美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク
美容整形の名医相談所|失敗 ・修正・リスク

裏ハムラ法の失敗6つをブログから考察してみた

外観は、自信につながる重要なポイントです。まして顔は第一印象にインパクトを残す大切な部分です。顔の中でも目はとくに印象を左右する部分です。一度の手術で目の下のクマ、たるみがなかった事になってしまう切らないたるみ治療は、人気のメニューです。

裏ハムラ法の失敗

ダウンタイムについて

ダウンタイムには個人差がありますが、切開手術と違って時間がかかりません。およそ1週間から2週間前後で早く社会復帰が可能です。大きな腫れや結膜刺激による涙が多くなって軽度の内出血などありますが、これらも裏ハムラ法の場合はすぐに気にならなくなります。また、痛みの点でも痛み止めなどの処方で、徐々に薄れてきます。

術後2~3日で普段のスキンケアやメイクも可能なので、サングラスなどと併用するとほとんど気になりません。顔全体が引っ張られる違和感も2~3ヶ月でスッキリ治ります。

下瞼ギリギリに穴を開けるので失敗した場合は、腫れ、出血など目への負担もありますし再手術はなかなか困難です。

トラコンハムラ法を検討中の口コミ

どの病院の先生もすごくまよってしまいます。裏ハムラは上手くいけばいいけどうまくいかなかったら下まぶたがさらに下がるようで勇気がいります。でも このまま放っておけないので なんとかしたいのですが どの先生にしたら良いのか立派な先生ばかりでどの先生を選んだらよいのか 正直わからなくなりました。下眼瞼脱脂同様に、裏ハムラも腫れが少なくて綺麗に仕上がるとあったので…他に方法があれば、良いクリニックを御紹介下さい。ちなみにSクリニックはインターネットで調べた時に瞼全体が内出血している写真が出てきた為、怖いなと思っていますので除外してください。

目元が若々しくきれいなアラフォー芸能人、井川遥さん

井川遥さんは若々しい印象をキープできている理由の一つに目の下のクマやたるみがないということが言えます。

有名人はしっかりとメンテナンスがされていることが多く、女優さんなんかはレーザー系の治療でメンテナンスもしています。そのため、芸能人のように若々しくメンテナンスするために裏ハムラ法という治療は大変効果が高いのです。

目元が若々しくきれいなアラフォー芸能人、井川遥

その他にも、レーザーやプチ整形でメンテナンスをしていく場合には、下記のような選択肢があります。外科手術を検討する前にチェックしてみもよいと思います。これらは軽度の目の下のクマやたるみに対して、あるいは中観面の若返り治療の導入偏としてはしばしば症例が積まれている治療方法となります。

ヒアルロン酸・レディエッセ注入

プチ整形の代表格です。ダウンタイムがほとんどなく目の下のクマやたるみを解消する効果があるため、人気の治療方法です。費用も10万円程度が相場価格なので、手術よりも負担が少ないと言えます。

セルリバイブジータ

セルリバイブジータによる治療であれば持続期間がヒアルロン酸注入よりも長く3年程度持ちます。そのため、費用は50万円ほどすることもしばしばありますが、ランニングコストを鳴らすとヒアルロン酸注入とあまり変わりません。そしてコラーゲンが生成されるため、長期にわたって若返りの効果があるのが利点となります。

ウルセラとサーマクール

ウルセラシステムやサーマクールアイによる治療は目元のリフトアップをするのに効果的です。レーザー治療は整形という概念ではなく皮膚科のメンテナンスなので、多くの方が施術しやすい利点があります。ただ軽度のたるみにしか効果がないのと、費用も長期的にみると高くついたりもします。。実は。

ドクター選びには注意が必要・失敗もある

下瞼のまつげの生え際ギリギリを切開して余分な脂肪を窪んだ部分に移動させて、クマ、たるみのない若々しい目をつくります。この目の下の切開手法は、傷痕が残ってしまいます。これに対して裏ハムラ法は、切らない手術です。下瞼の裏側にある結膜に小さな穴を開け、余分な脂肪を窪んだ部分に移動させる手術です。

