美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

団子鼻整形の失敗3つの例を解説してます

団子鼻整形は鼻先縮小術・鼻尖縮小術とも言われる美容整形の種類で、大変人気です。

ただし糸を使った切らない鼻尖縮小術には注意点もあり、リスクについて知っておいてほしいことがあります。

今回の記事では、そのあたりを解説しています。

団子鼻整形の失敗例を解説

顔の美しさを決めるにはやはりパーツの美しさは重要です。鼻の形は個人差がありますが、鼻が丸い、いわゆる団子鼻で悩む人も少なくありません。

鼻が丸い人は愛嬌もありますが、シャープさには欠けることがあり、よりきれいな鼻の形に整えたいと考える人は少なくありません。

目などは比較的メイクで改善がしやすいですが、団子鼻はメイクでもカバーするのは難しいものがあります。

どうしてもきれいな鼻にしたいという場合は団子鼻整形を行うときれいなすっきりとした鼻の形に整えることができます。

団子鼻整形にも様々な方法があり、余計な軟骨を切り取ることですっきりさせる方法もあれば、切らずに鼻を整える方法もあります。

治療が成功すればきれいな理想の鼻を得ることができ、顔全体の美しさもアップします。

とはいえ、美容整形はいつでも成功するとは限らず、失敗のリスクもありますので、施術を行う前にはどのような失敗例があるのかもよく確認しておきましょう。

団子鼻整形の失敗ってどんな事があるの?

団子鼻整形の失敗、ポリービーク(PollyBeak)ってなに?

団子鼻整形は、ポリービーク(PollyBeak)になるリスクがあります。整形したことが明らかにわかってしまうような鼻に仕上がってしまい、不自然なものになってしまうことがあるため、手術の経験が多いような医師を探していくことが重要です。

また、仕上がりに満足がいかなかった場合に修正などをきちんとしてもらうことができるかなども確認することが大事であり、いろいろなことを比較して、よい治療内容をできるところを探すとよいです。

ピンチノーズになることがある

団子鼻整形は、間違った治療をしてもらったときに、洗濯バサミで挟んだような症状のピンチノーズになってしまうことがあります。

しっかりとした計画を立てて、計画通りに治療を施してくれるような医師に治療をしてもらうことが大切になっていて、鼻が理想的な形になった人が多いクリニックで治療をしてもらうことがよいです。

また、顔全体のバランスを考えて鼻を作り上げてくれる治療をしてくれるところもおすすめできます。

後戻り・効果が無いこともある

団子鼻整形を行うと、後戻り・効果が無いなどのトラブルになることがあります。治療する医師の技術によって、効果の有無がはっきりとするような治療内容になっているため、しっかりと高い効果を期待することができる医師に相談していくことが重要になっています。

治療効果の結果をインターネットなどを利用して、口コミなどの情報を確認していくことが大切であり、技術が高い医師を見つけていくことが大切です。

団子鼻整形の失敗

名医に治療してもらうことが重要

団子鼻整形は、コンプレックスを効果的に解消することができ、美しい顔に仕上げてもらうことができます。しかし、治療を行った結果、整形手術をしたことが分かるような違和感があるようなものになってしまうこともあるため、治療をたくさん成功している名医を探すことが大切です。

たくさんの手術を同時にできるような医師もおすすめでき、理想的な鼻の形を追求することが可能な医師を探していくことが重要になっています。

理想の仕上がりにするために

団子鼻整形整形の失敗例としては、施術を行ったにかかわらず、あまり改善の効果が得られないということがあげられます。
美容整形は治療直後は腫れも出るため、腫れが引くまでは治療が成功しているかどうかを確認するのは難しいこともあります。

理想の形に整っていなかったり、プロテーゼを入れた場合はそれがずれてしまったり、入っているのがすぐにわかってしまう仕上がりになってしまうこともあります。

さらに医師の技術力が未熟であると腫れや内出血、痛みなどのダウンタイムが長くなってしまうこともあります。

団子鼻整形で失敗してしまう原因としては、クリニック選び、医師選びが失敗しているというところも大きいので、医療機関、医師選びは慎重に行い、鼻整形で高い評価を得ているクリニックを選びましょう。

仕上がりが良くないという場合も修正で対応することは可能ですが、余計な費用や体への負担を抑えるためにも一度の治療で理想の仕上がりにすることが大切です。

トラブルを回避するために注意すべきこと

鼻先が丸っこくて、なんとなくしまりがないと思われるお鼻の形を団子鼻と呼びます。
団子鼻の整形は鼻先縮小術とも言います。

この団子鼻の手術は大変人気の美容整形であり、団子鼻の整形を失敗しないためにも大切にしてほしい事があります。
というのも、多くの美容外科では糸で括るだけの方法で団子鼻の整形を行っています。

この手術はご症状によっては術式を変えないとガタガタになってしまいますので注意しなけばなりません!

糸を使った団子鼻修正の美容整形は、たしかに簡単で形成外科医でなくても出来るような方法です。

ただし、万人が万人にこの手法で手術を行ってしまいますと、一定の確率で失敗してしまいます。

なぜなら、団子鼻の原因となっているのが皮膚の厚みが原因であるのか、脂肪が原因であるのか、鼻先部が太いのか、中央部が膨らんでいるのかにもよって適している治療方法が異なるからです。

それを知らずして誰にでも同じ術式で団子鼻の整形を行ってしまう医師が多すぎます。

そのせいで多くの方が辛い目にあって修正に苦しんでいます。

また鼻先の軟骨を無くす事で修正が難しくなります。

これもなんちゃって団子鼻整形をしている医師に多いのですが、やみくもに軟骨を除去してしまい、無理やり鼻を引き寄せようとする考え方の整形方法です。
これをやってしまうと修正の際に糸をかける事すらできなくなりますので、十分に注意してください。

鼻先の3D形成という言葉はご存知でしょうか?
これは同じ鼻尖縮小でも、立体的に団子鼻を改善する効果のある手術方法です。

ただ糸で止めるだけの鼻尖縮小や小鼻縮小は古いですから、より高いレベルの手術を第一におすすめいたしております。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*