脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

メソセラピー(脂肪溶解注射)のデメリットをブログから考察してみた

メソセラピー(脂肪溶解注射)のデメリットを理解して失敗回避!

メソセラピー(脂肪溶解注射)は脂肪が気になる部分に直接注射をする施術です。

その名の通り脂肪を溶解し、痩身効果を発揮するもので、その手軽さから最近人気の痩身治療です。

メソセラピー(脂肪溶解注射)は脂肪を溶かす効果のある薬剤を、気になる部分に直接注射針で注入します。

そうすることにより、その部分の脂肪をピンポイントで溶かすことが出来るため、部分痩せが可能なのです。基本的には顔や体、脂肪がついている部分であればどこでも注射をすることが出来ます。

脂肪層自体を溶してなくすため、リバウンドをする心配もありません。

しかしメソセラピー(脂肪溶解注射)は1回では効果を実感することは難しく、1クール5~6回で施術をすることが多いです。

脂肪吸引とは違い、腫れも少なく、注射針で注入するため傷跡も目立ちません。ダウンタイムも少ないので、その日から仕事や学校に行っても誰にもバレないでしょう。

メソセラピー(脂肪溶解注射)のデメリットをブログから考察してみた

たるみ

そんな気軽に行える施術の為人気がありますが、少なからずデメリットも存在します。

それは将来的に注射した部分にたるみが出る可能性があるということと、その部位が硬くなる可能性があるということです。

メソセラピー(脂肪溶解注射)は脂肪層自体をなくすので、皮膚と今まで存在した脂肪との間にスペースが出来ます。施術後数年はほっそりとした印象を受けますが、年齢を重ねるとそのスペースが将来的にたるみになってしまうのです。

たるんでしまった皮膚を改善するには、その皮膚を切り取るしか方法はありません。また脂肪層だけをなくしても、もちろん元々の筋繊維は残りますので、その部分だけ触った感じが硬くなってしまうのです。

気軽にチャレンジできる施術にも、いくつかのデメリットは存在します、そのメリット、デメリットをしっかりとご自身で理解した上で、施術を受けることをおすすめします。

リポビーンのデメリットは何?

ダイエットを頑張っても、脂肪が付いた部分を細くするのはなかなか難しいものです。

かと言って脂肪吸引手術には抵抗かあるという人も多いのではないでしょうか。

そんな人に向いているのが、脂肪溶解注射のリポビーンです。

痩せたい部分に注射することで脂肪を溶かします。

脂肪に直接注射するので、お腹やお尻、太もも、ふくらはぎ、フェイスライン、など気になる箇所の部分痩せが可能です。

顔から足まで脂肪がある箇所ならどこでも注射ができ、サイズダウンの効果が非常に高いことが特徴です。溶かした細胞は老廃物として排出されるので、脂肪細胞そのものを減少させることができるため、リバウンドの心配がありません。

数回の施術が必要

リボビーンの注射は美容整形なので、もちろんデメリットもあります。

この施術は1度受けたら終わりというものではなく、数回の施術が必要となります。1度にできる施術範囲に制限があるので、1度で目に見えた効果があるものではありません。

数回の施術を受けるうちにじわじわと痩せていくので、即効性を求める人には向いていないと言えるでしょう。

また、あくまでも部分痩せに適した施術であるため広範囲には使えないというのもデメリットのひとつです。

さらに、大豆アレルギーの人はアレルギー反応が出ることがあるので施術を受けることができません。

リポビーンや脂肪溶解注射の名医をご紹介

カウンセリングの際にメリットだけではなく、このようなデメリットについてもきちんと説明してくれる信頼できる医師を選択しましょう。良い点もあれば悪い点もあるということをきちんと理解した上で、納得して施術を受けることが大切です。

丁寧なカウンセリングをしてくれる医師は技術の面でも信頼がおけることが多いです。

当相談所ではリポビーンや脂肪溶解注射の名医をご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*