美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)のメリットについて

鼻中隔軟骨を使った鼻中隔延長とは?

鼻中隔延長術は鼻尖を下向きに長くする施術であって、自分の鼻にコンプレックスを持っている人におすすめのサービスです。利用するときには美容整形外科に行くと施術をしてもらえます。鼻中隔軟骨を使用した、鼻中隔延長はしばしば体験談が集まってきています。と言うのも、この手術は、耳介軟骨の移植と共に、鼻中隔延長の看板メニューともいえる手術材料であるためです。

当相談所でご相談にのっている方の中で、鼻中隔軟骨を挿入して鼻中隔延長を行った方の割合は、15人中7名でありました。その中でも鼻中隔軟骨を使用した理由として多かったのが、変形確率が低いという理由でした。

鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)のメリットについて

鼻中隔軟骨は変形しづらい?

データを比べると分かりますが、鼻中隔延長で使用する材料では、鼻中隔軟骨や耳介軟骨は術後1年後の変形確率が低いため、質の良い材料とされています。それでもポイントがあって、普通に軟骨を挿入するのではダメで、軟骨の組み合わせに留意する必要があります。

どんな効果がある?

生まれつきの体型で鼻が短すぎる方や鼻尖が上向きになっている方は、通常の状態でも照明から見て鼻の穴が見えてしまうのです。しかし鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)をすることによってそれを改善できます。ということは今までのコンプレックスを修正できるため、見た目も良くなり気持ちも前向きになるメリットがあるのです。

L型プロテーゼの修正に最適

また隆鼻術でL型プロテーゼを使用した場合、鼻が上向きになる症状もあります。

これも改善可能で鼻中隔軟骨を採取して継ぎ足すことにより補正するのです。そうすることで鼻を下向きに長く出来ます。ちなみに耳介軟骨や助軟骨を採取して鼻中隔軟骨に使うことになるのです。施術を行う際は技術力のあるクリニックを利用するとトラブルに巻き込まれないで済みます。

鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)のメリット

病院探しは入念に!

鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)を受ける場合は失敗のリスクもあるため、きちんと理解しておきましょう。リスクとしては軟骨の変形によって呼吸がしづらくなる場合もあります。キレイな鼻を手に入れられるメリットもがあるのですが、基本的に難易度の高い施術となっているので腕の良いドクターに依頼するのが必須です。失敗を回避するためにはドクターやクリニック選びはかなり重要になってきます。
鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)を受けられるクリニックにはホームページが用意されているところもあって、ここを見ておくとそのクリニックの技術力をある程度把握できるのです。実際に鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)をした人の写真が掲載されているため、施術後の状態をかなり明確に知る事ができます。

形成外科認定医以外のドクターには注意しよう。

ホームページにはドクターの経歴なども書かれているのでこれも見ておくと良いです。また当相談所では鼻中隔延長術(鼻中隔軟骨)を安全にできる名医の紹介をしているので、安全に施術を行いたい人はお気軽にご相談ください。

失敗しないための美容整形の相談所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*