成を専門とするドクターを選ぶことで、失敗リスクは最小限になります。

下手な医師が治療にあたると、手術後に糸がほどけて結膜・眼球を傷つけてしまうことも考えられます。

目を二重にする整形に失敗して左右差が!で失敗例をまとめました。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

目を二重にする整形(プチ整形と手術)のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

埋没法は専用の糸で留める方法となり、ダウンタイムが4日程度と比較的に気安く受けられます。
たいして切開法晴れと内出血が2週間ほど続きますので、スケジュール的に余裕のある方が良いと思います。

目を二重にする整形(プチ整形と手術)の麻酔・痛み

麻酔は極細針が使用されるクリニックもありますので、痛みが心配な方はご紹介したいと思っています。
希望する施術法によりアフターケアの仕方も異なりますので、相談窓口でご説明できればと思っています。

目を二重にする整形(プチ整形と手術)の料金・費用・値段

埋没法の料金相場は10万円、全切開の料金相場は30万円程度となっています。

クリニックによって費用には違いがありますが、麻酔料金が含まれていないクリニックもありますので事前にチェックが必要です。

目を二重にする整形(プチ整形と手術)の名医・おすすめ病院

デザインをしっかりと汲み取ってくれる名医が良いです。
左右差やデザインの不一致による修正は後を絶えません。

患者の希望に合わせてデザインを提案・手術をしてくれる実績豊富なドクター選びを行えるかどうかが名医選びのポイントとなります。

名医の技術力で仕上がりが変わります

失敗してしまう主な原因は、主に説明不足と医師の技術力の低さにあります。腕が確かな医師を探すなら、美容整形の名医相談所へご連絡ください。お悩みに合わせた技術力の高い名医を紹介しています。

カウンセリングもしっかりと行いますので、原因が取り除かれます。医師は多数在籍しているので、相性の良い医師に出会える確率も高く安心感が違います。メールで紹介することもできますので、いつでもご連絡ください。

目を二重にする整形(プチ整形と手術)の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

写真の目は平行型の二重瞼ですが、こういった二重にするためには、全切開+ROOF切除+目頭切開といった手術を組み合わせて実現できるケースが多いです。

目を二重にする整形(プチ整形と手術)

目を二重にする整形(プチ整形と手術)の口コミ・体験談・評判

目を二重にする整形(プチ整形と手術)の口コミ・体験談・評判

元々一重でアイプチもあまりうまくいかず、コンプレックスだったため決意しました。
初めての整形なので切開法は考えていません。また急激な変化も少し怖いので末広型の二重で、幅の広さもあまり欲張らないようにしようと考えております。

半年から1年に一度注射をしてもらっていて、自分的には満足しています。

目を二重にする整形(プチ整形と手術)の口コミ・体験談・評判

二重全切開切開手術を行いまして、術後後の経過が心配です。
まだ抜糸前なのですが、切開戦の上に皮膚が乗ってる状況です。これは正常かどうかがわかりません。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*