美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

鼻翼縮小術のリスクとして有り得るのは?

鼻を小さくしたいという時に、鼻翼縮小術という手術が行われる場合も多いです。この手術は、鼻翼と呼ばれる小鼻の一部を切除することによって、鼻を小さくするという施術です。全体的に鼻が大きく、コンプレックスに感じているという人や、鼻の穴が大きくて、笑った時などに膨らんで目立ってしまうのが気になるという人におすすめされる手術となっています。鼻翼の外側を切除する方法と、内側を切除する方法の二種類があり、両方を使う場合もあります。個人の現在の状態によって、これらの方法を使い分けて手術が進められます。

鼻翼縮小術のメリットとしては、やはり鼻を効果的に小さくすることができるという点が挙げられるでしょう。幅の調整も可能です。しかし、傷跡や失敗などのデメリットやリスクも確かに存在しているため、注意しておくことが必要です。メリットだけではなく、リスクもきちんと理解してから、鼻翼縮小術の施術を受けるようにしましょう。

鼻翼縮小術のリスクとして有り得るのは?

不自然な仕上がりになってしまったら

鼻翼縮小術のデメリットやリスクは、いくつか存在しています。まず、傷跡の問題が挙げられます。外側を切除する方法の場合は、鼻に傷跡が残ってしまうことがあります。特に、鼻の溝の部分に傷跡が残ることが多く、化粧などで隠せる場合もありますが、傷跡がどうしても気になってしまうという人もいます。
また、手術の結果によっては、左右非対称になってしまい、不自然な仕上がりになるということも考えられます。一度施術を受けて、鼻翼の大きさや鼻の穴の大きさが左右で変わってしまうと、修正が比較的難しいというのもリスクの一つだと言えるでしょう。手術後に腫れて痛みが出て、長く続いてしまうという可能性もあります。

鼻翼縮小術のリスク

鼻翼縮小術の失敗「後戻り」はなぜ起こる?

鼻翼縮小術では、手術後の後戻りの可能性があります。
これは、未熟な医師による手術の場合に起こりやすいトラブルです。
この手術では、内側から切開する方法と、外側から切開す方法があり、その手術の方法や、どのぐらいの切除を行うかは医師の判断によります。
正しい判断を行える医師で無いと、手術後に後戻りなどのトラブルが起きやすいので、カウンセリング時に手術についての説明をきちんと受けておくことが大切です。

ピンチノーズになるリスク

鼻翼縮小術とは、小鼻の部分を一部切除して、小さくする手術のことです。
この手術によってピンチノーズになってしまうというリスクがあります。
ピンチノーズとは、ピンチで鼻をつままれたような状態のことを言います。
このような状態になってしまった場合には、他の手術によって修正が必要となってきます。
その場合には、麻酔のリスクや体への負担も大きくなるので、注意が必要です。
リスク回避のためにも医師選びを慎重に行いましょう。

傷跡が残る可能性がある

鼻翼縮小術では、元の状態によって鼻の内側を切開して手術を行う方法と、外側を切開する方法があります。
鼻の内側を切開する方法であれば、顔の外側には傷が残らないので傷跡が残る心配はありません。
しかし、大きな変化が出しにくいというデメリットがあります。
これに対して、外側を切開した場合には、医師の縫合技術が低い場合には傷跡が残ってしまう可能性があります。
しかし、大きな変化を出すためにはこちらのほうが効果的です。

おすすめの成功術とは

鼻翼縮小術において、最初から希望する仕上がりにするためのおすすめの方法としては、医師選びを慎重に行うことです。
美容整形には様々な方法があり、医師によって得意とする部位や手術が異なります。
自分の希望している手術を得意としている医師であれば、手術の経験も豊富で、知識もあるので安心して任せることが出来ます。
医師によっては症例写真を公開している場合もあるので、事前にチェックしておくことも大切です。

手術後の後戻りの可能性を最小限にし、このような鼻翼縮小術の失敗のリスクを最小限に抑えるためにも、しっかりと経験と技術を持った名医に、施術を依頼することが大切です。鼻翼縮小術の名医を探しているという際には、お気軽にご連絡ください。こちらで紹介をしております。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*