脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

メソセラピー(脂肪溶解注射)で部分痩せ。しかし修正も。

太ももやお腹、お尻などの気になる部分だけを細くしたいと願う人は多いと思います。

特に女性がダイエットをする場合は、全体的に痩せるというよりは、バストはそのままキープして、それ以外の部分を細くしたいという場合がほとんどでしょう。

しかし、食事に気を付けたり、適度な運動を取り入れても、特定の部分だけを細くするというのはほぼ不可能だと言われています。

何故ならば、通常のダイエットでは全身の脂肪がまんべんなく減ってしまうからです。

理想のボディにデザインしたいなら、なんといっても美容外科での脂肪吸引が手っ取り早いのですが、外科手術には抵抗があるという人も多いでしょう。

そんな人でも手軽に受けられるのが脂肪溶解注射です。

メソセラピー(脂肪溶解注射)で部分痩せ

メソセラピー(脂肪溶解注射)で部分痩せ

メソセラピー(脂肪溶解注射)は、最近注目の施術で、脂肪を溶かす注射を行って部分痩せを実現することができます。

また、セルライトなどの頑固な脂肪にも効果的で、太股やふくらはぎ、おなかなど運動やエステなどでは難しかった部分痩せができ、理想のボディラインを作ることができます。

手軽に行えるプチ整形ですが、永久的な治療ではなく、たるみや凸凹ができてしまう可能性もあります。

ひどい場合には修正を行う必要もでてきますから、失敗を防ぐためにも、名医を選ぶことが大事です。

リポビーンの修正方法とは

リポビーンは注射を打つだけで脂肪を溶解させて排出し、サイズダウンできると言うものです。

お腹に注射すればウエストだけをサイズダウンすることができるので、部分痩せに最適です。

脂肪吸引と違って脂肪の排出は体の代謝機能に任せるため、メスを使うこともありません。そのため、手軽に受けられる治療法として多くの女性に選ばれています。

しかし、注射とは言っても美容整形である以上、リスクはあります。

リポビーンのトラブル例

リポビーンの失敗として多いのは、効果が得られないというものです。

物理的に脂肪を除去する方法と違い、効果には個人差が出るので、この場合は、再度注射を打つことで修正します。

このように効果が無い場合の対応は簡単なのですが、厄介なのが、脂肪を取り過ぎてしまったことによって凹凸やたるみが生じた場合です。

取り過ぎてしまった場合は、脂肪を注入することで修正しますが、脂肪がうまく定着しなかったりすると満足するほどの修正ができません。

まとめ

このように、たかが注射と言えども、取り返しのつかないことになる可能性もあるので、クリニック選びは慎重に行いましょう。当相談所では全国の信頼できるクリニックをご紹介をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*