脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
脂肪吸引の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

脂肪吸引のすべて

脂肪吸引の整形

痩せたいという方に医学的な効果のある施術は脂肪吸引や脂肪溶解注射などの美容外科での治療となります。
半永久的でリバウンドが圧倒的に少なくなる点でメリット・効果があります。

脂肪吸引のすべて

脂肪吸引のメリット・効果・取れるccの量

脂肪吸引は医学ですので、一生もののご自身で行うダイエットやエステでの医学的な根拠がない治療とは異なります。取れる脂肪の最大量は1回の手術で3000ccが目安でそれ以上となりますと安全性を損ねることになります。メリットはたくさんあるのですが、それを理解している人が少ないため、名医の紹介も同時に行っていますが、注意してほしいことを解説いたします。

一生、半永久的に痩せる

脂肪吸引を行いますと、ダイエットとは異なり一生太りづらい体形になるメリットがあります。皮下脂肪細胞ごと取り除いてしまうので、リバウンドがありません。脂肪吸引はジムやエステなどと比べて根本的に効果が異なります。

ベイザー脂肪吸引やライポマティックが人気

ベイザー脂肪吸引による脂肪吸引が人気ですが、近年、ライポマティック脂肪吸引も登場しており、機材の種類はますます増えてきています。

ただし、最新機種であるベイザーリポやボディジェット脂肪吸引だからといって安心ということではないということです。
脂肪吸引、痩身整形を成功させるためには名医に施術をお願いすることが必要です。

部位・お悩み別に施術をご紹介してまいります。

脂肪吸引の整形

脂肪吸引の名医

脂肪吸引の名医を選ばなければ、手術を失敗してしまう確率が高まります。名医の条件について確実に押さえておきましょう。

メリハリ・くびれのある吸引方法

脂肪吸引の名医であればメリハリを利かせた脂肪吸引の方法を提案しています。メリハリとは、くびれとも言い換えられますが、取るところは大胆に脂肪吸引して、取らないところは取らないというバランスが大切です。脂肪吸引は取り過ぎると貧相なボディバランスになってしまい、見た目上もよろしくありません。

スキンプロテクター

傷跡を最小限にするため、カニューレ挿入位置の負担を少なくするためにスキンプロテクターは必須です。これを導入していないクリニックでの脂肪吸引は避けて下さい。

脂肪吸引の失敗

脂肪吸引の失敗例は後を絶えません。代表的な失敗例をご紹介致します。

摩擦とやけど

挿入部のやけどはベイザー脂肪吸引などで起こり得る失敗例です。そのため、スキンプロテクターの使用はマストとなっていまして、もし失敗してしまった場合には、修正は難しいので、医師選びの際にプロテクターの使用の有無を確認してください。

術後にたるみが出てしまう

たるみが出てしまうのは強引な脂肪吸引が原因となります。取れるだけ取れば良いというわけでは無くて、失敗しないためにベイザー脂肪吸引のタイトニングを期待したり、術後のガードルでの圧迫固定を欠かさないようにしてください。

皮膚の凸凹(でこぼこ)

脂肪吸引で皮膚が凸凹してしまった方は、医師が吸引の際に浅層からもごしごしと脂肪を取られてしまった可能性があります。これは修正が難しく、再度脂肪吸引をするか、脂肪溶解注射でところどころ溶解することになります。

足(太もも)を細くしたい方の整形

脂肪吸引の効果

足の脂肪吸引は最も効果が実感しやすく、中でも左右の太ももがくっ付かなくする様に脂肪吸引したいという患者さんは非常に多いです。

太ももの脂肪吸引

太ももの脂肪吸引では、従来の脂肪吸引では技術が低いと皮下脂肪の取りムラが原因となり得ますので注意が必要です。太ももの脂肪吸引が上手なドクターは、ヒップアップ効果を狙える技術を習得しています。

これは、あえてヒップの脂肪吸引の際に付け根に脂肪を残し、太ももの裏側のハムストリングスの部分を細くする手法で、上位3パーセントの名医が行っている手法です。太ももが細くなることで、スタイルを良く見せて足長効果があります。

ふくらはぎを細くしたい方の整形

筋肉・神経削除と皮下脂肪とのどちらを除去したほうが良いのかで考える必要があります。

ふくらはぎの脂肪吸引

ふくらはぎの脂肪吸引は皮下脂肪の除去に効果があります。取れる脂肪の量は数百CC程度なのですが、見た目上の効果性は高くて、大根足のふくらはぎのコンプレックスを解消することができます。またケースによっては筋肉を切除する手術が必要になりますので、これは脂肪吸引と併せて治療計画を立てていく必要があります。

