タトゥー・刺青除去の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
タトゥー・刺青除去の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

医師が言わない切除縫縮法の失敗のリスクと修正など10項目

切除縫縮法の手術・美容整形

1回の治療だけで確実に刺青を除去することが可能であるため、すぐにでもタトゥー・刺青を消したい人にお勧めできる治療法であり、子供ができたばかりのお母さんなどにも人気が高い治療法になっています。

手術によって、線のような傷跡ができますが、タトゥーなどの治療であるということがばれるような事態がないため、安心できる内容の治療ができます。

1回だけの治療なので、体にあまり負担をかけることがないため、さまざまなストレスが少ない治療方法になっていて、評判が高くなっています。一度では取りきれなかった刺青を数回に分けて切除する方法です。

医師が言わない切除縫縮法の失敗のリスクと修正

切除縫縮法のメリット・効果

色や模様関係なく切除できます。
レーザー治療と比べ、数回の通院で短期的に効果を感じられます。

手術をした後に、すぐにタトゥー・刺青がなくなるような方法であるため、時間をかけずに治療をしたいと考えている人にお勧めすることができ、多くの人が実施しています。

治療が難しいとされている、たくさんの色で構成されているようなタトゥー・刺青の治療も、ほとんどのサイズの場合は、1度の手術で終えることが可能であり、体にあまり負荷をかけずに治療ができるので、評判が高くなっています。

切除縫縮法のデメリット・リスク・後遺症

傷跡が残ってしまいます。ケロイドになってしまう可能性もあります。タトゥー・刺青 切除縫縮法は、ドッグイヤー(dog ear)のような傷が生じることがあります。

ドッグイヤー(dog ear)は、メスで切開してから縫合する際に、縫合部分の両端が山状にふくらんでしまう状態のことであり、傷の両端が犬の耳のように見えてしまうことから、このような表現がされています。

縫う治療に慣れていない医師が引き起こす可能性が高くなっているため、治療実績が多い医師に治療を依頼することが大切です。

切除縫縮法の失敗・修正・トラブル

タトゥー・刺青の切除縫縮法の失敗とは?で説明しております通り、場合によっては傷跡が綺麗にならず残ってしまう可能性があります。

タトゥー・刺青 切除縫縮法は、傷跡・ケロイドが残る治療になっています。メスで皮膚を切るため、どうしても傷跡・ケロイドが残ってしまうため、傷跡などを残したくない場合には、レーザーなどのほかの治療法を検討する必要があります。

また、傷跡を目立たないものにするような技量を持った医師に治療を依頼することも重要であり、医師の技量によって、仕上がりが大幅に変わってしまうため、しっかりと良い医師を見極める必要があります。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

切除縫縮法のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

2週間~1カ月前後は様子を見てください。
刺激を与えてしまいますと、傷口が汚くなってしまう可能性がございます。

切除縫縮法の麻酔・痛み

タトゥー・刺青 切除縫縮法は、メスで皮膚を大きく切除していくような内容の治療法であり、術後の痛みに関するケアをしなければいけない治療になっています。ダウンタイムが2週間から1カ月ほどであるとされていて、傷口がふさがるまでは、運動などを避けて、清潔な状態を保つ必要があります。傷口を不潔な状態にしたり、刺激を与えてしまった場合には、化膿する恐れもあるため、痛い状態が長引く可能性もあります。

麻酔の種類としては、局所麻酔、静脈麻酔、表面(クリーム)麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔、全身麻酔などがあります。他の整形手術を同時にされる場合などには、スムーズな治療を行うためにも麻酔の組み合わせが大切になります。

切除縫縮法の料金・費用・値段

タトゥー・刺青 切除縫縮法は、小さいものであれば、数万円ほどの料金から治療をすることができ、比較的安い費用で治療をすることも可能になっています。タトゥー・刺青 切除縫縮法は、きれいに仕上げてもらうには、医師の技術が非常に重要であり、たくさんの治療実績がある医師に治療をしてもらうことが良く、失敗しないような治療を実施することができます。

10万円前後からになります。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

切除縫縮法の名医

手術による傷跡を最小限にしてもらうことが期待できるため、口コミなどのさまざまな情報によって、よい医師を探していく必要があります。縫合技術のある名医をご選択下さい。

切除縫縮法の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

切除縫縮法の口コミ・体験談・評判

女性 切除縫縮法の口コミ・体験談・評判

切除縫縮法をしてケロイドになってしまいました。安い病院でやったからでしょうか。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

“医師が言わない切除縫縮法の失敗のリスクと修正など10項目” への2件のフィードバック

  1. ななし より:

    バッチリ目立つ傷跡が残ってしまいます。(;_・)

    ケロイドになりとてもきれいとは言えません。
    タトゥーの方がよかったと思います。

    糸は体内に残り、
    ときどき内出血します。

    きっとこれから被害者が増えると思います。

    タトゥー切除している人のブログをちゃんと調べてみてください。

    どんなに気を付けていても傷口は開いてきます。

  2. すいみー より:

    皮膚は伸びません。
    体験談です。

    刺青を入れたことより後悔しております。

    皮膚切除はやめましょう。
    取り返しがつきません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*