脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)の効果と適応のまとめ

ベントエックスリポサクションの効果を十分得るためには、正しい装置で使われていることと、医師がきちんと取り扱える技術を備えていることが最も重要で慣れていないと失敗する事があります。

ダイエットで効かない場合の痩身治療

食事制限や運動といった基本的なダイエットで、体重自体は落ちたけれど気になる脂肪は、そのまま残ってしまったという方も少なくないのではないでしょうか。

体には脂肪が付きやすく、しかもダイエットだと落ち難いという部位があります。
二の腕やお腹周り、太ももやお尻といった部位です。

ダイエットで体重自体は減らせたとしても、これらの部位に脂肪が残ったままだと、美しいプロポーションとは言えません。
理想のプロポーションに近づきたいなら、ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)を検討してみましょう。

ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)の効果と適応のまとめ

ベイザー脂肪吸引は痩せるのか?

ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)は、美容外科で受けられる脂肪吸引法です。
ベイザー波という特殊な超音波エネルギーを、使うのが特徴となっています。

通常、脂肪吸引はカニューレという細い管を体に入れ、そこから気になる部分の脂肪を吸引していきます。
ベイザーリポの場合、まずベイザー波で脂肪を溶かしてから吸引するのです。

こうする事で筋肉や血管など、脂肪以外の組織を傷つけるリスクが少なくなり、脂肪のみをピンポイントで吸引出来ます。

脂肪のみを吸引する効果に長けているので、特に部分的に細くしたい部位があるという方に、おすすめの脂肪吸引法です。

体重を大幅に減らす事には向いていませんが、気になる脂肪のみを効率良く吸引していくので、理想のプロポーションに近づくでしょう。

また、施術を受けると脂肪細胞の数自体が減ります。

脂肪細胞の数が減少するという事は、太り難い体質になるという事です。

今までダイエットをしてはリバウンドしていたという方でも、暴飲暴食にさえ気を付けていれば、大幅な体重増加を予防出来ます。

ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)は、ダイエットに失敗してきたという方でも、キレイに細くなる医療痩身なのです。

一條 りおなのような体型はどんな整形で作れる?

一條 りおなさんはナンバーワンキャバ嬢として一躍有名になりました。
可愛らしい顔立ちに、とても女性らしいボディラインが魅力的な方です。

りおなさんのような体型に憧れるという方も、多いのではないでしょうか。

りおなさんは二の腕やウエスト、足(脚)といった部分がとても細いスタイルをしています。
しかもただ単に細い・痩せているというだけではなく、バストのボリュームはしっかり保っているのです。

このような細くてもサイズの大きいバストをキープしているスタイルを作るには、食事制限や運動といったダイエット法ではなく、美容外科で受けられる医療痩身が向いています。
ダイエットだと全身の脂肪が落ちるので、バストのサイズも小さくなってしまうのです。

医療痩身であれば気になる脂肪だけを取り除けるので、理想のスタイルを手に入れられます。
りおなさんはとても細い方なので、痩身効果の高い脂肪吸引がおすすめです。

この医療痩身は文字通り、脂肪を吸引して痩身効果を発揮します。
ダイエットでは落とす事が難しい、お腹周りやお尻といった脂肪も除去出来ます。

脂肪吸引といっても術式は色々とあり、中でもベイザー波を使う術式は皮下脂肪の約90%を除去できる、痩身効果の高さで人気となっています。
脂肪を吸引する前にベイザー波を脂肪に照射する事で、柔らかく出来るのです。

柔らかくなった脂肪は吸引しやすくなるので、従来の術式よりも取り除ける脂肪の量が多くなっています。
ベイザー脂肪吸引は施術後に肌の引き締め効果もあるので、お腹周りなどのたるみが気になるという方にもおすすめです。

当相談所では安心して脂肪吸引が受けられるよう、名医と言われる医師をご紹介しています。
施術を希望している方はご相談ください。

更に効果を出すベントエックスリポサクション、その特徴とは

ベントエックスリポサクションとは脂肪吸引装置のベイザーに用いられているカニューレのひとつで、根こそぎ皮下脂肪に対してアプローチしたいときに効果が期待できます。

きれいなラインを意識しながら、太ももやお腹周りなど気になる脂肪の部分に対して使用できて、デザインによっては筋肉を立体的に見せるような脂肪の吸引の仕方もできる特徴があります。

ベイザーを使うトレーニングを受けて認定された医師が使わないと十分な結果が得られず仕上がりが期待できませんし、ベントエックス吸引管を別な装置に付けて使うようなクリニックでは、根こそぎ皮下脂肪を取ることもできないため、きれいな仕上がりになりません。

ベントエックスリポサクションの成功には医師の技術が認定されていて、正しくベイザーの装置に吸引管を取り付けて使用しているクリニックでないとありえないことになります。

認定を受けて設備が整っていても、実際に患者に対して施術した件数が少なければ技術が衰えていたり感覚が鈍ってしまって失敗してしまう可能性があるため、経験を積んで技術を向上させている医師のもとで施術を受けることが望ましいです。

左右差とでこぼこを避ける名医選びとは?

医師が十分なデザインができないことも失敗につながる可能性があって、左右差ができてしまったり、肌に凸凹ができるなどの取り残しやムラは仕上がりに影響を与えて納得できない状態になるので、再施術などの対応が必要になり、身体に負担がかかる可能性があります。

きちんとした対応が行われれば、ダウンタイムも短くて済む施術で、内出血や腫れ、痛みなども抑えられる装置ですから、どこで受けるかを慎重に検討する必要があります。

当相談所では、ベントエックスリポサクションによる施術が可能な名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*