美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻尖縮小術の失敗ってどんな状態になっちゃうの?

鼻尖縮小には失敗がある

鼻尖縮小術に失敗してしまうことはあり得ますので、まずは、失敗の種類について一つずつ考えていきましょう。美容整形の手術では、安い病院や若い医師で失敗してしまう例が後を絶ちません。その原因や失敗の種類を考察することで、リスク回避につながります。

鼻尖縮小術の失敗ってどんな状態になっちゃうの?

豚鼻になってしまう

ぶた鼻になってしまう可能性があります。ぶた鼻は別名アップノーズと呼ばれています。
鼻尖縮小術はだんご鼻の解消や太い鼻を細くする目的で使われて、そのために軟骨を鼻の中央に寄せます。この力が強すぎると、鼻の先端が上に引っ張られて、位置が上がってぶた鼻になってしまいます。

ピンチノーズ

他には、ピンチノーズといって洗濯バサミで挟んだような鼻になってしまうこともあります。鼻筋より鼻先が細くなってしまうと、小鼻と鼻先の間が凹んで、洗濯バサミで正面からつまんだような形状になります。

オウムのくちばし

正面からはわからなくても、横から見たときに鼻先が盛り上がって鼻がオウムのくちばし(ポリーピーク)のように変形してしまうことがあります。これは軟骨を中央に寄せたときに起こる失敗で多いです。

上向きの鼻(アップノーズ)

鼻先が上を向いてしまうアップノーズと言う失敗例もあります。これは糸で縛り付ける鼻尖縮小で起こり得る失敗例です。ただ、人によって美の基準は違うので、ややアップノーズ気味のほうが韓国や欧米では美しい顔と言われることもあります。日本でももともとの顔でアップノーズ気味の芸能人がいます。

失敗でした?成功でした?のアンケート

鼻尖縮小を失敗したか、成功したかのアンケートを取ってみました。すると想定通り、失敗した患者さんが多くいらっしゃいました。その原因を考察していきましょう。

鼻尖縮小の失敗

レーザー法などのプチ鼻尖縮小が原因

多くの鼻尖縮小術では、レーザー法などのプチ鼻尖縮小術が原因で失敗している実情が分かりました。これは技術が低いドクターでも行える鼻の手術ですが、仮にこれから切らないで鼻の手術ができないか?と考えている方は、ほとんどが失敗してしまうリスクをはらんでいるといっても過言ではありません。相談所のデータを参考にしていただければ一目瞭然ですが。

効果は期待できる?

鼻尖縮小術の失敗

以上の様に、鼻尖縮小術は失敗例が多くありまして、効果を期待できないこともあります。具体的には、鼻尖縮小術の失敗では、アップノーズ、ピンチノーズ、ポリーピーク変形、などがあるということです。

他には、鼻尖縮小術を受けたにもかかわらず変化がなかったというのも失敗のひとつとして数えることができます。勇気を出して整形したのに、思ったほど変わらないというのは結構ショックなものです。

鼻尖縮小術には切らないで糸で留めるだけの方法もありますが、鼻先の脂肪が多い人は切らないと効果が出ないこともあります。

また、鼻尖縮小術は皮膚が厚くてだんご鼻や鼻先が太くなっている人には、ほとんど効果が期待できません。

鼻翼軟骨移植ができないと失敗する?

鼻尖縮小術では、鼻翼軟骨移植ができると立体形成での鼻先の効果を上げることができます。なので失敗の確率は下がります。整形初心者の方はあまり知らないのですが、このポイントは守って頂いた方が良いです。上述したポリービーク変形のリスクも格段に減ります。なので、鼻翼軟骨移植ができないと失敗しやすいと考えてよいでしょう。

失敗しないための医師選び

軟骨が張り出している人や、脂肪軟部組織が厚い人には効果が期待できますが、皮膚が厚い人は適応外になってしまいます。
カウンセリングに十分時間をとってくれる医師であれば、適応手術は見抜けるはずです。カウンセリングの充実や執刀医とは別に麻酔の専門ドクターを用意している病院が最もおすすめです。技術的には、3D立体形成の鼻尖縮小術ができるドクターが一番正面・横のラインがきれいに出せます。

良いクリニックを探すには、まずは情報収集することが大切です。当相談所を利用すると効率よく情報が集められますので、ご相談はお気軽にメールをください。また医師の学科英研究もお調べしておりますので、気になるドクターはいるけど中々決め手がないという方も一度ご相談いただければ技術的な評価までいたしております。

失敗しないための美容整形の相談所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*