美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻孔縁下降術の失敗例3つと修正手術ってどんなもの?

鼻孔縁下降術とは、鼻孔縁整形施術のひとつで、鼻の穴が前から見たとき、あるいは横から見たときに目立って見えてしまっている状態を施術によって直すことを指します。

鼻孔縁下降術は鏡を見たときに自分の鼻の穴が気になっている人や、鼻の穴が目立っているため人と話すときに正面を向いて話せない、あるいは話していても気が散るという人に人気がある施術方法です。

施術方法は、軟骨の移植が主となっており、鼻の穴を縁取っている軟骨を移植し縁の位置を下げる方法をとっています。 鼻の穴の内側から切開していくため、傷口が目立たないというメリットがあります。

一方で、鼻孔縁下降術の施術で失敗をしてしまうと、鼻の穴が左右違う大きさとなってしまい、さらに目立ってしまうという状態になる場合があります。 失敗したときの修正方法としては、軟骨の入れ替え、または抜去などの再施術が必要となるケースがあり、その人の程度によって修正が可能かどうかを判断します。

こちらのページでは鼻孔縁下降術の失敗や修正についてご案内致します。

鼻孔縁下降術の修正

鼻孔縁形成・下降術の注意点

鼻孔縁下降術の失敗例としては、縁を下げすぎてしまったり、下げたりなかったり、左右差ができてしまったり、といったことが挙げられます。

このほか、移植した軟骨がしこりになって残ってしまうこともあります。また、軟骨が吸収されてしまい、整形を受けたのに変化が感じられないというケースもあります。

正面から見たときに鼻の穴の目立つことに悩んでいる人に適した手術ですが、やりすぎるとバランスが悪くなってしまう可能性があります。
下げ過ぎると鼻の穴が小さく見えすぎて情けない印象になってしまう可能性もあります。

鼻はほとんどが軟骨組織でできているので、耳の軟骨などの軟骨組織を採取してきてそれを移植用に使います。

鼻孔縁下降術はまず耳の近くを切開して軟骨を取り出し、さらに鼻孔の前方部に裏側から縫合するという2つのステップが必要なので、時間がかかることが多いです。

1時間で終わることもあれば、2時間以上かかることもあります。

鼻孔縁下降術・修正は耳の軟骨を使いますので、

トラブル例まとめ

鼻孔縁下降術・修正では、正面や側面から鼻の穴が見えてしまう場合に軟骨を挿入することで鼻孔縁を下げる方法の施術です。鼻孔縁下降術では下降の施術を行っておけば、半永久的に見栄えが良くなり、鼻の穴が正面から見えてしまう方にはおすすめとなります。

鼻孔縁下降術の失敗事例は、縁部分の左右差が生じるケースや思ったほど鼻孔縁が下がらない、挿入した箇所の傷跡が目立ってしまう可能性があることです。さらに修正を行った部分がしこりとなってしまう事例もあります。

上手な医師の特徴

鼻孔縁下降術では原則として、鼻の穴の中を切開を行い、そこから耳の軟骨を用いて、鼻孔縁を下げる施術となります。上手な医師の特徴は、実際に自分が施術を行った時の写真などを用いて、詳細に施術の方法や事後の想定する結果を解説できる点です。

また鼻孔縁下降術・修正では耳の軟骨を採取するため、その採取する場所についてもしっかり解説を行うことも必要不可欠です。他にも鼻孔縁下降術の仕上がりは、医師のスキルが物を言うため、豊富な施術実績を持っていることもポイントとなります。

鼻孔縁下降術の失敗ってどんなもの?

