脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

足首の脂肪吸引のダウンタイム期間のタブー【腫れや内出血は?】

美しいスタイルを作るためには、食事制限や運動などの努力も必要となりますが、なかなか結果が得られないと悩む人も少なくありません。より速く効果を得たいのであれば美容医療による痩身も検討してみてはいかがでしょうか。

足首の脂肪吸引のダウンタイム期間のタブー

キュッと引き締ってアキレス腱の浮き出た足首はそれだけで女性らしさを表現することができ、どんな洋服でもおしゃれに着こなすことができます。

美脚に欠かせない美しい足首になりたいと、エクササイズや食事制限に励んでいる人もいるかもしれませんが、自力ではなかなか理想のラインを手に入れることはできません。

普通のダイエットで足首の脂肪だけを取り去ることは不可能なので、どうしても引き締った足首を手に入れたいなら、美容外科クリニックでの足首の脂肪吸引を受けるのが一番効果的です。

足首の脂肪吸引は、アキレス腱の両脇を中心に余分な脂肪を吸引していく治療法です。吸引後は除去した脂肪の体積分、必ず細くなれるんので、確実な効果を望む人におすすめの治療法です。

吸引後は脂肪細胞の数が減少するので、再び太くなる可能性が低く、半永久的に細い足首を手にすることができます。

術後は、約1~2週間のダウンタイムがあり、その期間は、痛みや腫れ、内出血などの症状が出ます。

大きな痛みは2~3日程度でその後は筋肉痛のような痛みが続きます。我慢できない場合は鎮痛剤を服用して乗り切りましょう。

足首の脂肪吸引のダウンタイム期間のタブー【腫れや内出血は?】

腫れや内出血は1~2週間

腫れや内出血が生じる場合もありますが、1~2週間で治まります。

腫れや内出血は、圧迫固定することで早期に改善することができますので、医師の指示を守って圧迫器具を着用しましょう。

かゆみや拘縮が生じることもあるので、マッサージやストレッチを行うことも大切です。

このように、ダウンタイム中にやるべきことはいくつかありますが、逆に制限されることもあります。

飲酒、喫煙や運動の制限

飲酒、喫煙、過度な運動はタブーです。

飲酒と喫煙は血流を悪くするため、傷の治りが遅くなります。

また、術後は患部が炎症を起こしているため、過度な運動は避ける必要があります。

やるべきこととやってはいけないことをきちんと説明してくれるクリニックを選びましょう。

当相談所では全国の信頼できるクリニックをご紹介をしておりますので、足首の脂肪吸引をご検討の方は、ぜひ一度ご相談ください。

切らない痩身整形のダウンタイム、大体どのくらい?

ウエストをもっと細くしたい、お尻の肉をなんとかしたい、など特定の部分だけ痩せたいという部分痩せを希望する女性は多いのではないでしょうか。

食事に気を付けたり、運動をするなどの普通のダイエットでは、体全体の脂肪がまんべんなく落ちるだけで、特定の部分だけ都合よく細くすることはできません。

痩せたいところだけ細くして理想的なボディをデザインしたいと望むなら美容クリニックでの脂肪吸引手術を受けるのが最も近道です。

しかし、メスを入れるのは怖いし、そこまでは考えていないという人が多いようです。

切開を伴わず、体にかかる負担が少ない方法で痩身を行いたいという人は切らない痩身整形を利用してみてはいかがでしょうか。

切らない痩身整形は体にかかる負担が少ない為、腫れや痛み、内出血などのダウンタイムがほとんどないと言われています。ただし、個人差があり、稀に内出血が生じることがありますが、約1〜2週間で消失します。

しかし、医師の腕によって機器の扱いに差が生じるため、経験が浅く未熟な医師が担当した場合は、ダウンタイムが長引く場合があります。

やけどなどのリスクもありますので、治療を受ける際には、技術の高い医師に担当してもらうようにしましょう。当相談所では名医をご紹介をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

全国の名医をご紹介

担当する医師の技術力が不足していると十分な痩身効果が得られない、皮膚がたるむ、凸凹になるなどのリスクもありますので、美しい仕上がりにするためにも、高い技術力で対応してくれるクリニック、アフターケアもしっかり行ってくれるクリニックを選んでおくことも大切です。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*