美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻尖縮小術の修正、大事なのはイメージの共有?

鼻尖縮小だけにかかわらず、美容整形の修正は医師と患者のイメージを共有することが必要です。鼻尖縮小の失敗例と原因および修正方法についてまとめましたのでご覧ください。

鼻尖縮小術の修正、大事なのはイメージの共有?

鼻尖縮小に失敗してしまう人の割合

鼻尖縮小に失敗してしまう人の割合は、下記のデータでもご紹介した通り、半数程度と多くいらっしゃいます。

※2016年7月にランダムに集計したデータです。

これだけ失敗している方がいるんですね。注意が必要です。しかも意外と知られていないことが問題ですよね。あまり口コミに上がってきていないのは、美容整形を人になかなか言えないからなんです。

鼻尖縮小の失敗

修正が成功する確率はどのくらい?

修正の成功確率は約70%です。

修正が上手くいく人の割合は、これは千差万別で、修正手術を行うドクターの技術によります。修正も失敗してしまうと、再建が難しくなる傾向があります。下手なドクターだと修正の繰り返しになりかねず、注意が必要なのです。

特に一度受けて失敗した人は医師を信じられなくなることがありますから、絶対にこの先生なら信じられるという人物を見つけて修正してもらうことが重要になってきます。

当相談所でご紹介している名医が鼻尖縮小の成功確率が最も高い順にご紹介を致しております。満足度が高い名医を選ぶことが大切です。

カウンセリングが重要

イメージを共有するには、言葉だけでは伝わらない可能性があります。イメージの共有を重視するクリニックであれば、3D画像などを用いてペンで理想イメージが書き込めるような装置を使っているところもあります。

実際に立体的にどのような形に仕上がるのかというイメージを知ることができるので、患者にとってメリットが大きいです。また、医師にとっても患者が希望しているイメージと自分が脳内で描いているイメージがマッチしているのかがわかるのは、安心です。

成功させるには立体的なイメージ作りというのは非常に有効な方法です。

鼻尖縮小術の修正

元に戻る術式がある

鼻尖縮小術は軟骨や脂肪の切除を行い、鼻の形を変える手術です。

鼻尖縮小術の失敗としては、ぶた鼻になってしまった、洗濯バサミでつまんだような形になってしまった、オウムのくちばしのような形になってしまった、といった変形が挙げられます。また、鼻尖縮小術では元の形に戻ってしまったり、手術をしたのに変わらなかったということで修正を希望する人も多いです。

鼻の整形をしても、体は傷ついた組織をできるだけ元の状態に戻そうとする回復能力があるので、手術から時間が経つと元に戻ってしまうことがあります。

手術をしたのに変わらなかったというのは、患者と医師のイメージの共有ができていなかったというのが原因です。最近ではプチ整形として切らない鼻尖縮小術もありますが、これは糸で軽く固定するだけなので、強度が弱いです。

安心できるクリニックを探そう

人によって軟骨が張り出している、脂肪が厚い、皮膚が厚い、などだんご鼻や鼻柱の太さの原因が違いますから、それを見極めてもらうことが必要です。安心できるクリニックを探すならば、美容整形のこちらの名医相談所に聞いていただければと思います。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*