脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

お腹(腹部)の脂肪吸引の修正が必要な事例2つまとめ

お腹(腹部)の脂肪吸引の修正で確認すべきポイントは?

太り始めると、お腹やその周辺から脂肪が付き始めてしまうという女性は珍しくありません。実際、お腹は脂肪が付き易い部位の1つであり、しかも頑固な形で脂肪の塊が付いてしまっている人も多いです。しかもそんな風に脂肪の塊が付いてしまうと、通常のダイエットで取り除くのはかなり困難だったりします。その結果、お腹の脂肪を取るつもりが、痩せる必要のない胸ばかり痩せて行く女性は少なくないです。

そんな通常のダイエットでは取り除くのが難しいお腹の脂肪の塊ですが、お腹(腹部)の脂肪吸引の施術を受ける事で、除去可能だったりします。というのもお腹(腹部)の脂肪吸引の施術は、専門医が専用の器具を駆使して、脂肪を吸引するという方法で行うのです。お腹の脂肪を狙って吸引するので、通常のダイエットでは困難な狙い痩せを実現出来ます。

再手術が適応となる症状

もっともあくまでそれは、施術が上手く行った場合の話であり、脂肪吸引の施術に失敗する恐れがあるのです。失敗例としては、脂肪がほとんど除去出来ていなかったり、除去の仕方にむらがあってお腹がでこぼこしてしまう状態だったりします。なので施術後に確認して、そういった状態に陥っていたら、修正手術という形で再び施術を受ける羽目になるのです。しかし修正手術となると、身体にも負担が掛かるので、出来れば避けたい所だったりします。

だからこそ、お腹(腹部)の脂肪吸引の施術を受ける際は、失敗しない事が1番に大事です。そしてそのためには、この施術の技術力に優れた名医を探し出す必要があります。その方法としておすすめなのが、過去にお腹(腹部)の脂肪吸引の執刀経験が豊富な専門医を探し出す事です。この施術の執刀経験が豊富であれば、それだけ施術に対する技術力が高まっている可能性が高いと言えます。当相談所では、そんな風に執刀経験が豊富な名医をご紹介しています。なのでまずはお気軽に、ご連絡下さい。

お腹(腹部)の脂肪吸引の修正

超音波脂肪吸引の修正での注意点とは

超音波脂肪吸引は超音波を用いて脂肪を吸引しやすくする脂肪吸引法です。現在では広く使われている術式ですが、リスクはゼロではなく失敗した場合には修正が必要なケースもあります。

脂肪吸引の仕組みはカニューレと呼ばれる特殊な管を体内に挿入し脂肪を吸い出すというものです。このさいのポイントとなるのが、脂肪を吸引しやすいようにするという方法です。これまでさまざまなものが登場していますが、その中でも安全性が高いものとして超音波による脂肪吸引があります。

火傷やでこぼこの修正手術

超音波脂肪吸引でもカニューレの先端から超音波を発するものから、外部から超音波を当てて脂肪を柔らかくするといったものの2種類があります。いずれの場合も超音波で脂肪を吸引しやすい状態にすることに変わりなく身体への負担が少なく腫れや痛みが少ないといったメリットがあります。ただし、体内から物理的に脂肪を除去するという術式であるため、リスクも伴います。
例えば超音波の出力が強すぎると火傷を引き起こす必要があります。またもっとも多いトラブルが仕上がりの良し悪しです。脂肪吸引全般に言えることですが、仕上がりがデコボコになる場合もあります。多くの場合には術後のケアで対処しますが、過度に脂肪を吸引しすぎたといった場合には修正を行う必要が出て来る場合もあります。

超音波脂肪吸引の修正は、デコボコといった場合にはマッサージやストレッチなどのケアで対処するケースもありますが、ダメージが大きく改善の余地がない場合には修正手術を行うことになります。このさいには微妙な調整となるため注意が必要です。取り残しであれば、再度吸引を行う場合もありますが、反対に過度に脂肪を吸引したことによって表面がデコボコになった場合には余っている脂肪を採取して注入するといったことが必要になります。このようなトラブルに巻き込まれないためにも脂肪吸引では信頼できる医師を選びコミュニケーションをしっかりとっておく必要があります。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*