バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
バスト・豊胸手術の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

リジェネラ豊胸のすべて

注目されているリジェネラ豊胸術につついて解説いたします。これは単体ではなく、豊胸手術にリジェネラを添加させる手術方法となります。 自分の皮膚をmm単位の面積で取るだし、皮下脂肪と併せてバストに注入する治療です。

リジェネラ豊胸の手術・美容整形

もともとリジェネラは肌組織再生注射と呼ばれており、細胞の再生を促す治療でした。法令線やゴルゴラインなどのたるみやしわの解消を目的とする治療がバストアップに使用されるようになったのは訳があります。

リジェネラの特性上、注入する皮下脂肪組織を活性化させる役割があるため、脂肪注入による豊胸術に添加される形で実験は始まりました。従来から熱損傷などのやけどの治療に使用されていたので、安全性が高いのが特徴的です。

リジェネラ豊胸

リジェネラ豊胸のメリット・効果

脂肪注入の効果期間は一生ものであり、その定着率をUPさせるために効果的な補助的な役割があります。脂肪注入豊胸手術でバストアップする効果を大きくさせたい方は、リジェネラとコンデンスリッチ豊胸ベイザー脂肪吸引などを併用させることで効果が増幅します。

生着率は脂肪注入においては非常に重要な成功のファクターですので、注意してクリニック選びをしましょう。

リジェネラ豊胸が定着率を良くするために有効に働いたとする研究論文もあります。参考資料

リジェネラ豊胸

リジェネラ豊胸のデメリット・リスク・後遺症

リジェネラを使用した豊胸手術は、まだまだ症例数が少なく、導入している病院が無いのが現状です。そのため、リジェネラを脂肪注入と併用した場合の副作用と危険性については、日々統計を取る必要があります。

当相談所では、日々、リジェネラの体験談やリスクファクターのデータを集計しており、随時記事を更新・公開していこうと考えております。

リジェネラ豊胸の失敗・修正・トラブル

失敗してしまうとしこりや膨らみ過ぎてしまう失敗例があり、これは成長因子を含んでいることも原因として考えられます。PRPなどの再生医療でもそうですが、ふくらみを持たせて一定の効果を上げるためには成長因子FGFの添加はマストであります。

なので、FGFを使用する際には、しこり・石灰化リスクを十分に鑑みて、インフォームドコンセントを受けてから手術に臨みましょう。

失敗しないための美容整形の相談所

リジェネラ豊胸のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

リジェネラ併用、コンデンスリッチ豊胸手術のダウンタイムはおよそ10日~14日程度です。傷跡は採取部の針孔程度でほとんど目立たなくなります。術後は安静にしてお過ごしください。

リジェネラ豊胸の麻酔・痛み

麻酔は硬膜外麻酔、全身麻酔が使用されることが多いです。

リジェネラ豊胸の料金・費用・値段

麻酔料金含めて、コンデンスリッチ豊胸(ベイザーリポ、リジェネラ)だと、160~170万程度の費用が想定されます。あとは、医師の技術次第だったり、設備面などの要素も含めて見積もりが出されると思いますので、クリニック選びの際は、料金も含めて検討されてみる必要があります。

リジェネラ豊胸の名医・おすすめ病院

当相談所では、豊胸手術の失敗を防ぐために、細分化注入の技術を習得しており、定着率を最大限良くした名医をご紹介しております。その際には、必ず失敗確率を参照して、出来る限り失敗を排除した医師選びのお手伝いをアドバイスしています。

リジェネラ豊胸の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

豊胸手術を検討されている方は、必ずビフォーアフターの写真を見て確認しておきましょう。触感なども出来れば確認できるとよいのですが、難しい場合には画像での判断となります。参考資料

リジェネラ豊胸の口コミ・体験談・評判

リジェネラ豊胸の口コミ・体験談・評判

湘南美容外科でリジェネラ豊胸を見積もりで出されまして、コンデンスリッチ豊胸、ベイザー脂肪吸引、リジェネラ併用で175万円でした。この手術は実績がこれからという事でしたが、他の病院では、セリューション豊胸を提案されて、これはバッグ入れ替えの半年後に注入するという事でした。

手術方法が異なっていて、どちらが良いのか分かりませんが、定着率が良くなるというリジェネラが気になっております。

リジェネラ豊胸の口コミ・体験談・評判

バストアップの脂肪注入であるリジェネラ併用の豊胸手術をしました。定着率は良かったのと、A→Cくらいまでカップ数も上がりました。手術の内容は満足していますが、料金的に200万を超える手術でしたので、お財布に痛かったのはありました。経過が良くなっていったのは手術後2週間過ぎたあたりからで、それまでは動くと少し痛みがあったので、仕事復帰はちょっと余裕を持っていた方が良かったかもしれません。

失敗しないための美容整形の相談所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*