ウエストを細くしたい方の整形

ウエストの脂肪吸引はくびれを出して、セクシーなボディ形成にはうってつけの手術方法です。

ウエストの脂肪吸引

ウエストの脂肪吸引はくびれを作るための手術です。腹部の脂肪吸引と同時に行われることも多いです。くびれを作ることは腹筋などの自己流のダイエット方法では難しいのですが、医学的な脂肪吸引であれば一日で作ることが可能です。吸引量としては、腹部と併せて2000ccを超えることもあります。

お腹を細くしたい方の整形

ウエストの脂肪吸引と相性が良い腹部の脂肪吸引についてです。

お腹の脂肪吸引

腹部の脂肪吸引はウエストの脂肪吸引と同じく、くびれを作る効果があります。スタイルの良いお腹を作る目的や、妊娠後の太り、中年男性の痩身目的での治療が多いです。メタボ症状も改善する効果がありますので、押さえておきたい手術方法です。

お尻を小さくしたい方の整形

臀部=お尻の脂肪吸引は日本人に人気です。西洋人は大きなお尻がセクシーと考える傾向がありますが、日本人の好みはもう少しすっきりとした体形・ボディラインです。

お尻の脂肪吸引

技術が高い医師が臀部の脂肪吸引を行うと、臀部(でんぶ)の脂肪吸引は足を長く見せる効果があります。また太ももの脂肪吸引との相性が良いので、足長効果とヒップアップ効果の両面が期待できます。

顔を小顔にしたい方の整形

小顔効果は脂肪吸引やバッカルファットの手術で期待できます。

頬の脂肪吸引

頬が膨れている方が小顔にするためには、頬の脂肪吸引が効果的です。皮下脂肪を除去することができますが、他にもバッカルファットの除去などがありまして、これらは取捨選択して治療が行われます。輪郭の氏恵瓊も得意としている医師選びをしましょう。

顎の脂肪吸引

二重顎を改善するために、顎の脂肪吸引が効果的です。顎は二重顎を改善する目的もありますので、輪郭をシャープにするために行われています。

二の腕を細くしたい方の整形

二の腕は半そでになる時期に手術希望をされる方が増えます。二の腕に脂肪がついているとブルブルと震えるのでコンプレックスに感じる方が多いのです。

二の腕の脂肪吸引

二の腕の脂肪吸引は春先から夏場に人気の痩身整形です。手術は一度で大丈夫で、半永久的な痩身効果が得られます。吸引量としては、数百CC程度ですが、二の腕のブルブルが無くなることから満足度が高い手術です。

ひざを細くしたい方の整形

膝の脂肪吸引は、太ももと同時に行われることが多い脂肪吸引の箇所です。

膝の脂肪吸引

膝の脂肪吸引は太ももからふくらはぎの脂肪吸引とともに人気となっています。膝が細いと足がきれいに見えるためセットで脂肪吸引される方が多いのが特徴的です。痩身効果も得やすい箇所となります。

足首を細くしたい方の整形

大根足のコンプレックスを抱える方は多いですが、足首を細く整形することで美脚と言われる様な痩身効果を得られるケースが多くあります。

足首の脂肪吸引

足首は足を細くするために重要な役割を果たしています。足首の脂肪吸引をふくらはぎや太ももの脂肪吸引と同時に行うことで美脚効果が期待でき、痩身効果を最大化させるメリットがあります。

腰部を細くしたい方の整形

腰部の脂肪吸引は少数ですが、ウエストや腹部の脂肪吸引と併せて行われることがあります。腰回りの脂肪は自力では取りづらいので、脂肪吸引が効果的です。

腰部の脂肪吸引

腰部の脂肪吸引でくびれを作ったり大きくごつごつした後姿を改善することが出来ます。ダイエットでは効果が得られない症例に対して、脂肪吸引であれば1回の手術で見違える痩身効果があります。

お尻をリフトアップ・細くしたい方の整形

お尻の痩身手術は足長効果をしたいときに効果的です。太ももや腹部と一緒に脂肪吸引される方が多く、ボディ形成においては欠かせない箇所です。

お尻の脂肪吸引

お尻の脂肪吸引によりヒップアップすることが出来ます。このヒップアップ効果は自力ではもっとも難しい箇所の一つで、確実性のある脂肪吸引が多い部分です。脂肪吸引の整形は彫刻と言われる様に、体の形を変えることで、スタイルを根本から良くすることができます。+

胸部を細くしたい方の整形

男性の女性化乳房の症状を改善するために行われる整形手術です。

胸部の脂肪吸引

胸部の脂肪吸引は女性化乳房の男性が受けられる手術です。ベイザー脂肪吸引などが効果的に吸引できますので、対応しているクリニックを選びましょう。専門のドクターがおります。

