脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

足・太ももの脂肪吸引の失敗例を体験談を集計して7つまとめてみた

太ももの脂肪吸引における失敗例を分析してみました。相談所で集計したデータから失敗について学んでみてください。太ももの脂肪吸引の失敗回避のコツもご紹介しています。

太ももの脂肪吸引のトラブルの解説

太ももの脂肪吸引の失敗はあります。
そして脂肪吸引の失敗例については、カウンセリングで医師が説明を怠っていることがあり、社会的な問題にもなってしまいます。
それもそうで、脂肪吸引のカウンセリングで「死亡してしまう」リスクについて言えるクリニックはほとんどありませんからね。
ただ、実際に、脂肪吸引の手術で以前、死亡事故を引き起こしたクリニックがありました。

非常に深刻な医療ミスで、脂肪吸引のカニューレが腸を貫通していたという杜撰さです。
こういった失敗例はかなり例外的かもしれませんが、それだけクリニック選びをしっかりとしなければ脂肪吸引の失敗は起こり得るという事をご認識していただきたいです。

足・脚の脂肪吸引で起こり得る失敗例

足・脚の脂肪吸引は脚のラインを簡単に変えることが出来る手術でもありますが、リスクもあります。
失敗してしまう可能性もあるので、リスクもきちんと知った上での手術が必要です。

足・脚の脂肪吸引は脚のラインを美しく変えることが出来るだけでなく、ダイエットをしても落としにくい部分の脂肪を取り除くことが出来るので、バランスのよいキレイな脚のラインを作ることができます。

手術を行う医師によって、足・脚の脂肪吸引の仕上がりに差が出てしまいます。
未熟な医師による手術を受けた場合、失敗の可能性も考えられます。

足・脚の脂肪吸引の失敗例をブログからまとめてみた

足・脚の脂肪吸引の失敗として考えられることとは

最初の状態によって、注射のようなもので脂肪を取り除いたり、重症な場合には、メスを使用した切開手術となるケースもあります。どのような手術内容にしていくかは、医師とのカウンセリングで決まっていきます。

足・脚の脂肪吸引の失敗の代表的な例としては、左右の差です。
多少の差は人体においては自然のものですが、見た目が大きく変わるほどの左右差が出てしまった場合には修正手術が必要となります。

他にも、仕上がりの状態がでこぼこになってしまうというものです。
これは、脂肪の取り方にムラがあったり、きちんとしたケアを行わなかった場合に起こりやすくなります。

セルライトのようなでこぼこした状態の肌になってしまうと、脚のラインがきれいな状態になっても、見た目にはきれいとは言えない状態になってしまいます。

他にも、切開手術となった場合には、傷跡が目立ってしまったり、ケロイド状に残ってしまうというトラブルもあります。
このような失敗は、医師の技術力が未熟なことで起こっている場合もあります。

手術費用が異常に安い場合などには、未熟な医師による手術となる場合があるので注意しましょう。

他にも、クリニックの口コミや、医師の実績などもチェックして、安心できる医師を選択することで、手術のリスクを回避することが出来るので、手術を考えている場合には事前の準備が大切です。

太ももの脂肪吸引を受ける前に失敗例について知っておこう

太ももの脂肪吸引における失敗とは、取り除くことが出来た脂肪の量が少ないということではありません。

例え、取り除くことが出来た脂肪の量が少なかったとしても、それで希望するスタイルを手に入れることが出来たのであれば、それは成功と言えます。

一方で、いくら取り除くことが出来た脂肪の量が多かったとしても、思ったような結果にならなかったという場合には、失敗と言えるでしょう。

失敗例のグラフ

実際に集計した太ももの脂肪吸引の失敗例をご覧ください。
当相談所で集計した結果です。

太もも脂肪吸引の失敗の例を分析してみた

ここから分かる通り、でこぼこ・たるみ・取り残しなどが代表的で、太ももだけではないほかの箇所でも同じ様なリスク面が指摘されている内容でした。

一つずつ、失敗とその原因を分析していきましょう。

たるみ

脂肪吸引のたるみと言うと、吸引量が多い方に多り得るのですが、もともと脂肪が多くついていた方が大量の脂肪吸引をした場合、特に太ももの箇所に多いのですが1回の脂肪吸引で3000cc程度取ることもあります。そのため、手術後に皮膚が余ってしまうことでたるみが出てしまうのです。

