フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク
フェイスリフトの名医相談所|失敗 ・修正・リスク

【フェイスリフト】溶ける糸のリフトアップ

若返りのフェイスリフトは種類が多すぎて、理解できている方が少ないのが現実です。

カウンセリングで医師が言わないようなリスクやデメリット、および失敗例について正しく知ってもらうため、情報をまとめました。

【フェイスリフト】溶ける糸のリフトアップ効果

溶ける糸によるフェイスリフトの手術・美容整形

溶ける糸と溶けない糸のフェイスリフトは若返りの手術として大変人気です。代表的にはシルエットリフトからスプリングアプトスまで長くに渡って使われている性質です。

その他、糸を使ったフェイスリフトには、ハッピーリフトミントリフトリードファインリフトなどがあり、それぞれたるみの引き上げ効果や持続期間が異なります。

溶ける糸によるフェイスリフトのメリット・効果

植物性ポリマーあるいは生分解性ポリマーと言われる体内で溶ける材料ですので異物感に抵抗のある方も溶ける糸だったらと考える方も多いです。糸が無くなる点は大きなメリットです。

溶ける糸によるフェイスリフトのデメリット・リスク・後遺症

糸が溶けるという意味ではメリットがありますが、それは持続期間が短いということを意味します。本格的なSMASリフトやリガメントリフトと比べれば効果は下がります。

溶ける糸によるフェイスリフトの失敗・修正・トラブル

笑顔が引きつれてしまったり、小さいですが、糸を挿入する際の傷跡が目立ってしまうことがトラブル・失敗例として考えられます。医師の技術次第となりますが、失敗が少ない医師選びが大切です。

溶ける糸の失敗例としてあり得る「効果が持続しない」という現象

溶けてしまう糸は効果が持続しないことがあります。

溶ける糸を安易に入れてしまってから後悔をすることとして、引き上げの効果が持続しないという欠点があります。

切開手術とは違って、ただ医療用の糸を入れて引っ掛けるだけなので、その効果は長続きしないのは当然なのです。

溶けてしまえば効果は消えてしまいますし、再度糸を入れる美容整形をするとなると、また体には負担がかかります。

それに糸を入れるといっても美容整形ですので、メンタル的なダメージは重なる一方です。

ひきつれ・笑顔が不自然

溶ける糸を利用した美容整形手術法は、顔のたるみやシワをなくしたい人間にとっては、切開よりも簡単にできる美容整形なので、整形を決意しやすい点があります。

しかも糸を入れても、医療用の糸であって、溶けてしまうとなれば心も治療へと傾くでしょう、しかし失敗をすると、いくら溶けてしまう糸といっても、顔にはひきつれ・笑顔が不自然といった副作用が待ち構えていることがあります。

溶けてしまう糸でも、不自然な顔は困ります。

美容整形で糸が透けて見える

溶ける糸の美容整形を行うリスクとして、整形に踏み切る前に知っておかねばならないこととして、手術をして糸が透けて見えるというオカルトな現象です。

頻繁に起こりうることではないにしても、糸が皮膚を見たときに透けて見えるのは、周囲からしたらオカルトでしかありません。

溶けてしまうといっても、糸を入れるわけですし、その糸は皮膚のかなり浅い場所にも入りますので、未熟な医師が施術をすると失敗はあることです。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

溶ける糸によるフェイスリフトの除去・抜去

溶ける糸の場合には除去はせずに吸収されるのを待つのが基本ですが、傷跡がついても大丈夫であれば溶けないことはありません。この辺りは一度診察・カウンセリングでの判断となります。

念のため、前のクリニックのカルテをもらっておくと良いです。

溶ける糸によるフェイスリフトのダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

溶ける糸の挿入手術の場合、ダウンタイムは数日から1週間を考えておいて下さい。傷跡は挿入部分に一部残ります。

溶ける糸によるフェイスリフトの麻酔・痛み

静脈麻酔か全身麻酔が使用されることが多いです。ただ、リードファインリフトやウルトラVリフトなどの手軽な韓国針の手術であれば麻酔クリームでOKです。

溶ける糸によるフェイスリフトの料金・費用・値段

医院の技術により異なりますが、溶ける糸を使ったフェイスリフトは両頬で40万程度かかることが想定されます。

溶ける糸によるフェイスリフトの名医・おすすめ病院

溶ける糸は上述した通り、多くの糸の種類をそろえているドクターで麻酔の管理体制が整っている病院、麻酔の専門医が執刀医とは別にいる病院がおすすめです。

修正率の極めて低い病院をリストアップしておりますので、名医のご紹介をご希望あればお問い合わせください。

糸でのフェイスリフトはトラブル回避のため、上手な専門医に依頼すること!

溶ける糸は美容整形をしても、体内で溶けてしまうということで、美容クリニックでも言葉巧みに治療を勧めて、相談をしたかっただけなのに、当日に契約をさせて美容整形をさせる悪質な手段が後をたちません。

しかし本人が納得して行うのであれば、溶けてしまう糸の美容整形は、本人もやってよかったと思える手術になります。その満足の為にも、溶けてしまう糸のリフトアップの美容整形は、名医を選んでいくことが重要課題です。

溶ける糸によるフェイスリフトの症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

フェイスリフトの症例モニターを募集しています。

【フェイスリフト】溶ける糸のリフトアップ効果と本当のリスク

溶ける糸によるフェイスリフトの口コミ・体験談・評判

溶ける糸によるフェイスリフトの口コミ・体験談・評判

以前もS美容外科で溶ける糸を両頬に2本づついれましたが費用対効果は低いと感じました。

もっと糸を入れないとたるみは引きあがらないと言われてしまいました。

溶ける糸によるフェイスリフトの口コミ・体験談・評判

溶ける糸でリフトアップしました。

スプリングアプトスで、溶ける糸を使ったので、効果は1年くらいでした。

効果が無くなったらメンテナンスでこれからもやろうと思っています。

溶ける糸によるフェイスリフトの口コミ・体験談・評判

溶ける糸のフェイスリフトは傷跡は小さいと聞いていたのに異常に大きく傷跡が残っています。

数カ月は我慢していたのですが、どう見ても傷跡が残ってしまいました。

仕事上、髪の毛をアップにしなければいけないのでとても隠すのに必死です。

傷跡部分も硬くなってきたので不安だらけでいっぱいです。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*