脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の名医、足痩せを分析する3つの手術!

筋萎縮術(ふくらはぎ)では、間違った知識のままカウンセリングを受け手術を行い、失敗してしまう方もいます。手術で失敗しないために、名医の探し方を知っておきましょう。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の名医、足痩せを!

ふくらはぎを細くしたい・筋肉質な足を改善したい

筋萎縮術(ふくらはぎ)は、下腿の筋肉を縮小させてふくらはぎを細くする手術で、「ふくらはぎを細くしたい」、「筋肉質な足を改善したい」、「女性らしい足にしたい」などの人にお勧めです。

筋萎縮術(ふくらはぎ)の手術を行っている美容外科はそれほど多くなく、豊富な経験と高い技術を必要とします。万が一、手技を間違えると歩行困難になってしまい生活に支障が出る場合もあるため、信頼のおける医師をみつけることが重要になってきます。

半永久的な足痩せ

モデルの様な、細くすらりと伸びた足に憧れを抱く女性はかなり多くいます。そして実際にそんな足になりたいと、ダイエットを開始する女性も珍しくありません。ですが頑張って食事制限をしても、運動をしても一向に足が細くならないという女性が多いです。それ所か、痩せる必要がない胸ばかり痩せて行ってしまうケースが少なくなかったりします。

というのも通常のダイエットでは、狙って足痩せをするというのはかなり難しいです。特に痩せようとジョギングを頑張る事で、足に筋肉が付き、逆にふくらはぎが太くなってしまう恐れもあります。

なので確実に足痩せを実現したいなら、ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の手術を受ける事がおすすめです。ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)は、神経の一部分を切除する事で、筋肉の収縮を抑えて足痩せを実現する事が出来ます。しかもこの方法であれば、筋肉が付いてしまって太くなったふくらはぎも、きちんと痩せさせる事が可能です。

執刀経験が豊富な専門医がおすすめ

もっともふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)は手術である以上、失敗のリスクを考慮する必要があります。特に注意が必要なのは執刀医の選び方であり、技術力のない専門医を選ぶと、失敗する可能性が高まってしまうのです。その結果、ふくらはぎの神経を切除し過ぎて感覚がなくなったり、ふくらはぎがでこぼこして見た目が酷くなる恐れがあります。なのでこの手術の名医を執刀医として、選び出す必要があるのです。

その方法としておすすめなのが、まずは過去にふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の執刀経験が豊富な専門医を、ピックアップする事だったりします。執刀経験が豊富であれば、技術力が優れている可能性が高いです。しかもその上で、ネットの口コミを調べる等して、その中から実際の手術経験者から高い評価を受けている専門医であれば、名医の可能性が高いと言えます。
当相談所では、そういった条件を満たす名医を紹介しています。なのでまずは、お気軽のご連絡下さい。

ふくらはぎ整形は執刀経験が豊富な専門医がおすすめ

神経切除術やボトックス注入などの治療方法

手術方法は、神経を切断して筋肉の動きを止めてふくらはぎを細くする「神経切除術」、ふくらはぎの3つの大きな筋肉を部分的に削りとってふくらはぎを細くする「筋肉切除術」、発達した筋肉の部分や細くしたい所にボトックスを注入してふくらはぎを細くする「ボトックス注入」など色々あるので、どの方法がその人に合っているのかしっかりと判断出来る知識が必要となります。名医と呼ばれる医師の場合、どの方法が一番合うか術後の仕上がりを考えた上で手術を行います。

この手術ではふくらはぎの筋肉を縮小させるため筋肉が弱くなります。経験豊富な医師が手術を行えば日常生活に支障が出るということはありませんが、失敗した場合は歩行に障害が出るなど生活に支障が出る場合もあります。きちんとした医師の場合、術後に起こる可能性のあるメリットも伝えてくれます。この手術では高度な技術が必要となるため、「あまりに手術費用が安い」、「メリットばかりで手術のリスクの説明が無く、すぐに手術を行おうとする」などのクリニックの場合は避けるようにしましょう。

当相談所では、筋萎縮術(ふくらはぎ)の手術経験が豊富で高度な技術を持っている名医の紹介を行っております。「筋萎縮術(ふくらはぎ)の手術を受けてみたい」とお考えの方は、是非当相談所にご相談下さい。

NICRの名医、何に差が出る?

NICRの名医が施術を行うと、ダウンタイムや仕上がりに大きな差が出ることが考えられ、デザインに細かい要望がある人ほど、技術の高い医師による対応を受けることで実現に近づけます。

NICRは切開傷を作る必要がないやり方で、ふくらはぎを細くできる術式で、傷跡は数ミリの穴程度で済みます。筋肉を萎縮させるためにラジオ波を用いて神経伝達を部分的に遮断します。切除するよりも負担が少なく日常生活への影響も低いですし、ボトックス注射による施術よりも十分な効果が期待できます。

NICRの名医でなければ、効果的に萎縮させるためにどの部分の神経伝達を遮断するべきか正確に把握できないため、仕上がりに大きな影響が出て未熟な医師は左右差をつくってしまったり、見た目に変化が感じられない、余計な部分を傷つけてしまう可能性が高まり、ダウンタイムが長引いてしまう傾向があります。

名医が施術すると、違和感があっても1から2週間程度つっぱり感が残る程度で、ハイヒールを履くことで状態の緩和ができて、足首のストレッチを行って徐々に違和感を消していくことができますが、医師が失敗してしまうと松葉杖や車イスなどが必要になったり、ストレッチできないほどの痛みが伴うようになる可能性があります。

NICRは負担が少ない方法でふくらはぎを変化させることができますが、脂肪や皮膚のたるみに対してアプローチする方法ではないので、施術を受ける前に検討が必要で、人によっては他の術式と併用しないと十分な細さにならない場合があります。医師が確かな目を持っていれば、カウンセリングのときに提案を行ってくれるので、納得できるデザインの脚になれる期待が持てます。術後は内出血を抑えるため、サポーターや包帯等の圧迫固定が行われ、麻酔が覚めたら当日のうちに帰宅が可能です。2週間程度きつめのストッキングなどを着用することで仕上がりをより良くします。

当相談所では、NICRによる施術ができる名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*