皮膚を切開しないため、傷痕も残らずに身体への負担も軽減されます。この裏ハムラ法により目の下のたるみが解消されて黒ずんだクマもキレイに改善される治療です。脂肪を上に移動させるためクマだけでなく、加齢によるたるみなどのリフトアップ効果も見逃せません。

人気で手軽なヒアルロン酸注入などのプチ整形と違って、その効果は半永久的に続きます。裏ハムラ法は、高い技術を求められ、万が一失敗した場合は再手術はリスクが高く困難になりますので、ドクター選びには注意が必要です。必ず形成外科技術を合わせもつドクターを選びましょう。

裏ハムラ法の失敗

裏ハムラ法の失敗例、効果・変化がないってどういうこと?

裏ハムラ法は、効果・変化がないこともあります。下瞼に脂肪がたくさんついていることが原因でできているくまやたるみに効果が出てくるような治療になっているため、脂肪があまりない状態でクマやたるみが出ている場合は、術後に効果があまり見られることがないです。そのため、くまなどがどうしてできてしまったかを突き止めてもらってから治療を行うことが重要であるため、しっかりと検査をしてから治療を施してもらう必要があります。

効果・変化がなかった体験談

神戸のクリニックで裏ハムラ法のカウンセリングと手術を受けてきました。今の状態だと、裏ハムラ法が1番いいだろうとのことでした。
現在術後2週間ですが、ビフォーアフターで効果の差がわかりません。
傷跡の残らない裏ハムラは魅力的でしたが、それでも目の下のたるみに効果がなければ意味がないでしょうし。。担当医からはミッドフェイスリフトなりを組み合わせないとたるみには効果がないといわれています。初めから言ってほしかったですし、手術が終わってから言われても、ダウンタイムも消化しきってしまっています。クリニック選びには後悔してしまいました。

くま・たるみが取れない

裏ハムラ法は、くま・たるみが取れない場合があります。この治療法では、下瞼に脂肪がたまったことが原因で生じるくま・たるみの解消に効果的なため、脂肪がたまっていない状態の場合には、効果があまりないため、くまなどのタイプによって、治療を変えていく必要があります。そのため、くまの状態をしっかり見極めるために、カウンセリングや検査をしっかりと行ってくれるような医師を口コミなどで探すことが大切になっています。

東京の美容外科で失敗。たるみが残ってしまった体験談

裏ハムラ法をした結果、たるみが残ってしまいました。
値段的に50万ほどかかっただけに痛手です。エステと変わりませんでした。リフトアップの効果もあるとのことでしたが、それも効果がなかったので、残念です。裏ハムラの治療は対応している医師が少ないということで、わざわざ東京まで行ったのですが、そもそもやる必要がなかったのか、フェイスリフトをやっておけばよかったのか分かりません。とりあえず、修正したいと思っていて、別の病院を探すことにしましたが。。

腫れや内出血が長引くこともある

裏ハムラ法は、腫れや内出血が長引くこともあります。メスで下瞼の裏側を切開してから、切開した場所から脂肪を絞り出していく内容の治療になっているため、下瞼周辺にある血管などを大幅に損傷することによって、腫れや内出血が長引く可能性があるため、治療後のケアが大切になっています。そのため、手術の評判だけではなく、術後のアフターケアの内容も確認して治療を頼んでいくことが重要になっています。

トラコンハムラ法は内出血が少ない?口コミ・感想

下眼瞼の脂肪移動・トラコンハムラ法を考えています。損傷や内出血、ダウンタイムが少ないと聞きました。
下眼瞼脱脂や他の方法もありますが、方法より、施術するドクターの技術が一番大事なことはわかります。
もし腕の確かなドクターがそれぞれの手法で施術をしたとすれば、どの手法が一番体への負担が少なく、効果的ですか?
すべてを踏まえて、腕がよく、負担の少ない施術を行ってくれる名医を教えていただきたいです。
第一希望は名古屋ですが、腕がより確かなドクターがいらっしゃるならば、大阪、東京、その他エリアでも大丈夫です。

