目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
目の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

裏ハムラ法の【10項目】を徹底分析

裏ハムラ法の手術・美容整形

目の下のたるみ取りの整形として、ハムラ法というものがあります。これは表面切開をするものです。それに対し、裏ハムラ法は目の下のクマを改善する治療の中でも皮膚側に傷跡が付かないという点で、近年、症例数が増えてきています。

裏ハムラ法の手術・美容整形

別名、経結膜ハムラ法・トラコンハムラ法

ハムラ法の応用を利かせた手術方法が裏ハムラ法で、別名、経結膜ハムラ法・トラコンハムラ法とも言います。経結膜という名前ですから、結膜側を切開して行います。

原理的に眼窩脂肪の移動は、皮膚を切開しなくても瞼の裏側いわゆる結膜側から行う事も可能です。
ですので目の下のクマが目立つ方で、尚且つ皮膚のたるみが少ない場合には、裏ハムラ法が適しているかと思います。

裏ハムラ法は、結膜側から脂肪の移動を行いますが、皮膚の切除を行わないためハムラ法と比較してダウンタイムが短くて済みます。下まぶたのたるみが軽度、あるいは余分な皮膚が少ない方、傷を残したくない方、メイク・お化粧で傷跡を隠せない男性などにおすすめです。

裏ハムラ法は、結膜側からの切開となるため高度な技術が必要になります。
ご相談窓口では失敗しないために名医をご紹介しております。

裏ハムラ法のメリット・効果

裏ハムラ法は、結膜側(下まぶたの裏側)から切開して、眼窩脂肪を凹みの部分を補填させる事が出来ますから、目の下のたるみ・膨らみの解消、黒クマ(影クマ)の解消に効果的な治療です。

目の下のたるみとクマの解消

裏ハムラ法は目の下のクマとたるみを解消する効果があります。クマ取りの整形と言えば、下眼瞼脱脂法も有名ですが、裏ハムラ法の場合は、脱脂ではなくて脂肪の移動が目的となります。下まぶたがたるんでいたり、ふくらみがあると老けてみえてしまうので、たるみ解消は若返りにおいては重要なポイントとなります。

傷跡FREEって何ですか?

ハムた方や下眼瞼切開法と違い、裏ハムラ法・トラコンハムラ法は傷跡が付かず、脂肪を上に移動させるミッドフェイスリフト的な役割が出来るためメリットは大きい手術です。目の下のくまだけではなく、年齢によるたるみなどもリフトアップできます。

裏ハムラ法のデメリット・リスク・後遺症

裏ハムラ法は技術が高く求められますので、失敗をした場合には修正リスクが高くなり再手術も困難になります。

裏ハムラ法のリスク裏ハムラ法のデメリットとしては効果が無い事や、凸凹などの後遺症が考えられます。

まだまだ症例数が少ないのが裏ハムラ法のデメリットでも有ります。
裏ハムラ法が出来るドクターは一部に限られますので、是非、名医を選択してください。

裏ハムラ法の失敗・修正・トラブル

裏ハムラ法は大きなカテゴリーとしてはミッドフェイスリフトといわれる手術ですが、根本的にたるんでいる皮膚を直接切除し、リフトアップする訳では有りません。起こり得る失敗例について見ていきます。お時間があれば、裏ハムラ法の失敗も読んでみてください。

しわができるトラブル

裏ハム法でシワができてしまう症例がありますが、これは脂肪を移動させたために、その位置関係が上手くいかずに想定外の箇所にシワを生じてしまうことが原因です。下眼瞼脱脂術ではしわができるリスクが無いので、ここは下眼瞼脱脂の方がベターと言るでしょう。

皮膚のたるみが取れない

本格的なリフトアップをする症例には、皮膚を切開して行う必要がございますから下眼瞼切開術やフェイスリフトが必要となります。裏ハムラ法では、皮膚を切除出来る訳ではありませんので、伸びきった皮膚を解消できるわけではありません。

そのため、アンチエジング・若返り治療もトータルで得意としている名医を選択する事が失敗を回避するためのポイントとなります。
また修正・再手術は成功確率を低くしますので、名医を選択してください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

裏ハムラ法のダウンタイム・腫れ・傷跡・アフターケア

裏ハムラ法のダウンタイムについてですが、個人差にもよりますが、1~2週間は腫れが続きます。傷跡は特に有りませんが、数カ月感は赤みなどが続きます。メイク・お化粧で隠せる程度です。
裏ハムラ法というのは瞼の手術の中では比較的難しい部類に入ります。瞼のたるみがある方にとっては非常に有効な手術となります。

内出血が出る場合がありますが、2週間ほどで吸収されます。コンシーラーなどで隠せます。

ダウンタイム期間は、痛みがある方もいらっしゃいます。そのような方は、アイスパック・冷えたタオルなどで冷やす事で痛みが多少治まります。
クリニックから痛み止めとして鎮痛剤を処方されます。

個人差になってきますが、ダウンタイム期間中は処方されたお薬をお飲みになれば、痛みは和らぎます。

裏ハムラ法の麻酔・痛み

基本的には静脈麻酔が使用されています。また局所麻酔で行うクリニックもあります。
術後の痛みはあまり感じないケースがほとんどです。安いチェーンなどで行われますと、麻酔針が太く(Gという単位であらわされます)、処置が雑な事も多いため、痛みが強く出てしまう事もあり得ます。

裏ハムラ法の料金・費用・値段

裏ハムラ法では、必ず形成外科技術をお持ちの医師を選択しなければなりません。裏ハムラ法の予算は40万が相場です。
医師の技術が問われる手術ですので、格安を売りにしているクリニックはあまり行っていないようです。

麻酔の種類ですが、静脈麻酔・局所麻酔になります。静脈麻酔をする場合は別途料金がかかってきます。
費用は2万円~5万円と麻酔だけでも少しお高めになっていますが、局所麻酔とは違い、痛くなく不安がない状態で施術が可能です。
※安いクリニックには安い理由があります。低価格だからといってクリニック選びをするのは危険です。

裏ハムラ法の名医

裏ハムラ法はポイントが多い手術で、失敗するケースも有りますから名医選びを注意して下さい。 ハムラ法の名医の条件もチェックしておきましょう。ご相談窓口にて名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

裏ハムラ法の症例・写真・ビフォーアフター・モニター・ブログ

症例1

裏ハムラ法の口コミ・体験談・評判

女性 裏ハムラ法の口コミ・体験談・評判

目の下のタルミとシワの改善で裏ハムラ法をしたのですが、術後に皮膚の凸凹が出てしまいました。
セカンドオピニオンで別のドクターの所へいったら失敗と言われてしまいました。
裏ハムラ法は難しい手術だと聞いていたので、修正が出来ないのでしょうか。

女性 裏ハムラ法の口コミ・体験談・評判

以前とあるクリニックで裏ハムラ法とPRPルネッサンス法という施術を受けました。約半年経ちましたが結果、影クマは治らず何故か上瞼の皮膚?脂肪?でブヨブヨになってしまいました。成長因子の暴走でしょうか。。。修正出来る見込みが無い場合切開も考えています。今はメガネ無しでは外に出る事もできません。裏ハムラ法自体は問題なく仕上がりましたが。。

女性 裏ハムラ法の口コミ・体験談・評判

ある人いわく、クマは直らないと断言した医師がいました。脱脂法で脂肪を取るとフラットになるが、クマは取れないし、しわが出来る可能性があり逆に老けて見えるとの事です。裏ハムラ法も効果は薄いとの事です。今よりは少しだけましになる程度だけど、少量脱脂して様子を見るしかないそうです。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*