背中を小さくしたい方の整形

男性らしい印象を与えてしまう背中のがっしり感を改善するためには脂肪吸引が有効です。

背中の脂肪吸引

背中の脂肪吸引はごつごつしている背中に効果的な脂肪吸引です。効果は半永久的で、リバウンドはありません。

脂肪吸引の整形

脂肪吸引

つづいて、脂肪吸引の種類について解説いたします。

脂肪吸引

通常の脂肪吸引に関しては、チューメセントという技術に裏付けられた手術です。
脂肪吸引をした部分が拘縮して凸凹になることがありますので注意してください。

ベイザー脂肪吸引の整形

ベイザー脂肪吸引

ベイザー脂肪吸引は、ベイザー波による振動によって脂肪の周辺組織のダメージを抑えることが出来、ダウンタイムが短くなっています。

ボディジェット脂肪吸引の整形

ボディジェット脂肪吸引

ボディジェット脂肪吸引はジェット水流を体内に注入し、脂肪と筋肉・血管・神経を皮下脂肪と引き離して痩身治療が出来ます。

ミケランジェロ脂肪吸引の整形

ミケランジェロ脂肪吸引

ミケランジェロ脂肪吸引はベイザー脂肪吸引とも言われている痩身整形です。

ベイザーリポの整形

ベイザーリポ

ベイザーリポでベイザー波を皮下脂肪に当てると、脂肪がドロドロに柔らかくなり吸引量が上がります。

ふくらはぎ痩身(下腿筋萎縮)の整形

ふくらはぎ痩身(下腿筋萎縮)

ふくらはぎ痩身(下腿筋萎縮)は皮下脂肪と筋肉のどちらかを見極めて削除・除去する手術です。

メソセラピー(脂肪溶解注射)の整形

メソセラピー(脂肪溶解注射)

プチ整形で手軽にできるのがメソセラピー(脂肪溶解注射)の痩身整形です。ダウンタイムは多少ありますが、脂肪吸引よりは負担が少ないです。その分効果は少ないですが。。

レーザースタイリングの整形

レーザースタイリング

レーザースタイリングは脂肪を融解ための専用のレーザーを当ててから脂肪吸引とをする痩身方法です。

スマートリポの整形

スマートリポ

スマートリポはレーザースタイリングの別名です。

根こそぎ脂肪吸引の整形

根こそぎ脂肪吸引

根こそぎ脂肪吸引は吸引量が通常の脂肪吸引よりも多くする脂肪吸引です。

超音波脂肪吸引の整形

超音波脂肪吸引

シリンジ脂肪吸引は手作業での脂肪吸引のことです。負担が少なく、デザインの幅が効きやすいのがメリットです。

超音波脂肪吸引とは、超音波を利用して脂肪を分解する手術です。

体内外式脂肪吸引の整形

体内外式脂肪吸引

体内外式脂肪吸引は超音波式の脂肪吸引のことをさしています。
超音波をどのようにあてるかで体内式と体外式とに分けられます。

浅層脂肪吸引の整形

浅層脂肪吸引

浅層脂肪吸引は、皮下脂肪の肌に近いところの層を吸引する脂肪吸引です。顔の皮下脂肪は浅い層にしかないので、この技術が重要となります。

チューメセント脂肪吸引の整形

チューメセント脂肪吸引

チューメセント脂肪吸引はもっともベーシックな脂肪吸引の技術です。

PAL脂肪吸引

PAL脂肪吸引

PAL脂肪吸引は別名パワー脂肪吸引とも呼ばれておりまして、皮下脂肪を機械的に破壊して吸引する脂肪吸引のことです。

以上が脂肪吸引・痩身整形のカテゴリーと手術別一覧となります。

ベイザーリポの口コミ・体験談・評判

脂肪吸引のクリニック選び中

【予算】
税込30万円以下で考えております。ベイザーは魅力的ですが、価格を考えると悩む所です。

【施術希望日】
良いクリニックが見つかればすぐにでもと考えております。
因みに現在は専業主婦の為、ダウンタイムは充分に取れます。

まだカウンセリングを受けたクリニックはありませんが、自分で調べた限りですと、以下のクリニックを検討中です。

【アサミ美容外科】
ボディジェットを使用した低価格と、院長先生が施術を行っている様なので選びました。

【湘南美容外科】
横浜院の竹田医師は、脂肪吸引の症例が多く慣れていそうな印象と、ベイザーをモニター価格で提供している事で選びました。

以上を踏まえ、山口様のご意見や、他お薦めのクリニック、医師を教えて頂ければと思います。
また現在、脂肪吸引以外の施術は考えておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*