目元のちりめんじわが残る

目元・目尻部分にちりめんじわが残ってしまうことが報告されています。
これは脂肪を上方へ移動させる過程において、皮膚表面に対する影響が原因として挙げられています。
このちりめんじわについては、解消するためにヒアルロン酸注入やPRP注入を組み合わせることもあります。
裏ハムラ法の手術をやった後で適応を考えてもよいと思いますが、カウンセリング時に一緒に提案されることも多いので、チェックしておいてください。小じわを解消するプチ整形の場合には、効果期間は数年程度となっています。

PRPで顔全体に広がってきてしまった失敗談・感想

昨日の診察では全身の痛みや腫れに関してはPRP施術後、2ヶ月近くたっているので、関係ないでしょうということでした。
今日、再び皮膚科に行きましたが皮膚科の病気でもないようなので、神経内科で診てもらうように言われました。リザベンとメコバラミンを先週の金曜日に処方してもらったので、それと痛みで眠れないのでリスミーをだしてもらいました。
全身の痛みは頭皮から顔、首、顎、耳の中の方、手足、胴体にあります。そして痛い時に白く盛り上がっています。耳鼻科の先生にも、大きな病院の内科に行くことを勧められました。皮膚科、耳鼻科の先生にはPRPの話はしていません。
聖心では顔の額、鼻、顎の膨らみもPRPとは関係ないように言われました。打った場所やその周辺ならふくらむことはあっても打ってないところは関係ないだろうという感じてした。目の上、下で合計1.6cc、法令線1.8cc、両頬で2.8cc打ったそうです。
PRPに詳しい先生でセカンドオピニオンを考えてますが、どこか紹介していただきたいです。

感染

裏ハムラ法で感染してしまう失敗例があります。
すべての手術で考えられるリスクですが、クリニックの衛生面がしっかりとしていないと手術の際にばい菌が入ってしまい失敗してしまいます。これを解消するためにも、感染対策を徹底している病院選びを行ってください。

感染してしまった体験談

トラコンハムラをた直後から痛みが止まりません。赤みもおさまらず、昨日は痛みで眠れないのでロキソニンと睡眠薬を飲みました。
顔も額、コメカミ、鼻、顎、えらなどあらゆるところがピリピリピリ痛みます。これは失敗ですよね?感染してしまったのでしょうか。

下瞼周辺がくぼむリスクもある

裏ハムラ法は、下瞼の脂肪を取り除く治療内容になっているため、必要以上に脂肪を取り除きすぎてしまうと、下瞼周辺部分がくぼんだ状態になってしまうことがあります。

くぼむことを防ぐためには、程よい脂肪を取り除くことが重要になっているため、治療経験が多い医師を探して治療をお願いすることが大切になっています。

脂肪をとらな過ぎた場合には、治療効果が出にくいため、よい治療ができる医師を探す必要があります。

瞼がくぼんでしまった体験談

裏ハムラ法をして目の下の陥没が出てきてしまいました。修正にヒアルロン酸注入を考えていますが、どこの病院へ行ったらよいのか分かりません。もう初めの病院へは行きたくないので、違う病院で考えています。

上手な医師を選ぶことがおすすめ

以上、裏ハムラ法で起こり得る5つの失敗例についてをまとめました。これは必ず起こり得るものではありませんので、正しいドクター選びをすることで、リスクファクターを除外していくことがでいます。

裏ハムラ法は、加齢とともに、下瞼に脂肪がついた状態になってしまったことが原因で生じるくまやたるみを改善できる治療内容になっています。多くの人に効果が見込まれる治療法になっていますが、下瞼に脂肪があまりない場合には、効果があまり見られないため、目の状態を調べてもらえるような医師を口コミなどを参考にして探し出すことが大切になっています。そのため、いろいろなクリニックの中でも目の下や中願面のリフトアップなどの上手な医師の情報を整理することをおすすめします。

当相談所で、名医紹介まで行っております。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*