これを予防するためには、タイトニング効果の高い脂肪吸引をしていただく事がおすすめです。具体的に申し上げると、ベイザー脂肪吸引やボディジェット脂肪吸引、あるいはライポマティック脂肪吸引などの新世代脂肪吸引のことです。

これらの機種であれば、タイトニング効果が高いため、従来の脂肪吸引よりもたるみを予防することが可能となります。

皮下脂肪の取り過ぎ

皮下脂肪の取り過ぎにより、完成の満足度が大きく下がってしまうことがあります。手術を短時間で済ませてしまっている病院の中には、皮下脂肪の層を適当に取ってしまうことで審美的な障害を起こしているクリニックまであります。研修体制が悪いのでしょう。

太ももの脂肪吸引で、皮下脂肪の取り過ぎを起こしてしまうと、でこぼこが目立ちやすく、たるみの原因にもなり得ます。また術後のアフターケアの部分でCETなどをしてメンテナンスを推奨しているクリニックがありますので、まずは取り過ぎてしまわない予防策と、万が一の失敗が起こった際の対策についても正しくケアを行っている医師を選択していただきたいです。

痛み

太ももの脂肪吸引で痛みがあると歩行障害になりますので、ダウンタイム中は特に痛みがデリケートになります。筋肉質の方の脂肪吸引には注意が必要で、取るべき脂肪が無いのに、がりがりに脂肪をとってしまうことで、痛みが強くなってしまうリスクもあります。

神経の損傷を最小限にすることができるドクターを選んでいただき、スムーズに仕事復帰できる体制を整えている病院がおすすめです。術後の圧迫固定をすることで、衝撃に対しての痛みは多少緩和されますので試してみてください。

左右差やお尻とのバランスが不自然

太ももの脂肪吸引で起こりうる失敗例としては、左右のバランスやお尻とのバランスが不自然である、段差や凹凸が出来てしまった、傷跡が目立つ、皮膚がたるむなどが挙げられます。このような事が起こる理由としては、事前のデザインが不適切であったということが挙げられます。

通常、脂肪吸引をする場合には、脂肪を取り除く場所、残す場所を事前に決めます。この時のデザインが不適切であれば、バランスが悪くなったり、皮膚のたるみなどがあらわれます。

皮膚の凹凸

特に、脂肪を取り除きすぎてしまったという場合、その部分が凹んでしまい、皮膚に凹凸が見られることもあります。

太ももの脂肪を必要以上に取り除いてしまうと、お尻が垂れ下がったように見えてしまい、バランスが悪くなります。

また、左右で脂肪のつき方が異なる場合もありますので、取り除く脂肪の量に違いが出ることも考慮する必要があります。

脂肪吸引では、専用の器具を使用する際に、皮膚を切開する必要があります。その時の傷は、出来る限り目立たない所が選ばれますが、縫合が雑であったり、アフターケアが十分では無かった場合には、傷跡が目立つことがあります。

徐々に目立たなくなることがほとんどですが、気になるようであれば専門医に相談する必要があるでしょう。

出来てしまった凹凸やたるみを修正するのは難しいため、医師選びは慎重に行い、アフターケアへ指示に従いしっかりと行うようにしましょう。

根こそぎ脂肪吸引で限りなく細くしたい方に読んでほしいリスクファクター

根こそぎ脂肪吸引のメリットは、これまでの脂肪吸引手術と比較した場合に、多くの脂肪を取り除くことが出来るということです。しかし、これは、メリットでもあり、デメリットにもなりうることです。脂肪吸引手術では、多くの脂肪を取り除けば良いというわけではありません。バランスを考えた上で、脂肪を取り除くべきところは取り除き、残す部分は残すようにするということが大切になるのです。

