脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

レーザースタイリングのデメリット2つをご紹介!

スマートリポのデメリットは、脂肪を溶解させる力は高くても多くの脂肪を取り除けないため、医師のデザイン力に仕上がりが左右され、シミュレーションを怠るような医師だと失敗につながります。

レーザースタイリングのデメリット2つをご紹介!

事前に知っておくべきレーザースタイリングのデメリット

食事制限や運動などのダイエットではなかなか落とすことができないのが皮下脂肪。本格的な痩身治療としては脂肪吸引が広く認知されていますが、体への負担も大きいことから躊躇する人が多いのも事実です。そんななかで、レーザースタイリングは脂肪吸引よりも安全で体への負担も少なく、優れた痩身効果が得られる施術方法として注目を集めています。

レーザースタイリングは、医療用レーザーを脂肪に直接あてることで、身体についた脂肪を溶解させて、気になる部位の脂肪を減らすという痩身方法です。脂肪を無理やり引きはがす脂肪吸引よりダメージが少なく、安全性に優れた治療法だと言うことができます。痩身治療後に起こりがちな皮膚のたるみが少なく、凹凸のないなめらかで美しい仕上がりになります。脂肪吸引に比べて術後の回復も早く、ダウンタイムも短くて済みます。

即効性や効果性

このように従来の脂肪吸引と比較してメリットが多いように思えるレーザースタイリングですが、当然デメリットもあります。まずは、即効性がないという点です。脂肪吸引と違って、脂肪の排出を体の自然な代謝に任せるので、施術後すぐに細くなるのではなく、2~3ヶ月かけて徐々に効果があらわれます。そのため、すぐに痩せたいという人には向いていません。また、脂肪吸引のように物理的に除去する方法ではないので、効果に個人差があり、思ったほどの効果を感じられないこともあります。さらに、この施術法は最新のものなので、症例数がまだ少なく、日本で行っているクリニックが少ないというのもデメリットと言えるでしょう。その為、クリニックと医師選びは慎重に行う必要があります。失敗しないためには、設備が整ったクリニックでレーザースタイリング認定医に治療してもらうのが良いでしょう。当相談所では信頼できるクリニック、名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

スマートリポを受けるならデメリットを知ってから!

スマートリポが特徴的なのは、カニューレの細さで、直径1mmほどの極細ですから、肌に残る傷跡の心配もする必要がありません。顎などの難しい部分であっても脂肪層に直接照射を行って溶解させることには優れていますが、体外に排出させるためには自分の体の機能に頼ることになるため、脂肪吸引ほど大量に取り除くことができませんから、デメリットとして慣れていない医師が行うと全く変化が感じられない可能性があります。

脂肪を取りすぎてしまう危険性はないものの、デザインを考慮してスマートリポによる丁寧な脂肪溶解が行われなければ、効果が期待できる施術後3ヶ月から4ヶ月経ってから、がっかりする仕上がりになりかねません。上手く施術してもらうことができれば、時間をかけて自然に痩せたように見えて形成したとはバレない優れた術式ですが、医師の技術がとても影響してくるので、医師選びが肝心になってきます。

痛みや腫れ・やけどのトラブルが

スマートリポは、YAGレーザーの熱で溶解させ、脂肪細胞自体を減らしていくのでリバウンドする可能性が少なくなっていますが、施術する医師が未熟だったりガサツであれば周辺組織に影響を与えて、痛みや腫れが残ったり軽い火傷を負ってしまう可能性もあるため、トラブルを避けるために施術に慣れている医師のもとで受けることが望ましいです。局所麻酔を用いて行われるため、施術中は失敗があってもあまり感じませんが、麻酔が切れてから痛みがひどくなり、薬の服用が必要になってしまう可能性があります。

上手くレーザーの照射が行われれば、コラーゲンの活性化や皮膚の引き締めなども期待できる方法ですから、スマートリポのデメリット部分を回避するために有効的な手段である名医を、当相談所でご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*