脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の料金の相場についての3つの手術法まとめ

筋萎縮術(ふくらはぎ)の料金相場は、30~50万円前後です。この施術は難易度が高いので、多少料金が高くてもクオリティの高い症例を数多く積んだクリニックや医師を選びましょう。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の料金の相場についてのまとめ

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の料金の相場とは

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)では、内側腓腹筋と外側腓腹筋とヒラメ筋の内、ふくらはぎを太く見せている筋肉に対して効果が期待できる施術方法を用いてアプローチを行っていくことになり、切開して手術による神経の部分的な切除を行い筋肉を弱らせる方法や、発達した筋肉そのものを部分的に切除する方法、ふくらはぎに金属の針を入れて高周波を照射し、神経あるいは筋肉を萎縮させるTCR方法、ボトックス注射で機能を一時的に弱らせて筋肉の動きを制限して弱らせて細くする方法などがあって、ボトックス注射は、85,000円前後それ以外の施術は500,000円から800,000円程度の料金相場になっています。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)にはラジオ波を用いた施術が行われるようになっていて、腓腹筋の神経を特異的に処理し、筋肉を細くする術式です。これまでもTCRという術式がありましたが、NICRと呼ばれる方法では、内側と外側の筋肉に影響を与えて細くできますし、日常生活に支障がなく、より効果が出やすくなっています。局所麻酔で施術が可能で、料金相場は300,000円前後になっています。

安い病院で失敗する可能性

術式によって日常生活の制限が発生することがあるため、カウンセリングのときに詳しく説明を聞いておくべきです。同じ名前の術式であっても受けるクリニックによって施術内容に違いがある場合も多いので、詳しく話を聞く必要性があります。

いずれの術式を受ける場合でも、慣れている医師のもとで受けることができなければ失敗する可能性があって、修正する必要性がでてきてしまうと料金を比較して受けた意味がなくなってしまいますから、納得できる料金と合わせてクリニック選びも慎重に行われる必要があります。

ふくらはぎ整形(下腿筋萎縮)の名医の診断を受けて適切な術式によって細くしたい人は、当相談所において名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

知っておくべき筋萎縮術(ふくらはぎ)治療法の特徴

スラリとした美脚になるにはふくらはぎの細さが欠かせませんが、ふくらはぎの太さに悩んでいる人は結構多いのではないでしょうか。ミニスカートやスキニーパンツを穿きたいと思っても、気になってしまうのがふくらはぎの太さ。なんとかしたいと思っても、エクササイズや運動をするとかえって太くなってしまうことがあります。それはふくらはぎの太さの原因が筋肉だからです。自力で筋肉量を減らすことは難しいので、効果的なふくらはぎ痩身を望むなら、美容外科クリニックで筋萎縮術(ふくらはぎ)という治療を受けるのがおすすめです。

筋萎縮術(ふくらはぎ)は、ひざの裏側のシワに沿って数センチ切開し、3つの筋肉の中の1つの筋肉の神経を切断するという施術です。神経を切断することによって、筋肉の収縮が起きなくなるので、筋肉が痩せていき、3ヶ月~6月かけて細くなっていきます。

平均価格は30~50万円前後

筋萎縮術(ふくらはぎ)の料金相場は、30~50万円前後が目安となります。これはあくまでも治療費であって、カウンセリング代や麻酔代、薬代が別途かかる場合があります。クリニックによって料金設定が異なるので、施術料金にどこまでのサービスが含まれているのかをしっかりと確認しておきましょう。少しでも安く済ませたいと考える人もいると思いますが、料金だけでクリニックを選ぶのはやめましょう。

筋萎縮術(ふくらはぎ)は他の施術と比較しても難易度が高く、専門的な技術が求められる治療法です。安い料金で質の悪い治療を受けて失敗してしまうと、歩行障害や神経麻痺といった後遺症が残る可能性もあります。多少料金が高くても、クオリティの高い症例を数多く積んだクリニックや医師を選びましょう。当相談所では評判の良いクリニックや医師のご紹介をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

やりたいけど高い!?NICRの料金相場は?

スラリとした美しい足は多くの女性のあこがれです。太ももも気になるパーツですが最も目立つのがふくらはぎです。ふくらはぎは筋肉が多い部分であるため、ダイエットでも細くなりにくく、自分の努力で痩せることが難しい部分です。ふくらはぎを細くしたいなら美容外科での施術がおすすめです。なかでもNICRという治療法は切開しないプチ整形として人気があります。

NICRは切らないふくらはぎ縮小術で、ラジオ波を用いてふくらはぎの主用な筋肉である腓腹筋の神経伝達を遮断し筋肉を細くします。施術中は麻酔をするので痛みの心配はありません。両足のふくらはぎに小さな穴を開けて、ラジオ派を放出する特殊な管を筋肉に挿入して腓腹筋の神経伝達を遮断します。傷口が小さいので縫合の必要がなく、施術後は、医療用のボンドなどでとめて終了となります。麻酔が覚めるまで休んだらその日のうちに帰宅することができます。施術後から徐々に筋肉の働きが低下し、2~3ヵ月後に効果が最大となった後、半永久的に持続します。このように、なかなかサイズダウンが難しかったふくらはぎも、NICRによって高い効果を得られるようになりました。

NICRの料金相場は30万〜70万円と幅があります。

気になる料金相場は30万〜70万円となっており、クリニックによって差があります。麻酔の種類や縫合の方法によっても金額が変わってきます。少しでも安く済ませたいという気持ちも分かりますが、料金だけでクリニックを選ぶのは避けるべきです。技術力の高い医師を備え、クオリティの高い治療を提供しているクリニックは必然的に料金も高くなります。料金が高いから良いというわけではありませんが、料金だけを基準にクリニックを選ぶのはやめましょう。失敗すると歩行困難などの後遺症が残る可能性もあります。当相談所では信頼できるクリニック・医師のご紹介をしておりますので、NICRの施術を受ける前に、ぜひご相談ください。

クオリティの高い治療を提供しているクリニックは料金が高くなることが多いので、安さだけでクリニックを選ぶのはやめましょう。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*