その為、失敗しないためには根こそぎ脂肪吸引手術を受ける前には、デザインをしっかりと話し合うようにするということが重要になるのです。それを行なうのがカウンセリングです。カウンセリングは、手術に対する説明を受けるということだけが行われるわけではありません。患者の考えていること、医師の想定することをイメージを供給するということがカウンセリングの目的の一つであると言えます。そのため、カウンセリングを受ける時には、自身の希望をしっかりと伝えるということが重要になります。

プチ整形の痩身治療でも失敗例はある!

プチ整形の痩身治療には、メソセラピー(脂肪溶解注射)やウルトラアクセントなどの施術方法は簡単で安全性が高いといわれていますが、失敗することもあります。代表的な失敗例としては、効果が出ない、皮膚に凹凸やたるみができてしまう、といったケースです。

効果が出ないのは、そもそも患者の要望を叶えるのにこの施術方法が適していないということも考えられます。

皮膚に凹凸やたるみができてしまうのは、脂肪を均一に取ることができなかったり、取りすぎてしまった場合に起こります。技術力が高く、豊富な知識に基づく正しい判断ができる医師を選ぶことが成功のポイントとなります。

失敗を回避するためにはクリニックや医師を慎重に選ぶ必要があります。当相談窓口では信頼できるクリニックや医師を選ぶお手伝いをしていますので、ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

太もも脂肪吸引の失敗の例を分析してみた

モデルの様な足(太股)になるためには?

太ももの脂肪吸引を成功して、モデルの様な足にすることはできます。ただし、それは技術が高い名医を選んだ場合のみです。太股とふくらはぎのバランスを考えて、何cm細くしたいのかや残したい部位についてもカウンセリングで話していただく事を推奨いたします。

症例数を確認しよう

脂肪吸引手術を成功させるためには、技術力の高い医師を選ぶ、脂肪吸引手術の症例数が多いクリニックを選ぶということが大切です。手術は医師だけで行なうわけではありません。医師の技術力が高くても、サポートするスタッフの技術力や経験が十分では無かった場合には、失敗に終わってしまう可能性が高くなってしまいます。そのため、クリニック選びをする時には、症例数も確認するようにしましょう。

同時にヒップアップができる上手な医師も

太ももの脂肪吸引で、同時にヒップアップを行える医師もいらっしゃいますが、ポイントは太ももの付け根の脂肪を残したり、太もも裏側の取ってはいけない部分を残しておくことです。ここは医師の経験値によります。最終的なカン性は術後半年程度を目安にしていただくと良いと思います。1週間後、10日目、1か月などの期間で手術の評価をしましょう。

ふくらはぎの痩身も得意なドクターを!

太ももとふくらはぎは相関しております。筋肉や神経の兼ね合いを考えて、どちらの痩身をするべきかを考えることができるドクター選びをしていただきたいと思っています。ふくらはぎの痩身であれば、筋肉削除術や神経削除術が適応されることも多いので、脂肪吸引の技術とは全く別物になります。変化を最大化することができる名医を選びことが成功の秘訣です。

修正は困難になる

一度失敗してしまった脂肪吸引の箇所を再度、行なうと言うことは非常に難しく、希望の結果とは程遠い結果になる可能性もありますので、やり直しとならないように、時間をかけてクリニック・医師選びを行なうようにすることが、希望を叶えるためには大切と言えます。

痩せる整形のご相談はこちら

痩せるための美容整形の種類は多種多様ですので、ご症状に合わせた手術方法のご案内と、名医のご紹介を致しております。全国の医師の中で、最も失敗確率が低いドクターをご紹介しておりますので、お気軽にどうぞ。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*