脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

メソセラピー(脂肪溶解注射)の効果と失敗・リスクを大分析!

メソセラピー(脂肪溶解注射)の治療・美容整形

自己流のダイエットは我慢することが多くてつらい割には理想のボディラインになることができないものです。

美容外科での脂肪吸引なら楽に痩せたいところだけ痩せることができますが、手術には抵抗があってなかなか踏み出せない人が多いと思います。

そんな人でも気軽に受けられるのが脂肪溶解注射です。なかでもリポビーンやBNLS注射、リジェンスリムという薬液は効果が高いと注目を集めています。切らない・腫れない脂肪溶解です。

メソセラピーの材料も多種多様で、FDAに認められているものもあれば、認められていないものもあります。

例えばリジェンスリムは最高純度に精製されたフォスファチジルコリンが脂肪を溶解し、Lカルニチンが溶けた脂肪を効果的に燃焼していきます。

さらに、筋肉増強成分であるIGF-1が配合されているため、筋肉量を向上させて基礎代謝を高めることができます。狙った部分の脂肪やセルライトを落とすことができ、傷跡をつけずに痩せることができるので部分痩せを叶えるのに理想的な施術と言えるでしょう。

関連する記事>> イタリアンメソセラピーってなに? メソセラピーとボトックスは同時にできるの?

メソセラピー(脂肪溶解注射)の効果と失敗・リスクを大分析!

メソセラピー(脂肪溶解注射)のメリット・効果

例えばリジェンスリムは手軽に痩身効果が得られる脂肪溶解注射です。気になる場所に、注射をするだけで部分痩せができます。
従来の脂肪溶解剤は大豆由来のものが多く、アレルギーのある人は使用できませんでした。

しかし、リジェンスリムは大豆由来の成分を利用していないため、アレルギーのある人でも施術を受けることができます。主成分であるホスファチジルコリンが脂肪を分解し、L-カルニチンとインスリンが分解した脂肪の代謝を促進します。この3つの主成分が作用することで、効率的に脂肪を少なくすることができます。

また、これまでの脂肪溶解施術の後の痛みの原因となっていたデオキシールコール酸という成分が入っていないので、痛みや腫れをほとんど感じずに済むというのが最大の特徴です。

その他、一般的に言われている利点としては、
・施術時間の短縮
・至適深度への注入
・正確性UP

などです。

↓↓関連する治療法↓↓

リポビーン(LIPOBEAN)脂肪溶解注射

メソセラピー(脂肪溶解注射)のデメリット・リスク・後遺症

お手軽なプチ整形ですので、その分効果も脂肪吸引と比較してしまうと落ちます。
メソセラピーに関しては、医学的な永久性は認められていません。
脂肪細胞を溶かしますが、また栄養が行き届けば皮下脂肪が大きくなってしまうのですね。
その点で、永久的な治療ではないのです。
脂肪溶解注射(メソセラピー)はプチ整形の感覚で、治療できる反面、効果が薄いことがありますので、費用対効果の面では脂肪吸引よりは劣るのではないかと思われます。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の失敗・修正・トラブル

失敗例として注意していただきたいのが、
・皮下の脂肪に刺激が起こるということは廊下の促進につながるかもしれない点
・効果が感じられないという点
・材料 です。

修正の際に、言われるがままに施術を重ねると、効果が無いのに費用だけがかさんでしまう、ということになりかねません。皮膚が凹凸になってしまった場合は、担当医の技術が低いということなので、知識や経験が豊富な他の医師にセカンドオピニオンを求めるほうが良いでしょう。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

メソセラピー(脂肪溶解注射)《たるみ・凸凹(でこぼこ)・拘縮・むくみ・しびれ》

術後は強い筋肉痛のような痛み、しびれがありますが、我慢できる程度です。麻酔によるむくみは数日で解消されていきますので問題はありません。
たるみや凸凹(でこぼこ)が出来てしまうのは担当医の技術が低い場合は考えられますので、予め名医を選択するようにして頂き、失敗を回避する必要があります。

メソセラピー(脂肪溶解注射)をしたのに痩せなかったり、マッサージを入念にしたのにも関わらず拘縮が強く生じて皮膚が硬くなったりしたのであれば、担当医のメソセラピー(脂肪溶解注射)の技術に問題があったと言う事になります。

メソセラピー(脂肪溶解注射)のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア・ガードル・サポーター

メソセラピーは、効果を感じられるまで、数回の施術が必要になるかと思います。
腫れは個人差がありますが、1週間程度で引いてきます。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の麻酔・痛み

麻酔の種類ですが、必要無い事が多いです。局所麻酔や静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用相場は5万円と麻酔の費用がかかりますが、局所麻酔のみとは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。

その他の麻酔の種類としては、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の料金・費用・値段

3万円前後になります。さらに安い材料だと1本につき1万円程度の価格となっております。1回の施術は安価ですが、回数を重ねると高額になってしまう恐れがあります。

効果が無い場合の修正は再度の施術になりますが、その前に要望を実現するために必要な回数と費用を確認しておきましょう。この施術は1度では効果があらわれることがないため、数回の施術が必要になります。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の名医

メソセラピーという治療を選択するのであれば、医師の技術はもちろん大切ですが、少なくとも医学的に認められている材料を選択してください。
医師の技術次第で大きく仕上がりは変わってくるものと思われます。
プチ整形ですが、名医を選択しようとすればこだわりたい点は多くございます。奥が深い治療です。

また万が一、脂肪溶解注射で失敗した場合は、修正の前に、効果が出るのに必要な回数と費用を確認したり、知識や経験が豊富な他の医師にセカンドオピニオンを求めるようにしましょう。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

メソセラピー(脂肪溶解注射)の口コミ・体験談・評判

女性 メソセラピー(脂肪溶解注射)の口コミ・体験談・評判

渋谷の○クリニックでやりました。腫れが少ないのと1回でも効果ありと説明されてました。しかしほとんど効果が無く、口コミで歯薄めているなどとも書かれてありました。。信頼がおけないようなクリニックなのでしょうか。読んで納得感があったのですが、、、、

女性 メソセラピー(脂肪溶解注射)の口コミ・体験談・評判

顔にメソセラピーを4本打ちました。
両頬1本 鼻0,5本 顎下1,5本計4本(20ml)
フォスファチジルコリン エルカルニチン キシロカイン
2ヶ月たったのですが、頬が不自然にこけてきました。
クリニックに相談したところ、脂肪細胞を小さくしただけで、なくなってはいないと説明をうけました。
これ以上こけるのではないかと不安です。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

“メソセラピー(脂肪溶解注射)の効果と失敗・リスクを大分析!” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    アンディーズクリニックのメソセラピーにたどりついたんですが口コミをみると悪かったり悪くなかったりどちらを信じていいかわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*