失敗例と修正施術の方法

鼻孔縁下降術は整形施術のなかでは比較的安く、また施術に成功したときの効果は半永久的に続き、ダウンタイムによる腫れや痛みが続く期間も約2週間と平均的とメリットが多い施術方法です。

ただし、鼻孔縁下降術にも失敗例があり、鼻の縁が下がりすぎた、あるいは変化がない、そして左右非対称となってしまったというケースがあり、また軟骨移植がしこりとなってしまうこともあります。

そのときに行われる修正施術は、移植した軟骨の再入れ替えや抜去をおこない、適切な位置へと修正していきます。 医院によってはこの再施術を、1年以内であれば無料とするところもあるため、カウンセリング時や医院に行く前にホームページなどでアフターケアが万全なところかどうかを確認しておくことが大切です。

また、ドレーンの留置や小鼻縮小術、鼻中隔延長術にも精通している先生がおこなうことで、失敗のリスクを軽減できたり、あるいは修正時にも適切な施術を施すことができます。

リスク・失敗例を一つずつ解説

鼻孔縁下降術で失敗しないためには、顔全体のバランスを整えることを重視する必要があります。鼻孔縁下降術を受けると鼻の穴の見えている部分を軟骨によって隠すことができますが、欲張って隠しすぎるとかえっておかしくなります。

美容整形を受ける時には、ほどほどが大切ということです。

なので、どのような目的でどれくらい穴を隠すのかを理解しておきましょう。医師が鼻の骨の形から判断して手術方法を決定するので、納得するまで疑問をぶつけるようにします。

疑問点を残してしまうと、後で困ります。
麻酔は普通は局所麻酔ですが、静脈麻酔を使うこともあります。移植する手術では時間がかかることが多いので、注意しましょう。

下げすぎ、下げ足りない、左右がアンバランスになる、軟骨がしこりになる、などといった失敗が生じる可能性があるので、よく考えてみましょう。

当、美容整形の名医相談所では、不安も含めた相談が可能です。クリニックの情報や医師の腕の情報も教えてくれます。

鼻孔縁下降術の失敗

鼻孔縁下降術に失敗して軟骨の吸収が!

鼻孔縁下降術では、形を整える際に耳介軟骨移植を行うケースが非常に多いです。
これは、耳の軟骨の一部を利用した整形手術の方法で、自分の耳の軟骨の一部を使用するので、アレルギー反応などが起こりにくいというメリットがあります。
しかし、軟骨は時間とともに吸収されてしまうというリスクがあります。
軟骨の吸収が起きた場合には、整形箇所の変形や後戻りのリスクもあります。
この症状が出たら再手術が必要になります。

手術後の効果が無いとは

鼻孔縁下降術では、正面から見た時に鼻の穴が目立ってしまう「ブタ鼻」の症状を改善するのに最適な手術です。
鼻孔部分に軟骨などを挿入して、上向きだった鼻孔を下向きに修正していきます。
この手術では、もとの鼻の形によって向いている手術が異なり、医師による判断が必要になります。
適した手術が行われなった場合には、手術後の効果が無いなどのリスクが考えられるので、手術においては医師選びを慎重に行いましょう。

傷跡の感染症のリスクとは

鼻孔縁下降術だけに関わらず、切開や挿入を伴う手術の場合、衛生管理がきちんと行われていないクリニックでの手術や、手術後の医師の処置が正しく行われなった場合などに、傷跡からの感染症のリスクが伴います。
感染症を発症してしまうと、傷口がきれいに治らずに跡が残りやすいだけでなく、他の障害が発生する可能性もあります。
傷跡に異変を感じた場合には、早めに専門医に相談して、正しい処置を行いましょう。

カウンセリング重視の名医

鼻孔縁下降術では、手術における高い技術力だけでなく、手術の内容や手術方法の見極めなど正しい知識を持っている医師を選ぶことが大切です。
名医と呼ばれている人は、リスクを少しでも回避するためにカウンセリングを重視しています。
カウンセリングを丁寧に行うことで、手術の方法やリスクの説明だけでなく、不安を解消してくれるというメリットがあります。
医師の選択で仕上がりが変わるので慎重に行いましょう。

「おすすめのクリニック」「おすすめの病院」をご紹介しております

鼻孔縁下降術・修正では、一度施術を行えば半永久的に鼻孔縁が下がるため、顔の見栄えを良くします。切開の傷口も鼻孔の中を原則として耳の軟骨を挿入するため、仕上がりでも目立つことは少ないです。

ただ切開の施術を行うため、医師のスキルや経験、知識などが仕上がりに影響することもあります。当相談所では鼻孔縁下降術・修正を行ってくれるおすすめのクリニックを紹介することが可能です。
電話やメールなどにも対応しているため、お気軽にお問い合わせをしてみてください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*